もっと自分を好きになっていい。田上陽子の「ありのまま」術

汗をかく気持ち良さは、じつは誰もが知っている。

ジムやサウナに通う大人が増え、思い思いにリフレッシュしていることだって、きっと無関係ではないだろう。

そんな大人たちに選んでほしいのが「ポカリスエット イオンウォーター」だ。汗をかいたときだけではなく、デスクワークで集中力が切れたときや、寝起きのコンディションをととのえたいときだってちょうどいい。カラダとココロをととのえるための “マインドフルネス“ な飲み物ではないだろうか?

ここでは、日頃から汗をかくことで気持ちの良い日々を送る4人のイノベイターたちに、マインドフルネスなライフスタイルについて話を聞いてみた。

3人めは、ビューティブランド「セルヴォーク」と「エッフェオーガニック」のディレクターを務める田上陽子さん。

ヨガや瞑想(メディテーション)を通して、Googleやゴールドマンサックスが社員研修に取り入れたことでも注目された「マインドフルネス」を日常的に実践し、カラダとココロをととのえているという。

「お風呂が1日で一番好きな時間」
バスソルトでたくさん汗をかいてととのえる

端麗な容姿ながら、とても気さくでヘルシーな美しさを纏う田上さんだが、生活のバランスが取れるようになってきたのは、つい2年くらい前のことだとか。

「ずっと仕事に熱中してきたし、プライベートと仕事を混合したいタイプだったから、その分体調を崩しちゃって……。気持ちは強いほうだったけど、やっぱりカラダは正直。それからは少し自分を甘やかすようになりました。サボるという意味ではなく、カラダやココロへの投資は惜しまないって決めたんです」

マッサージや鍼灸に通いつつ、日々のセルフメンテナンスも欠かさない。

「1日で一番好きな時間がお風呂です。バスソルトをたくさん入れて、毎日じっくり汗をかきます。マッサージをしながら、自分のカラダをチェックする大事な時間。あと最近は、意識的に呼吸を大切にするようになりました。深呼吸ってストレッチにもなるんです。肺回りって凝りやすいから、マッサージでほぐしてもらうのもオススメですよ」

ショートメディテーションで
仕事のイライラを解消!?

瞑想を取り入れるようになってからは、イライラすることが減ったり、働き方にも変化があったという。

「集中力が上がったので、ダラダラ働かなくなりました。でも最近は何かトラブルが合っても、落ち着いて対応できるようになってきました。イライラしても結果は同じですから(笑)」

インド発祥の瞑想法で、10日間、1日10時間の瞑想をする本格的な合宿に参加するほどの田上さんだが、日常のふとした瞬間でもメディテーションをうまく活用しているそうだ。

CBDオイルやミストもデスクに常備して、気分によって使い分けるとか

「瞑想にも強弱があるんですが、本当の自分の声を聞きたいときや人生の悩みを整理したいときは “大”。仕事にすっきりした気分で行くために朝やるのが “中”。仕事中にやるのが “小” という感じです」

ディレクターという立場上、デスクに座っていると「田上さん、田上さん!」と、いろんな人が相談にくるためつい情報過多になってしまうという。

「もう頭がいっぱい! っていうときは、くるっと背を向けてプチ瞑想をするんです(笑)。5分だけでも全然違いますよ」

旅やメディテーションで
「自分らしさ」を作っていく

ひとり旅が好きで、世界中の聖地と呼ばれるような場所にもよく行くという田上さん。

「最近はメキシコに行ったし、カリフォルニアのシャスタもとても良かったですよ。そういう経験をすることで好奇心がどんどん増していくんです」

「マインドフルネスって、わかりやすく言い換えると、自己肯定力を高めることなのかなって思うんです。良いも悪いも “ありのまま” を受け入れること。わたしはもともと自己批判が強いタイプだったけれど、旅や瞑想でココロをととのえたり、ヨガやボディメンテナンスでカラダをととのえることで、心地いい自分が作れるようになってきた」

「たとえば、スポーツをして汗をかくことだって、自分と向き合うための時間ですよね。昔はランニングや筋トレもやっていたんですが、自分にはヨガやストレッチでリリースしてあげるほうが向いているかなって思っています」

ひとりの時間が楽しめるようになった。
「たぶんいまの自分が、いちばん絶好調」

海外の公園などに行くと裸足でヨガをやっている人も多いが、そんな心地よさにも共感できるという。

「ヨガが好きな理由のひとつに “地に足をつけるから” っていうのがあるんです。それを大自然のなかで裸足になってやるのは格別ですよ。本当に気持ちよくて、カラダ全体にエネルギーを感じるような瞬間なんです」

インタビュー中も、包み隠さず「ありのまま」で話してくれた田上さん。

「自分と向き合うようになってからは、ひとりの時間がより楽しくなった。たぶんいまの自分がいちばん、絶好調」

 

田上陽子

Celvoke/F organics/O by F ディレクター。PR会社に勤務し、数多くの美容系クライアントを担当した後、2013年にオーガニックビューティーブランド「エッフェ オーガニック」を立ち上げ、商品開発からPRまで幅広く手掛ける。2016年には、天然由来成分をベースに、先進テクノロジーを用いたスキンケアラインと、洗練モードを追求したメイクアップラインを揃える新ブランド「セルヴォーク」をスタート。2018年にはプロユースのナチュラルヘアケアブランド「オーバイエッフェ」を立ち上げ、現在は3ブランドのディレクターとして活躍する。

毎日を “ととのえる” なら
「ポカリスエット イオンウォーター」

→特集を見てみる!

大切な水分とイオンを、お水のようにスッと取り込むことができる「ポカリスエット イオンウォーター」。汗をかいたときはもちろん、寝起きやひと息つきたいとき、デスクワークのお供にもぴったりです。

もちろん、サウナにも。

日本最大のサウナ検索サイト「サウナイキタイ」と「イオンウォーター」のコラボキャンペーン水曜サ活では、毎週水曜日にイオンウォーターがあるサウナ施設でサ活を投稿した人の中から、毎月10名様にイオンウォーターをプレゼント。

毎日、健康的に水分補給をして、カラダもココロもととのえてみない?

関連する記事

世界の有名IT企業などが導入したことで話題となっている「マインドフルネス」。現在、日本で開発が進められている「VR(バーチャルリアリティ)」と「ヨガ」の融...
「マインドフルネス」の最前線。川原や海辺、プールサイドやフェス会場などに持ち込むことのできる「テントサウナ」。近年のサウナブームのなかにありながら、独自の...
「寺サウナ」は、“アウトドアの薪テントサウナ”と“お寺での瞑想”を掛け合わせることで、史上最高のマインドフルネス空間を実現するサウナイベント。
ここ10年でヨガは一般的になりましたが、最近は瞑想が注目されていますね。欧米でも、日本でも、多くの方々が瞑想を生活に取り入れていることはみなさんご存知だと...
「ほぼ日」から、気持ちを晴れやかにしてくれる“肌とメイクと道具”のビューティーブランド「Shin;Kuu(シンクー)」が登場。デビューコレクションの、...
オフィスに設置できるメディテーション空間「メディテーションポッド」を日本で展開する「ラッセル・マインドフルネス・エンターテインメント・ジャパン社」。同社の...
“しきじの娘”こと笹野美紀恵さんが提唱する「サウナ美容」について。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...