WHOが「音楽は1日1時間まで」と警告!世界中の若者に聴覚を失うリスクがあると発表

普段耳にしている音が、どれだけ聴覚に影響しているのか。具体的に考えたことはあるでしょうか?

WHO(世界保健機関)が行った調査から、恐ろしい結果が発表されています。なんと、12歳~35歳の人々のうち、約4,300万人が「音楽」によって聴力を失っているのだとか。

「音楽鑑賞は1日1時間までにするべき」という彼らの警告。ちょっと、厳しすぎはしませんでしょうか・・・。

コンサートを安全に聞けるのは
28秒だけ!?

WHOが発表している「dBあたりの安全な試聴時間」を参考にしてみましょう。音量が大きければ、その分聞ける時間も短くなるようです。

85dB(自動車の車内で聞こえる音):8時間95dB(平均的なバイクの音):47分100dB(自動車のクラクション、地下鉄):15分105dB(MP3プレーヤーの最大音量):4分115dB(ロック・コンサートの大音量):28秒120dB(ブブゼラ、またはサイレン):9秒

コンサートに28秒しかいられない・・・、かなり短い印象。WHOの傷害防止センター責任者であるエティエンス・クリュグ博士はこう語っています。

「戸惑うかも知れませんが、アルコールの消費と同じように、娯楽には多くのリスクが内在しています。完全に絶つことは難しいでしょう。しかし、我々には事実を伝える責任があります」

大きな音を聞く機会が必然的に多くなるナイトクラブやバー、スポーツイベントなどに頻繁に行く人は、より注意が必要だとの指摘。もしも行く場合は、時間を制限するか、耳栓やノイズキャンセリングのヘッドフォンを付けることが推奨されています。

法律での制限も必要?

クリュグ博士は、音による影響は個人の責任であると認識すべきと語る一方で、クラブなどにも音を遮断した休憩室や、無料の耳栓の設置、音量に制限を設けるなどなんらかの対応を要請する必要があると見解を示しているようです。

音楽の楽しみ方はある程度、個人の趣味嗜好や感覚に基づくものでもありますが、お祭りやイベントでは大きな音の方が盛り上がるもの。認識のレベルなどもあり、リスク管理は難しい部分も多いのかもしれません。

 

普段 から、大きな音量で音楽を聴いているという人、少なくないのでは?また、地下鉄の音でさえ15分ほどが推奨されるということを考えてみても、騒音の溢れた都市部で生活している限り、ある程度のダメージは免れなそうな気も・・・。

そして、多くの人が「危険なボリューム」で音楽を聴いていることが事実としてもあるようで、各デバイスの音量は最大音量の60%ほどに留めた方がいいようです。いつも再生している音楽、どれくらいで聞いていますか?

ハム、ベーコン、ソーセージなどを食べ続けることで、大腸ガンのリスクが増す。2015年10月世界保健機関(WHO)が発表した調査結果に、みな一様の驚きがあっ...
WHO(世界保健機関)は、キューバがHIVと梅毒の母子感染を“撲滅した”と発表した。これは世界初の事例となる。具体的には、10万人の出生数に対して、感染者...
1週間に1時間の運動をすることで、うつ病になるリスクは12%も下がるそうです。3万3千人以上のデータから導き出された結果は、「運動強度」にもふれています。...
普通のヘッドホンにも見える「AXY audio」は、耳に当たる部分が独立するようなデザイン。スピーカーとしても使えるようになっています。だから、ひとりで音...
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
SQUEEZE MUSICは、再生中の音楽が放つムードをリアルタイムに分析して、曲の構成や展開によって味がブレンドされるといったユニークなプロダクト。曲の...
聴覚に障害のある人たちに、ある質問をした「Cut」のインタビュー動画がいま注目を集めています。彼らにとって、それはとてもデリケートな問いかけ。「今までされ...
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
耳の聴こえない人はどうやって気になる人をデートに誘ったり、誘われたりするの?耳が聞こえる、手話ができない人との恋愛は?など、普段は聞けない聴覚障害者の恋愛...
「Spiritual as Fuck(めっちゃスピリチュアル)」というメッセージが書かれたヨガマットです。
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
もともとは、ポートランドのNPOが若者支援のために始めた取組み。LGBTやホームレスなど、社会に溶け込んで生活することが難しいと感じる若者たちが、うまくな...
あのマイルス・デイヴィスに「この星で最も重要な音楽家のひとり」と評されたと言われるブラジル音楽界の巨匠が、日本にやってくる。
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
フリーな素敵すぎるパーティのご紹介です。
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
現在、日本には200万人以上の「若年無業者」が存在する若者が仕事を失いやすく、誰もが無業(無職)になる可能性がある。そして、若者が働けないのは、個人に問題...
世界保健機構(WHO)は、エボラ出血熱への感染をたった15分でチェックできる新しい簡易検査キットを認可したと発表した。開発はアメリカの企業「Corgeni...
10月22日(日)から、東京・渋谷で実に1ヵ月にわたって「RED BULL MUSIC FESTIVAL 2017」が開催される。まだその全貌は明らかにさ...
ジャマイカ発祥の「レゲエ音楽」が登録されました。ユネスコは、ボブ・マーリーやジミー・クリフに代表されるピースフルな音楽が、多くのアーティストにインスピレー...
「サイマティクス(Cymatics)」という学問をもとにつくられたそう。
ついに、こんなものまで…。お洒落なキャットハウスや猫のためのワインなど、猫のための贅沢アイテムが次々と出てきますが、今回はなんと「猫のための音楽」が完成し...
スピーカーの前でずっと踊っていた。振動が全身に伝わる感覚が好きだ。そんな人にうってつけのアイテム。腕に巻くサブウーファーだ。振動が体に響くだけだから音漏れ...