「adidas」100%再生可能な「Ultraboost」の新シリーズを発売

4月22日、地球環境を考えるための日「EARTH DAY(アースデイ)」に、「アディダス」がSDGs時代らしい製品の販売をスタートさせた。

その名も「Ultraboost Made To Be Remade」

このプロダクトはなんと、使用後に回収されたシューズを活用した100%再生可能な素材で作られているのだとか。

©2021 adidas

「アディダス」のランニングシューズのなかでも人気のシリーズ「Ultraboost(ウルトラブースト)」。軽さや優れたクッショニング性&反発力など、スポーツの際の使用はもちろん、日常生活のなかでの履きやすさでも高い評価を得ている。

そんな人気シリーズから新たに登場した「Ultraboost Made To Be Remade」。

これまでの靴は、接着剤などの使用によりリサイクルが難しいとされていたのだが、新作は接着剤染料が一切使用されておらず、100%再生可能。

履き込んで不要になったシューズを「アディダス」に返すことで、新しい「Ultraboost Made To Be Remade」が生産されるという、まさに現代の環境問題を考えた画期的なものなのだ。

©2021 adidas

ちなみに「アディダス」では、「エコ・イノベーション」を促進するための3つの「LOOP(ループ)戦略」のもと、さまざまな取り組みを実施。

1.リサイクル・ループ】プロダクトを製造するにあたり、再生された原材料に切り替える。

2.サーキュラー・ループ】循環型技術を採用した100%リサイクル可能なものづくり。

3.【リジェネレーティブ・ループ】自然とのコラボレーション。

環境問題持続可能性の重要性が謳われるなか、新たな工法を取り入れた「Ultraboost Made To Be Remade」は、きっと多くのフォロワーを生むことだろう。

残念ながら日本での発売は未定のようだが、「アディダス」の環境問題を考えたプロダクトから今後も目が離せない!

Top image: © 2021 adidas
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事