「NASA」の宇宙飛行士が実践する「狭い空間でもポジティブに生活する方法」とは?

いまだ収束の兆しがない、新型コロナウイルスの蔓延。欧米では多くの国で外出禁止令が出され、自宅から一歩も出られない状態が続いているようだ。

多くの人にとって経験したことのない状況であるが、ある職業の人々にとって狭い空間に長期間滞在することは日常的な行為である。

その職業とは──宇宙飛行士

彼らは「NASA」から特別な訓練を受けてから宇宙へと飛び立ち、狭い国際宇宙ステーションでは6ヵ月以上の時を過ごすこともあるという。

そんな宇宙飛行士のひとりで、昨年まで国際宇宙ステーションに滞在していたアン・マクレーン氏が、狭い空間でポジティブに、かつ生産的に生活するヒントをTwitterに投稿した。その内容は、NASAの心理学者による研究をベースにしているようだ。

1.コミュニケーション
相手に理解されるように話し、相手の話を理解するように務める。言葉にできない兆候を発見したら、衝突を回避するために話し合う。情報はつねに共有して、間違いは認め合う。

 

2.リーダーシップとフォロワーシップ
あらゆる事態には、つねにチームで対応する。目標を設定したら、責任をもって実行する。フィードバックや励ましも重要である。

 

3.セルフケア
NASAは、衛生、時間の管理、睡眠の確保、気分の維持が、宇宙飛行士の身体的健康に影響していると考えている。自分の長所と短所を判断したうえで、ワークタイムバランスを考えることが重要である。

 

4.チームケア
3番目で述べたように、メンバー全員が心身ともに健康であることが重要だ。忍耐と敬意をメンバーに示したうえで、チームにストレスが溜まっていないかチェックをすることも重要だ。

 

5.グループリビング
一緒に暮らすメンバーはチームである。競争するのではなく、協力することが大事だ。
残念ながら宇宙では「頭をスッキリさせるために散歩へいく」ことができない。チームメンバーが仲良く暮らすことで、すべての人にとって気持ちのいい空間を作ることが必要だ。

以上が14に及ぶツイートの要約だ。最後には「私たちは全員が地球で暮らしている宇宙飛行士です!みんなが積極的にこのアクションを取れば、監禁状態からの脱却も成功できるでしょう」とのメッセージが。

現役宇宙飛行士による頼りになるアドバイス。しかし、チームメンバーが仲良く暮らすことが重要というこのアドバイス、じつは常日頃から大切にすべきことなのではないだろうか……?

自宅で誰かと共に過ごす時間が多いこのタイミングに、多くの人たちがこれまでよりもいい関係性を築くことを願うばかりだ。

© AstroAnnimal/Twitter
Top image: © NASA/Roger Ressmeyer/Corbis/VCG via Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
9月30日、「NASA」が宇宙から投票する方法を公開した。宇宙飛行士たちは、軍に従事する人やその家族と同様、不在者投票を申請する必要がある。そして、宇宙ス...
宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
火星調査プロジェクトが本格化する米航空宇宙局(NASA)。今年度、宇宙飛行士に採用が決まった8名のうち、なんと半数は女性。NASAは恣意的なものでなく、あ...
日進月歩で研究が進み、ますます宇宙への進出が現実を帯びてきました。とはいえ宇宙に出るには当然、特別な訓練が必要です。今までは選ばれた数少ない宇宙飛行士しか...
英国のシェフ専門エプロンブランドと国内ブランドによる「エプロンウェア」のポップアップストアがHIBIYA CENTRAL MARKETで開催。
イラストレーターのThomas Duboisが描くのは、「宇宙の先」を考えさせるリアルな物語。国際宇宙ステーションが爆発し、無重力空間を漂うこととなった宇...
340日間に及ぶ宇宙への長期滞在を終え帰還した、宇宙飛行士のスコット・ケリー氏。アメリカ人宇宙飛行士として最長滞在記録を更新し話題になりましたが、そのカラ...
Ani Liuさんはダイヤル式で3つの匂いを嗅ぎ分けられるネックレス型のアイテムを開発して、地球の香りを宇宙飛行士に楽しんでもらうプロジェクトをおこなっている。
宇宙に行きたい人、手をあげて!2015年12月14日、NASAが「求人募集」を開始します。どうやら火星探査に必要な300名以上の宇宙飛行士を集めようとして...
2015年9月。「1年計画」に挑戦している宇宙飛行士が国際宇宙ステーションで生活を始めてから半年ほどが経ちました。以下の画像は、長期間宇宙で生活するってど...
LGBTに関する法整備で世界に大きく遅れをとる日本。そんな状況でも、企業が婚姻の平等に賛同するメッセージを発信することは、社会を変える大きな力になるという。
地球からおよそ400キロ上空を飛行する、国際宇宙ステーション(ISS)。その内部を映し出した映像が、NASAによって公開された。およそ18分間の4K動画は...
無重力の宇宙空間での長期滞在に欠かせない筋肉維持のためのエクササイズは、1日2.5時間×週6回。ハーネスや圧力を使った筋トレ機材で、地球とはひと味違う。
数多くの候補者のなかから、特別に優秀な人材だけがそのチャンスを掴むことのできる職業、それが宇宙飛行士。地球を遥か離れた宇宙に飛び立つのは、人類の中でもほん...
9月23日、NASAが6億ドルで「宇宙望遠鏡」を打ち上げると発表。今回の宇宙望遠鏡の計画の裏には、今年7月25日に全世界を驚かせた「小惑星のニアミス」が関...
10月6日、「NASA」の宇宙飛行士Chris Cassidy氏が、宇宙での用の足し方を説明する動画を公開した。
ブラックフライデーに合わせて、史上最大のサイズを誇るレゴブロックセットが発売された。「コロッセオ」という今回のレゴは、ローマ帝国のシンボルであるコロッセオ...
仕事モードに入りたいとき、頭の中を整理したいとき、気持ちをオフモードにしたいときなど「切り替え」のためのノンカフェインティー「daytune.-tea」が登場。
「NASA」が宇宙などで撮られた写真や動画、音声ファイルを検索し、ダウンロードできるサイト「NASA Image and Video Library」を新...
NASAの公式WEBサイトに、国際宇宙ステーションから見る地球の日の出の写真が投稿された。発表したのは、宇宙飛行士のスコット・ケリー氏。8月10日に撮影し...
「宇宙飛行士が冒険するのは、宇宙だけなんて誰が決めたんだ!」とでも言わんばかりにあらゆる世界を旅するキャラクターは、まさに、神出鬼没。現実の世界に現れたと...
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。
2018年に民間人2人を乗せたロケットで、月周回計画を行うと発表したスペースX。夢の未来が着実に近づいている感触はあるんだけど、それでもまだまだ先の話。け...
もともとは宇宙飛行士のトレーニングの一環として、出発前の宇宙飛行士たちに宇宙の香りに慣れてもらうために作られた「NASA」謹製のフレグランス「Eau de...