世界一地球に優しいアリーナ!「Amazon」社が命名した「Climate Pledge Arena」

「Amazon」は、同社がネーミングライツを取得したシアトルにあるアリーナの名称を「Climate Pledge Arena」にすることを発表した。

由来の「Climate Pledge」とは、パリ協定の期日より10年早い2040年までに企業の二酸化炭素の排出量をゼロにすること定めた、2019年に「Amazon」「Climate Optimizm」が共同で発表した自主的誓約のことである。

このアリーナは、運営に際して二酸化炭素排出量がゼロであり、イベントなどもゼロウェイストで実施し、雨水を利用したもっとも地球に優しいアイスリンクを作る、世界で初めてのアリーナとなる予定だとか。

AmazonのCEOジェフ・ベソスによると「自社の名前にするのではなく、『Climate Pledge Arena』にすることによって、気候変動と戦う重要さを日々思い起こさせてくれる存在にした」とのこと。

達成できた暁には、エポックメイキングな存在になること間違いなしなこの施設。

今後、どうやって目標を達成していくのか注目していきたい。

©Amazon
Top image: © Amazon
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事