構想10年。このおいしさはまさに感動。キリン渾身のクラフトビール「スプリングバレー」新発売!

外食することが減った代わりに、たまに家で飲むときくらいは、本当においしくてココロもカラダも満足させてくれるものを選びたい——。

もちろん普通のビールも好きだけど、最近はとくに、もっとこだわりが感じられて、家のダイニングでも特別な時間が過ごせるようなクラフトビールが飲みたい! と感じる日が増えてきました。

キリンから新発売した「SPRING VALLEY 豊潤<496>(以下「スプリングバレー」)は、まさにそのニーズを満たしてくれるどころか「ビールってこんなにおいしかったんだ」と感動するほどの本気のクラフトビール。

素材も手間も時間も一切手加減なしで「キリンさん、こだわりすぎじゃない……?」というくらいの圧巻の味わいは、まさに「感動」。それはぜひ体感していただくとして「これぞ、クラフトビール!」とも言うべき、おいしさの秘密を紹介しちゃいます。

すべてのビール好きに愛される
「クラフトビール」をとことん追求

「スプリングバレー」の特長はなんと言っても、すべてのビール好きの好みに合ったクラフトビールに仕上がっていること。

つまり、1杯で満足できるような豊潤な味わいがありつつも重たさはなく、綺麗な後味。初めはその不思議な感覚に驚くかもしれません。

これまでクラフトビールをあまり飲んだことのない人も、この未体験なおいしさにぜひ触れてみてください。きめ細やかなふわとろの泡、そして麦のうまみが口に広がります。

もちろん食事にも合うし、毎日でも飲み飽きることのない味わいで、洗練されたクラフトビールを楽しむことができるんです。

高い完成度のヒミツは、まずその原料にありました。

素材を惜しまず、麦芽をキリンラガービールの1.5倍も使用することでベースとなる豊潤さを出し、さらに4種類のホップを組み合わせることで、バランスの良い香りを目指したそうです。

また素材本来のおいしさを引き出すために、キリンが開発した「ディップホップ製法」を採用しています。本来、苦味を抑えながら香りを引き立たせるのは難しいのですが、発酵段階でホップを7日間も漬けてじっくり時間をかけて香りを引き出すことで、豊潤な香りと後味のスムーズさの両立に成功。苦みと香りの絶妙なバランスを目指したそうです。

その構想期間は、なんと10年……。試験醸造は250回*と、ビールのプロフェッショナルが愚直なまでにおいしさを追求しました。

*この商品の特長である製法の開発にかかった試験醸造の回数

ところで
「スプリングバレー」って?

東京大学史料編纂所古写真研究プロジェクト 提供

さてここからは、商品名にもなっている「スプリングバレー」のお話です。代官山や横浜、京都にある「スプリングバレーブルワリー」に行ったことがある人なら、ピンとくるかもしれません。

そもそもスプリングバレーブルワリーは、ノルウェー生まれのアメリカ人、ウィリアム・コープランド氏の手によって約150年前(ペリー来航17年後の1870年)に横浜に設立されたブルワリーのことで「日本で最初に商業的に成功した醸造所」とも言われています。

ちなみに彼はビール醸造所だけではなく、自宅の庭を改造して「日本初のビアガーデン」もつくったそうです。まさに日本のビール文化の礎を築いた人。リスペクト!

その跡地にできたのがジャパン・ブルワリー・カンパニー、後のキリンビールとなった醸造所でした。つまり「スプリングバレー」は、日本のビール産業の歴史と志を汲んだプロジェクトのひとつだったんです。

目指したのは「10人中10人」が
満足するクラフトビール

キリンは2011年「この脈々と受け継がれる日本のビール文化を、もっと面白くしたい」と、クラフトビールの取り組みを本格的にスタート。

代官山や横浜、京都にブルワリーを併設した店舗を立ち上げ、つねに「日本ならではのクラフトビール」を追求してきたのです。

元来、クラフトビールは個性的な味わいも多く、好き嫌いが分かれるところも含めてクラフトビールの魅力だと言えるでしょう。

でも今回の「スプリングバレー」でキリンが目指したのは「10人中10人がおいしいと言ってくれるクラフトビール」。

この春、私たちの食卓にキリンが本気でつくったクラフトビール「スプリングバレー」を並べることができます。

きっと日本のビール文化は、またここから花開くんでしょうね。かんぱーい!

→詳しくはコチラ

関連する記事

6月4日より全国のIKEAストアで低アルコールクラフトビールが発売された。ストックホルムで人気のブルワリー「Omnipollo(オムニポロ)」の人気ビール4種。
国内外1400種以上のクラフトビールを取り扱うサブスクリプションサービス「オトモニ」が、お肉と相性バッチリなスパイス「ほりにし」を同梱したクラフトビールセ...
今、世界中のクラフトビールファンを熱狂させる「The Veil」が、待望の日本初上陸。
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
新潟県月岡温泉のクラフトビール醸造所「TSUKIOKA BREWERY」が、日本で初めてルビーチョコレートを用いたクラフトビールの醸造に成功
高度4万フィート(約1万2000メートル)で誕生したクラフトビール「Speedbird 100」。ブリティッシュ・エアウェイズとスコットランドのクラフトビ...
クラフトビールのサブスク「オトモニ」がヨーロッパ中のクラフトビールを楽しみながら海外旅行気分が味わえる「ビアトリップセット~ヨーロッパ編~」を発売。
東京・裏原宿エリアにオープンしたクラフトビール専門店「threefeet Tokyo」は、100種類以上の品揃えを有し、店頭販売のみならず、近隣への配送、...
こだわりのクラフトビールと焼鳥を気軽に楽しめるクラフトビール酒場「トリクラヒーロー」1号店が目黒に今週10日オープン。​
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
クラフトビールの定期配送サービス「ふたりのみ」は、新型コロナウイルスショックにより苦境に立たされているブルワリーを応援・支援するキャンペーンを実施。
リンゴとホップが織りなす爽やかなアロマにハマるシードルを見つけました。
「クラフトビール」は、最近よく耳にするものの意味は知らないという人も少なくありません。そんな人は、本記事で”クラフトビールとは何なのか”について確認してみ...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
アメリカンクラフトビールが50種楽しめる「AMERICAN CRAFTBEER BAR&STORE たまプラタップス」が横浜市「たまプラーザ」駅にある複合...
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
「NEC」と「COEDO(コエドブルワリー)」が共同開発した「人生醸造craft」が再販決定。AI技術により世代ごとの特徴を分析し、ビール職人が味を再現し...
サンディエゴにある「Museum of Beer」。ここは、一度にたくさんの地元のビールやクラフトビールを堪能できる場所。テースティングエリアには、65種...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
結婚式などのドレススタイルで欠かすことのできないポケットチーフですが、正しい折り方を知らないという人も意外に多いのでは?「Presidential Fol...
「読む」、「書く」、「なにもしない」の3つの過ごし方を軸に、自分のために時間を使う贅沢を味わう"RETREA Healing Lounge"(リトレア ヒ...
欧州でもっとも重要なキュレーター「マヌエル・シラウキ」氏の紹介。