たった5分の超時短「朝ごはん」なのに、健康キープする方法

誰だって「朝から元気に過ごしたい!」とは思うけど実際ムリ……ですよね。

仕事も家事も忙しいから朝はギリギリまで寝ていたいし、準備だってできるだけパパッと終わらせたい。

リモートワークで会社の朝礼に入るときだって、いつも滑り込み〜。

朝ごはん? ミーティング中にこっそり食べるときもあるし、正直5分くらいで済ませたいのが本音じゃないですか?

せめて、その5分で
自分をちょっと好きになれるように

(ササっと食べちゃおう〜)

朝ごはんって、何日も手を抜いたり、ちゃんと食べない日が続くと、だんだん自分のカラダが心配になってきませんか?

「私の栄養状態って大丈夫なのかな?」って。

時間がないし! あんまりお腹空いてないし! 作るのめんどくさいし!

理由を挙げればキリがないですが、せめて「これなら大丈夫」って自分を肯定してあげられるような「朝の5分」を過ごしてほしいんです。

朝ごはんで調子が整えられた日は
1日ずっと気持ちがいい

(今日の天気はどうかなー?)

朝ごはんにこだわったら、なんだか1日気持ちがいい。

そんな経験、ありませんか?

なにも、優雅なモーニングタイムを過ごしましょう、という話ではありません。

5分の朝ごはんでも、しっかり栄養があってカラダにやさしいものが食べられると、ココロまで満たされてくるあの感覚です。そして仕事の日でも学校の日でも1日のリズムができて、夜寝るときに「今日はなんだか充実してたな〜」と感じる瞬間——。

そんな日を1日でも増やしてもらうために知ってほしいのが「大豆のヨーグルト」。毎日を忙しく過ごす人にこそ、知っておいてほしい新たな選択肢です。

「大豆のヨーグルト」があると
気持ちがラクになる

(半分くらい余ってたから、サクッと朝ごはんに)

おまめさんで有名なフジッコが手がけた「まるごと大豆のヨーグルト」は、その名前からも分かるとおり、大豆の栄養をまるごと含んだヨーグルトです。乳酸菌のチカラと大豆のチカラ、その両方をおいしくいただけます。

冷蔵庫から出してすぐ食べられるのに、朝に摂っておきたい食物繊維や植物性たんぱく質、大豆イソフラボンが含まれていて、時短ごはんとは思えない満足感。

また、豆乳ヨーグルトでは取り除かれる「おから」の食物繊維がそのまま含まれているのも、女性にオススメしたい理由のひとつ。

「めんどうだから食べない」とか「菓子パンだけ」みたいなケースも聞くけれど、みんな心のなかでは「改善したいな〜」と思っているはず。

5分で食べられる大豆のヨーグルトがあるだけで、現実的にも、気持ち的にも、ラクになると思うんです。

→もっと知りたい

朝、忙しい女性を
サポートしたい

(忙しい人こそ、大豆と乳酸菌のチカラを)

朝ってどうしてもモヤモヤする日もあるし、体調がしんどいときだってあります。

「食べなきゃな〜でもな〜」を繰り返している5分のあいだに食べられるのも「大豆のヨーグルト」の魅力です。

フライパンを使うなんてもってのほか、チンもしたくない、という日だってあると思います。そんなときでも大豆のヨーグルトがあなたの満足感とコンディションを支えてくれるはず。

自分にとって心地いい状態をキープするためにも、生活に取り入れてみませんか?

なにげない習慣の切り替えが
「ゴキゲンな自分」に

(お腹の調子も良くて、朝からしっかり食べた感!)

たかが朝ごはん、されど朝ごはん、です。

もちろん少しでも睡眠時間にあてたい気持ちは分かるし、朝は沈んじゃうっていう人の気持ちも分かります。

でも大豆のヨーグルトは、手軽で習慣にしやすいのも特長です。5分でもいいのでしっかり女性に必要な栄養を摂って、自分自身がゴキゲンでいられる状態を作ってみてくださいね。

少しだけ時間に余裕ができたり、体調に余裕ができたり。

そんな生活スタイルのサポートまでできるのが「大豆のヨーグルト」のいいところなんじゃないかなって思います。

→詳しくはコチラ