やっぱり気持ちいいのは「イン&アウト」の境界線がない暮らし

ノルウェーには「フリルフスリフ」という言葉がある。

日本人にはなかなか一度で覚えづらい響きかもしれないけど、とても素敵な意味が込められている。

自然のなかでありのままに暮らそう、と。

この精神は北欧の人たちに根付いていて、たとえばアウトドアとインドアの境界線を曖昧にしたライフスタイルだったり、仕事とプライベートのオンオフの垣根をなくすこと、もしくはシンプルな服や家具に囲まれた心地いい生活だって「フリルフスリフ」だ。

きっとそれは、自分らしく生きるためのヒントでもある。

外に出たくなる
「アイテム」を選ぼう

普段身につけるものや持ち歩くものを変えるだけでも、いろいろな境界線がなくなり、気持ちが解放される。

たとえば、サッと羽織れる防水素材の「レインコート」は、デイリーにはもちろん、急に天気が崩れたときにも対応してくれる。

夜間の視認性を高めるリフレクターや、荷物をたくさん入れられる背面の大きなポケットも外遊びに最適だ。

また、キッチンでもガーデニングでも使える「レインラップエプロン」を選んでみるのもいい。

水回りにも強いアイテムは、突然の雨のときだけではなく、アウトドアでも何かと重宝する。

普段の買い物から、週末のピクニックまでカバーしてくれる「トート」は手放せない。

手持ちの部分と底面がはっ水性のあるターポリン素材になっているから、ラフに地面に置けるのも嬉しい。しかも内側には保温機能の加工もあり。夏場には保冷剤を入れて簡易的なクーラーバッグにもなる。

お買い物からアウトドアまで、どこにでも持っていきたくなる存在だ。

→気になる

外に出たくなる
「食器」で料理しよう

調理器具としてそのまま火にかけられて、外ごはんの仕込みにも使える「オーブンディッシュ」は、屋内と屋外のボーダーをなくしてくれる、合理的で便利な存在だ。

さりげないリムのカラーがかわいい。

ホーローだからタフだし、自宅でのベランピングやBBQにもぴったりだ。フタ付きなので、これさえあれば食材を入れる際もジップロックに頼らなくていいし、エコフレンドリーだ。

「食器やカトラリー」をホーローで揃えるのもワクワクする。

「今日は庭で食べてみよう」「近くの公園でBBQしてみよう」。そんなひとことが、今までよりも気軽に言える気がする。

→さっそくチェック

外に出たくなる
「家具」を揃えよう

本を読みたいとき、庭でまったりしたいとき、子どもが遊んでる姿をぼんやり眺めたいとき——。

簡単に折り畳みもできる「デッキチェア」は、リラックスタイムを過ごしたいときには欠かせないファニチャーだ。これなら、外だけじゃなくて部屋のなかにも置きたくなってしまう。

水にも強くて、なんでもドカッて入れて運べる「バスケット」は、とにかく便利。

部屋で使うときは、雑誌や子どものおもちゃをドカッ。
外で使うときは、食材や食器をドカッ。

フタを使えば、簡単なサイドテーブルにも早変わりする。

→今すぐ欲しい

「LandNorm(ランドノーム)」が
いろいろな境界線をなくす

ここで紹介しているのはすべて「LandNorm(ランドノーム)」というコレクションのものだ。

ノルウェー発祥のアウトドア・スポーツブランド「HELLY HANSEN」 と、北欧のモダンインテリアをいち早く日本に定着させた「ACTUS」がコラボして、 “フリルフスリフ” を体現するアイテムを揃えている。

「LandNorm」に囲まれた暮らしはきっと、さまざまな境界線をなくしてくれるはずだ。

平日と週末、普段使いと外使い、子どもと大人——。

そう、アウトドアとインテリアのプロが手を組んだら、本当に僕たちが欲しいと思えるものができあがったのだ。

なにかとネガティブなニュースが多いこんな毎日だからこそ自然との調和は大切にしたいし、生活の価値基準もどんどん変わっていく。

インとアウトでそれぞれに最適なものを選ぶのもいいけれど、きっとこれからは、「いつもの道具」をアップデートするのが豊かなスタイルなのかもしれない。

→詳しくはコチラ

関連する記事

ノルウェーのSommarøyという島で、ちょっと興味深いムーブメントが起きています。彼らは「時間」を廃止しようとしているんです。
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
アウトドアが魅力的なのは、なぜでしょうか。自然に触れられるから?美しい風景を眺め続けられるから?食べ物が美味しいから?ノルウェー北部に暮らす5人家族は、2...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
いつでもどこでも聴ける「Podcast」より、「おいしいコンテンツ」だけをピックアップ!
「HELLY HANSEN」より、海から山までマルチパーパスに使える防水透湿ウェアが登場。
「ワークアウト」とは、体の強さや見た目を向上させるために運動することを意味します。この記事では、トレーニング・エクササイズとの違いやおすすめのワークアウト...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
「L-Breath(エルブレス)」のアウトドア用品スポーツナビゲーターが厳選した「防災グッズとして役立つ最新キャンプ用品ランキング」をご紹介。
「tree.fm」では、おうちにいながら世界各地にある森林の音を聴け、まるでそれぞれの森の中にいるような気分を味わえる、デジタル森林浴を体験できるのだ。「...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
魔法瓶のような保温力が持続する「魔法瓶ブランケット」を紹介。これがあれば冬の寒さに負けずにキャンプが楽しめそう。
メスティン最大のネガティブ面「焦げ付き」を徹底的に解消した、アウトドアブランド「ThiOuThe LIFE(シアザライフ)」のメスティン。
「Recamp」はキャンプ場をサテライトオフィスにする企画「office to go」を立案。その一環として、現在キャンプ場でのテレワークが500円で可能に!
都市計画からプロダクトデザインまで、幅広い分野で活躍しているUNStudio。彼らが、アムステルダムからフランクフルトまでを53分で走行する“ハイパールー...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
ドゥーシュバッグの「The CIA」、グレゴリーの「カメラケース」、フェールラーベンの「カンケン フォト インサート」を紹介します。
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
「beta post」の「Homeless Backpack」の紹介。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
カナダのアパレルデザイナーが開発したパンツ専用のハンガー「The Jean Hanger」がシンプルなのにスゴイ。ハンガーラックにかけられてシワの発生を防...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...