「ホワイトハウス」の問い合わせフォームにも「they」追加

以前、「TABI LABO」で、『メリアム・ウェブスター辞典』が「they」の意味に“彼ら”という複数代名詞以外に、“男や女など特定の性別では括れないノンバイナリージェンダー(トランスジェンダーやXジェンダーなど)の人たち”という単数代名詞を追加した」という話題を取り上げた。

その記事から一年......。

ついに「ホワイトハウス」でもその呼称が公認となった。

ホワイトハウスの公式ウェブサイトから問い合わせフォームに飛ぶと、個人情報入力のなかに性別選択欄が出てくるのだが、「she/her」「he/him」「they/them」「Other」「Prefer not to share」の5択になっているのだ。

まだ議論の余地があり、確定的な立場を獲得できていない「they」という呼称を使うことに抵抗がある人のために「Other」という選択肢もあるというのも驚き。

今後、会員情報登録や個人情報入力の場面で「男/女」の2択しかない性別欄は珍しくなっていくかもしれない。

Top image: © 2021 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

全米で信頼度最高峰と名高い『メリアム・ウェブスター辞典』が、複数代名詞「they」の意味に「男や女など特定の性別では括れないノンバイナリージェンダー(トラ...
この記事ではジェンダーの文脈で取り上げられる「ノンバイナリー」について解説していきます。
同じ人種やジェンダーのセラピストを探せるアプリ「Ayana」の紹介。
完璧にというには程遠いが、ジェンダー不平等は解消されつつある。カリフォルニア州バークレー市は、単語に含まれるジェンダー差までもなくすつもりだ。
「KEEN」から、最新テクノロジーの蛇腹機能「KEEN.BELLOWS FLEX」を搭載した新作のトレッキングシューズ2モデルが発売中。
2020年内に新しく追加される117個の絵文字セット「Emoji 13.0」が絵文字の国際規格管理団体「ユニコードコンソーシアム」によって公開。
どこか厳格な雰囲気が漂い、歴代のアメリカ大統領とその家族が住む「ホワイトハウス」。あの建物の中を歩き回り、外からは見えない「秘密の部屋」を覗いてみたい。こ...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「浦霞醸造元 株式会社佐浦」より蔵出しされた「オーク樽貯蔵 本格焼酎 浦霞」。「被災地支援への感謝」と「希望に満ちあふれる未来への祈り」をこめて、数量限定...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。