発表!テレワークになったら住んでみたい街ランキング

今年度も残りひと月ちょっと。新生活のための転居など、住む街を変える予定という人も多いはずだ。そんな居住する場所に関して興味深いランキングが、不動産買取業の株式会社「AlbaLink」から発表された。

男女500人を対象に実施したのは「テレワークになったら住んでみたい街ランキング調査」。テレワークになったら住みたい市区町村ランキング第1位は、那覇市という結果に。

テレワークになったら住みたい【市区町村】TOP10©株式会社AlbaLink

選ばれた理由にあがったのは、温暖な気候利便性のよさ沖縄県全体へのイメージが大半。それ以降も、鎌倉市福岡市札幌市軽井沢町など、いわゆる「都心に近い有名な避暑地」や「利便性がよく住みやすい人気都市」が名を連ねる。テレワークといえど、ほどよい都会利便性のよい地域が好まれた傾向だ。

その他、都道府県別にすると神奈川県が1位になるなど、各種の結果は「訳あり物件買取PRO」にて公開中

この1年で大きく変化したワークスタイルには参考になりそうなデータだろう。

『訳あり物件買取PRO「テレワークになったら住んでみたい街ランキング調査」』

【調査対象】全国の男女500人(男性46.4%、女性53.6%)
【調査対象の年代】20代19.6%、30代31.4%、40代32.6%、50代14.4%、60代以上2.0%
【調査対象の年収】200万円未満37.6%、200万円以上400万円未満32.2%、400万円以上600万円未満20.5%、600万円以上800万円未満6.0%、800万円以上1000万円未満3.6%、1000万円以上0.1%
【調査期間】2021年1月12日〜19日
【調査方法】インターネット(クラウドソーシングサービス)による選択式回答

Top image: © iStock.com/Sean Pavone
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事