移住熱が上昇中!2021年版「住みたい田舎」ランキング発表

1月4日に発売した、“日本で唯一”の田舎暮らしを紹介する月刊誌『田舎暮らしの本』2月号(宝島社)で、「2021年版第9回 住みたい田舎ベストランキング」が発表となった。

これは、移住定住の促進に積極的な市町村を対象に、移住支援策、医療、子育て、自然環境、就労支援、移住者数などを含む272項目のアンケートを実施し、回答が得られた645の自治体からの結果を元に、田舎暮らしの魅力を数値化し、ランキング形式で紹介したもの。

今回は、人口10万人以上の「大きな市」、人口10万人未満の「小さな市」「町」「村」の全4グループに分けてランキング。世代によって移住者のニーズや施策が多岐にわたるため、全世代対象の【総合部門】のほか、【若者世代部門】【子育て世代部門】【シニア世代部門】の全4部門を設置している。

具体的な結果は以下の通りだ。

©株式会社宝島社 「大きな市ランキング」

「大きな市」では愛媛県西条市が4冠を達成。

市内に特急停車駅が2駅、高速道路ICが3ヶ所ある上、松山空港まで車で1時間弱と交通アクセスも良く、四国屈指の製造品出荷額などを誇る工業地帯があり、求人が豊富な点なども評価された。

©株式会社宝島社 「小さな市ランキング」

「小さな市」では大分県豊後高田市が4冠を達成。

移住・定住支援が充実していること、都市機能がコンパクトな地域に集中しながら泉質の異なる6つの温泉や自然も身近にあること、地域の人と移住者の交流が盛んなことなどが評価ポイントになった。

©株式会社宝島社 「町ランキング」

「町」では島根県飯南町が【シニア世代部門】以外の3部門で1位を達成。

医療・教育環境が充実、住宅支援も手厚く、豪雪地帯ながら子育て世代の移住が増加中なのだとか。【シニア世代部門】で1位の北海道沼田町は、幅広い世代の住みやすさ向上に取り組んでいる。

©株式会社宝島社 「村ランキング」

「村」では長野県宮田村が【総合部門】 【子育て世代部門】で1位に。

隣接する市にも通勤圏で、村内企業も多く、3歳未満児専用の保育園もある。 【若者世代部門】【シニア世代部門】で1位の長野県木島平村は、美しい農村であり、長年の交流から移住へと踏み切った若者が多いとのことだ。

ふるさと回帰支援センター理事長・高橋公氏曰く、緊急事態宣言後は、地方移住に関する熱意のある問い合わせが増えているのだという。テレワークを導入する企業も増え、今後もその流れは加速していくのかもしれない。

Reference: 宝島社『田舎暮らしの本』2月号、「2021年版 住みたい田舎ベストランキング」
Top image: © iStock.com/kuppa_rock
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

大阪で働いていたサラリーマンが、移住先として選んだのは宮城県丸森町という人口1万4000人ほどの消滅可能性都市。「まるまるまるもりプロジェクト」という起業...
四国の西端、愛媛県にある八幡浜市(やわたはまし)。立地と気候に恵まれるこの街は、愛媛県のなかでも有数の「みかん」の生産量。山には段々畑が広がっていますが、...
かつて、脳卒中の割合が全国1位にもなった長野県。塩辛い食生活がその原因らしい、ということで官民一体となって行なったキャンペーンのひとつが「塩の代わりにスパ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
BBQやキャンプで盛り上がるスイーツの定番と言えば、焼いたマシュマロをサンドした「スモア」が真っ先に思いつくけど、今年は「バウムクーヘン」で盛り上がろう!
シンクロと大分県のバラエティ豊かな温泉を掛け合わせたユニークで斬新な「シンフロ」動画で世界を沸かせた大分県が、今回またも本気で挑んだ動画は、温泉で繰り広げ...
「燻製が好きすぎて起業する人がいる」と聞き、興味を覚えた。雪が降り続ける秋田県鹿角市。起業を目前に控え、溢れんばかりの希望を抱えた松村 託磨(まつむら た...
都内からも近く、ご当地グルメもたくさんあり、自然溢れる観光資源に恵まれた街「山梨県」の魅力をお届けします!
あかてんは、漢字で書くと「赤天」。島根県の西部、浜田市で食べられている名物で、魚のすり身に赤唐辛子を練りこみ、パン粉をまぶして揚げたもの。表面はサクサクで...
新潟県佐渡島は、本州から船で渡る離島でありながら、東京23区に勝る大きさを誇り、人口約6万人が暮らす。この島で、IターンやUターンを希望してやってくる人た...
「アディダス ジャパン株式会社」と「オールバーズ合同会社」が、コラボレーションによるランニングフットウェア「FUTURECRAFT.FOOTPRINT」を発表。
ゆずには多様な使い道がありますが、もうひとつの愛媛県の特産品しいたけと合わせてお味噌で和えることで、ゆずの香りが食欲をそそる、白いご飯にぴったりのおかず味...
人口が4,000人以下の集落に移り住んだ人には10年間税金を免除すると発表しました。
1月16日(土)、17日(日)の2日間、愛知県常滑市の「Aichi Sky Expo」を会場にアウトドアファン必見の大型イベント「Aichi Sky Ex...
青森県が今月19日から県内にある「まるで海外」な絶景スポットを紹介するスペシャルCMを公開中。青森は“今ちょうどいい旅先”かもしれない。
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
男女500人を対象に実施した「テレワークになったら住んでみたい街ランキング調査」が今月初旬に不動産買取業の「AlbaLink」から発表された。
「リクルート住まいカンパニー」が昨年12月から今年1月にかけて実施した「SUUMO住みたい街ランキング2021 関東版」の結果をご紹介。
チーズや鳥小屋を模した、一風変わったツリーハウスが点在する空間。ここは、長野県小諸市にある「安藤百福センター」の森の中です。
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
日本最大級の不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」が「コロナ禍での借りて住みたい街ランキング」を発表。
「スノーピーク」が体験型グランピング施設「snow peak glamping ​TOKUSHIMA KOMATSUSHIMA」を今週4月16日(金)にオ...
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
岐阜県郡上市の有機JAS菌床キノコメーカー「株式会社ハルカインターナショナル」では、コロナウイルス対策の緊急事態宣言地域に在住する「岐阜県出身者の若年者」...
宮崎県小林市の移住促進PRムービー『ンダモシタン小林』(N'da-mo-shita'n KOBAYASHI)。あるフランス人男性の視点を通して、素晴らしく...
埼玉県議会で「立ち止まった状態でエスカレーターを利用しなければならない」という条例が成立。周知期間を経て、今年10月1日より県内で施行される。
デンマークのアウトドアブランド「ノルディスク」は、広大なアウトドアフィールド「Hygge Circles Ugakei by Nordisk」を2021年...
JA中野市は、長野県産生鮮きのこ(えのきたけ)と生鮮ぶどう(ナガノパープル)の「機能性表示食品」の届出が、消費者庁に受理されたことを、昨年11月12日に発...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
千葉人気が急上昇している今だからこそ、どこにお出かけしようか迷っている方におすすめしたい「知る人ぞ知る千葉県にある穴場グルメ」をご紹介。