若手フードクリエイターを支援する「ウェブマガジン」緊急配信スタート

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、臨時休業やイベント開催自粛など、料理にたずさわる人たちの活動の場が制限されている。

そんななか、フリーランスの料理人や若手フードクリエイターを束ねる「ツカノマノフードコート」は、独自の取り組みで活路を見出そうとしている。

©ツカノマノフードコート

参加フードクリエイター:田中開「OPEN BOOK」、奈雲政人「Sta.(プロデューサー)」、今西大和(Sexy French シェフ)、てとてと(おもてなし夫婦ユニット)、もったいない料理人みっきー(フードロス料理)、Keiyo Lan「台湾料理 吃日吃日」、Mizuki Koshide(中東料理研究家)、ソウダルア(フードアーティスト)、横山祥太郎(鯛骨拉麺 「鯛祥」)、高田有(クラフトルートビア職人)、ケニック「ケニックカレー」。
スペシャルゲスト:遠山正道(スマイルズ代表取締役社長)、平山潤(『NEUT Magazine』編集長)、Horikawa Ai(フードデザイナー)、多治見智高(「茶割」創業者)。

総勢15名のフードクリエイターたちのレシピ付きエッセイをオムニバス形式で紹介する「ツカノマノ読むフードコート」を、noteにて講読料3000円で販売をスタートした。

オンラインでも飲食業界にお金が循環されるしくみとして、フードクリエイターの感性を料理以外の方法で多くの人に提供し、その価値を循環しようという試みだ。


「ツカノマノ読むフードコート」は、たんにレシピの紹介では終わらない。料理にまつわる背景とともに、食にたずさわる若者たちが日々どんなことを想い、食とどう関わっているのかが垣間見える、いわば“創作メモ”でもある。彼らの創造性を文面から味わい、咀嚼する。とっておきのレシピを作ってみるのは、それからでも遅くない。


食体験は必ずしも目の前の一皿のみにあらず。こと、いまこの状況においては。おいしい料理を味わう側の僕たちも、しばし創造力を働かせる必要があるはずだ。

「もったいない料理人」みっきー
©ツカノマノフードコート
鯛骨拉麺「鯛祥」
©ツカノマノフードコート
フードデザイナー Horikawa Ai
©ツカノマノフードコート
台湾料理「吃日吃日」
©ツカノマノフードコート

現在までに9記事が公開され、今後も随時公開予定。新型コロナウイルスによる影響の事態収束まで、期間限定で配信される。なお、4月中に登録すると4月に公開される全ての記事を読むことができる。

ツカノマノ読むフードコート|note

https://note.com/tuskanomano/m/m677ba82f2bb8

Top image: © ツカノマノフードコート
新型コロナウイルス感染症のワクチンの開発支援と、平等かつ迅速な供給を求めて。日本政府への支援金増額を求める署名プロジェクト「#SignforLife」始動。
イギリスを拠点に活動するクリエイターStefania EspositoさんとRenato Tataさんが「新型コロナウイルス(COVID-19)をスマホの...
新型コロナウイルスと戦う医療従事者たちへの支援として、ロンドンの大手ブルワリー「CAMDENTOWN BREWERY」がオリジナルビールを「ヒーローのため...
新型コロナウイルスがアメリカで猛威を奮っていた最中、アメリカ全土で豆腐の売り上げが急上昇していたというデータが発表された。
米「CIA」がUFOに関する機密情報を公開した。このたび公開された700を超える文書は、機密ファイルがまとめられているサイト「The Black Vaul...
「ブルガリ」がフレグランスや化粧品の開発でパートナーシップを組む「ICR社」と共同開発した、消毒剤を用いた「ハンドクレンジングジェル」。イタリア市民保健局...
岐阜県大垣市で枡の製造・販売を手掛ける「大橋量器」は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、自宅で飲む「宅飲み」を促す「わたしたちはコロナに負けずおうち時間...
3月19日、KEENが新型コロナウイルス(COVID-19)に立ち向かう人々のために、10万足のシューズを無償で提供すると発表した。
先週、カリフォルニア州政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ホームレスの人々に一時的にホテルやモーテルの部屋を提供すると発表し話題となっている。
「ノースウェスタン大学」の研究者とシカゴの「Shirley Ryan AbilityLab」が共同で、新型コロナウイルスに関連する兆候と症状を捉えるウェア...
「YSL Beauty(イヴ・サンローラン・ボーテ)」が今月発表したのは、1本でどんな色の口紅でも作り出すことのできるスマートデバイス「Rouge Sur...
4月7日、「Nike」が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、「個人用防護具(PPE)用フェイスシールド」と「電動ファン付き呼吸用防護...
探知犬たちが新型コロナウイルスを探知することができるか英国では6000万円以上の研究費を費やした試験を実施中。“スーパー・シックス”と名付けられた6匹の犬...
米コスメブランドの「Lipslut」は、販売利益の100%をCOVID-19の救援活動に寄付すると発表。
イギリスのボリス・ジョンソン首相は、イングランドに住む単身者、または18歳未満の子どもがいる一人親を対象に、現地時間の6月13日から「別の一世帯の家での滞...
コロナ感染対策の措置として、酒類の販売禁止に踏み切った南アフリカ。これにより、国外での販売経路を完全に断たれた南アのワイナリーたち。海外マーケットに頼る他...
イスラエル発、元軍人が開発したソロテント「RhinoWolf2.0」。
自動車同士の衝突から運転手を守る設備を着実に進化させたなかで、対歩行者、対自転車では深刻な被害を与えてきた自動車業界。その対策として「ボルボ」があるユニー...
米「Apple」と「Google」は先日、スマートフォンを使って新型コロナウイルスの濃厚接触の可能性を検出・通知する技術を共同開発することを発表した。5月...
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、中国の「ケンタッキー」は、人との接触なく商品を受け渡しをする「コンタクトレスデリバリーサービス」を開始。
新型コロナウイルスから身を守ってくれる新たな防御スーツ「BioVYZR」が、クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」に登場した。
米国「ハーバード大学」と「マサチューセッツ工科大学(MIT)」の共同チームが、新型コロナウイルスを検出すると蛍光シグナルを出すマスクを開発中。マスクを装着...
「ペットが家にいますステッカー」は、外出中、飼い主の身に万が一の事態が発生した場合、救急隊員をはじめその場にいる人に"ペットが家にいること"を伝えるもの。...
クラフトビールの定期配送サービス「ふたりのみ」は、新型コロナウイルスショックにより苦境に立たされているブルワリーを応援・支援するキャンペーンを実施。