「1万円台」でビジネス使いもOK!イタリアの国民的バッグブランドの新作に注目

自転車通勤の方は言うに及ばず、最近ではバックパックをビジネスで使用する人も増えてきている。

とはいえ、実際にはシーンを選ばず使えるブツが結構少ないのもまた事実。定番のアウトドアブランドのものは、機能性はあっても、外観がカジュアル過ぎるし、ハイブランドのものはタフさに欠けるきらいもある。

いずれにせよ、結構お値段が張るのも頭の痛いところ。日常使いのバックパックに数万円も、なかなか出せるもんじゃない・・・。

そんなバックパック難民(?)たちに、是非オススメしたいのが、コチラの逸品!

invicta_006

『invicta』というブランドの「インスタンテ」というモデルだ。まだまだ日本での知名度は高くないものの、イタリアでは「一家にひとつ」と言われるほどの人気ブランド。

invicta_007

このカラフルなバッグは、イタリアのお洒落な学生たちの定番となっているモデル。もちろん、こちらも日本でも購入可能だ。

話を「インスタンテ」に戻すと、その洒落心はそのままに、よりシックな大人のバックパックに仕上がっているのが特徴。

その上で価格は¥17,280(税込み)と、2万円アンダー!

細部に目を向けてみると・・・。

ビジネスカジュアル使いに最適!
黒をベースにしたカモフラ柄

invicta_003

現在は、シティユースがメインだが、もともと『invicta』はアウトドアブランドとしてスタートしている。
カモフラ柄も、ブラックがベースならビジネスカジュアルとしても使用できる。

全体が開くタイプで、
書類の出し入れもスムーズ!

invicta_005

全体が開くタイプなので、書類の出し入れもスムーズにできるのも◎。また、ファスナーはウレタンコーティングファスナーを使用するなど、ディテールでのこだわりにも注目したい。

背面のクッションなど、
「背負いやすさ」も魅力!

invicta_004

背面のクッション性もしっかりと。このあたりの作りは、機能性を重視するブランドの背景が見て取れる。

ナント、3名様にプレゼント!

日本でもこの春夏でさらに注目の集まる『invicta』。街で見かける回数も増えそうだけど、まずはこの記事で紹介したモデル「インスタンテ」を3名様にプレゼント!

btn_invicta_150331

boshustop

Sponsored by invicta

Hana Everydayがデザインしたバッグ、その名も「Daddy Bag」を紹介。父親が使うことを考えたバックパックに仕上がっています。
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
ありそうでなかったバックパックの登場です。
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...
カラフルなアフリカンプリントをあしらった「RICCI EVERYDAY」のバッグや小物は、Nsubrua(水の波紋)をあしらっていて、街の雑多感の中でも、...
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
〈SUBLiME(サブライム)〉の「POCKETABLE WRAP BAG(ポケッタブル ラップ バッグ)」は斜めがけ、肩掛け、ウエストバッグの3WAYで...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
この「FUKUNARY feat.MIKASA」は、広島に拠点を置くファクトリーブランド「fukunary」と、主にゴム製品を製造する化学メーカー「MIK...
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
チョイスは「バックパック」一択。街中を歩いていても、男女問わず、そんな人が増えている印象を受けます。きっと、比較的治安が良いとされる日本の事情もあるでしょ...
専用の背面パッドを併用することで、ノートPCやドキュメントホルダーまでも収納できるようになった。こうなってくると、ちょっとそこまで用じゃない。通勤でも、(...
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
トラックの幌を再利用してつくる、スタイリッシュなメッセンジャーバッグで日本でもおなじみの「FREITAG(フライターグ)」。そのトラベルバッグを無料貸し出...
開発を手がけたイタリア企業「Banale」の社員は、いま購入できるネックピローのほとんどに満足感を得られず、他のシーンでも使えるようにと、このトラベルグッ...