【私もここがイイ!】友人の結婚式中に「申込み」が続出する、ウェディングが話題に!

結婚式がふたりにとって最高の日なのは当たり前。できれば、出席してくれたゲストにも「とっても良かったよ!」「招待してくれてありがとう!」って心から言ってもらいたいですよね。
今、ウェディング業界でとても話題になっているcrazy weddingがプロデュースする式が、まさにそれ! 結婚式の最中や終わった後すぐに、出席した新郎新婦の友人が「私たちの式もプロデュースしてください!」と申し込みがくるんだとか。
新郎新婦はもちろん、ゲストまでを虜にするcrazy wedding。ここではその魅力に迫ります。結婚を考えているカップル、必見です!

世界にひとつだけの
「特別なオリジナルウェディング」!

0024

IMG_7749

th_001

これらはすべて、実際にcrazy weddingが手掛けたウェディングの写真。見て分かる通り、同じものは一切ナシ。そう、crazy weddingがプロデュースするのはいわゆる「オリジナルウェディング」のみ。
それも、各カップルに専任のプロデューサーがつきます。そして、ふたりの馴れ初めや結婚観、大切にしていることなどをしっかりとヒアリング。完全にふたりのためだけの「コンセプト」を立てて、その上でパーティーを行う場所や演出、装飾などを決めていくそう。

「ただの結婚式じゃなくて、新しい一歩を踏み出すふたりの決意や世界観を表現する場を作っているんです」

これは実際のプロデューサーの言葉。根底にある“想い”からして、他のウェディング会社とは違います。

dessan2こちらが、ウェディングの装飾に関するアイデアスケッチ。毎回、カップルに合わせて、0から考えているそう!!

ノープランでもOK!
コストパフォーマンスも◎!

10426533_718151331564387_7224992851560746857_n

と、ここまでだと、なんとな〜く「特別な人しかできないプレミアムな結婚式なのでは?」と思ってしまうかも。でも、crazy weddingの人気の秘密はその敷居の低さにもあります。

「これまで200組以上手掛けていますが、ほぼ100%アイデアがない状況で、ご相談にいらっしゃいます。でも、話を伺うと、皆様それぞれにオリジナルの恋愛や体験をしてきて、特別な決意を持って結婚されるわけです。私たちは、その個性を引き出すプロなので、気軽に相談してください!」(crazy wedding広報)

さらに、コストパフォーマンスが高いのもうれしいポイント! オリジナルウェディング=高いというイメージがありますが、それはパッケージウェディングがメインの会社で、オーダーメイドをした場合。crazy weddingは最初から完全オーダーメイドを基本にしているため、通常のパッケージウェディングとほぼ変わらない価格で、ふたりだけのためにプロデュースされた、特別な式を挙げることができるのだとか。

両親や友人も大満足!
涙を流す新郎の姿も・・・

haruna04

hiramatsu24

ふたりの個性を引き出すウェディングは、ゲストの満足度がとても高いのも特徴のひとつ。実際、出席した両親や親族からは「ふたりのことがよくわかって、心から祝福することできた」と好評だそう。また、前述の通り「私もcrazy weddingでお願いしたい」とその場で申し込みをする友人も多いとか。

『出席して感動したから』『知り合いから評判を聞いて』と、口コミで申し込みをいただくカップルの方は本当に多いんですよ」(同)

驚くことに、crazy weddingのプロデュースするウェディングでは、新郎が涙することも珍しくないそう。

「最初はあまり乗り気でないご新郎もいらっしゃるのですが、最後には泣きながら『ありがとうございました』と言ってくださいます。それを聞いた、私たちも泣いてしまいます(笑)」(同)

crazy_attention_b2

※お申し込みいただいた方には、crazy weddingのプロデューサーからご連絡させていただきます。

氏名 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

Sponsored by Crazy Wedding

「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...
上空10,000メートル!航空機の中で結婚式を行ったカップルが話題に!More ABC US news | ABC Health News2014年11月...
一生に一度の結婚式。もし自分でドレスを購入していたら、女性であれば思い出にとっておきたいことだろう。しかし、ホームレス経験があるというDawnettaさん...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
想像していたテイストと違ったんです。ビックリしちゃいました。
今日は、おうちの中でキッター(カッター)遊び!
結婚式は一生に一度の素敵な時間……と思いきや、24カ国で、24回も結婚式を挙げることにしたカップルがいました。いったいどうして? そこにはちょっぴり深い理...
メジャーなワイナリーであろうとなかろうと、魅力的なぶどう畑は、結婚式を挙げるのにはパーフェクトなロケーションだといえるでしょう。単純にワインは素晴らしいで...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
日本では紙一枚で婚姻関係が結べないゲイのカップルが、家族や友人だけでなく、メディアを読んで「人前式」を行いました。ゲイ同士の結婚が、世の中にどんな意味や影...
17年の月日が経とうとしていた2018年9月8日に、コートランド・ストリート駅は営業を再開しました。
60年前に挙げた結婚式、思い出せるような写真が一枚も残っていなかった老夫婦がいました。その後、9人の子ども、16人の孫、そして4人のひ孫に囲まれて幸せな時...
結婚式のフラワーガールといえば、親戚の小さな女の子が定番。でも去る7月1日、アメリカ某所で行われた結婚式では、92歳のフラワーガールが登場しました。
アメリカに今、「地味婚」の流れがある訳ではないでしょうが、お金をかけず自分たちで手づくりするウェディングは、むしろ彼の国の方が歴史は深いはず。ガーデンパー...
動画に登場する花嫁のブルックさん、自身の結婚式で母親からのプレゼントに思わず涙してしまいます。それは、まだブルックさんが小さかった頃に母親が娘への想いを綴...
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
大好きな祖母が、末期の癌を患い、自分の結婚式に出席できるかわからない状況に陥ったBrittanyさん。彼女はフォトグラファーに頼んで、特別に祖母にウェディ...
家族で運営しているクリエイティブスタジオ「Studio 1208」は、3年間で19カ国以上をまたいで結婚式を撮影してきました。ニックは映像を録り、妻マリア...
メキシコに住むEveliaさんとアメリカに住むBrianさんは、現地時間の11月18日、アメリカとメキシコの国境で結婚式を挙げました。2人のために1時間だ...
今年8月にアメリカを襲った超大型ハリケーン「ハービー」。その水害で結婚式のプランを全て台無しにされたカップルがいた。しかし彼らは洪水後のテキサスに代わりの...