※応募終了 穿かなくなったデニムが大変身!リーバイス®のリメイクバッグがオシャレすぎる!【プレゼント有り】

デニムの魅力と言えば、やっぱり穿き込んだ風合いですよね。今、そのデニムならではの色落ち感や雰囲気を楽しむ方法として、古着のデニム生地を使ったリメイクアイテムが大人気! なかでも注目は、リーバイス®によるバッグ。 これ、ファッションブランドのリーバイス®が、いろんな意味で本気で作っています。

※イメージとは異なる場合がございます。

考えてみれば、デニム生地はとっても丈夫なので、バッグにするには最適。リメイクだからこそ、最初から“こなれた”感じが出ているのも、愛着が持てそう。

バッグの裏側に隠された
メッセージとは?

でも、ジーンズを作っているメーカーが、わざわざリメイクのアイテムをリリースするのって、ちょっと不思議ですよね? じつは、このバッグにはリーバイス®の地球環境に対する想いが隠されているんです。

じつはジーンズというのは、その製造過程や洗濯などで大量の水を必要としています。リーバイス®の調査によると、ジーンズ1本がそのライフタイムのなかで、必要とする水は約3,800ℓ。一方世界には、その日の飲み水にも困る子どもたちがいます。
そんな貴重な水資源の大切さを訴えようと同社が展開しているのが、「LEVI'S® FOREVER BLUE.」というプロジェクトです。 穿かなくなったジーンズをリーバイス®ストアへの店舗持ち込み、あるいは郵送で回収受付。その生地を使って、デニムバッグを作り、販売で得た収益のすべてを水問題へ取り組む国際NGO「WaterAid」へ寄付しているのです。 ちなみに、持ち込めるジーンズは、別のブランドのものでもOK。回収に協力した人は、次回の買い物で使用できる15%OFFのクーポンがもらえるという仕組みです。

また、この活動のポイントは「役目を終えたデニム生地をリサイクルする」というところ。もともとデニム生地は丈夫で、長く使えるもの。大切に長く使って欲しいという、ジーンズを発明したブランドならではの想いが込められているんです。

リメイクバッグを
プレゼント!

ここでは水問題への理解と「LEVI'S® FOREVER BLUE」の活動を少しでも多くの人に知ってもらうため、リーバイス®によるリメイクデニムバッグを15名様にプレゼントします。

boshustop

Sponsored by リーバイス®

他の記事を見る
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
みなさんが普段はいているジーンズ。それに使われているデニムが他の生地と大きく違うのは「色落ちすること」にある。はき続けているうちに、擦れ、色褪せ、自分だけ...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
大量に廃棄されている衣料品をリサイクルする目的もあり、デニムでつくったサングラスが開発されました。環境問題に関心のあるデザイナー2名が、クラウドファンディ...
おかゆカルチャーを発信する池尻大橋にオープンしたカスタムお粥専門店CAYUZO〒153-0044 東京都目黒区大橋2丁目22-3https://cayuz...
身近にあるものを使って色を紹介するインスタ「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
北欧を中心に洋服を販売しているウェブサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
ブラスト、シェービング、ケミカル、ヒゲ、加工方法や色落ちの違いで幾重にも表情を変えるのがデニムジーンズの魅力。そのデニムを画材に使って、唯一無二のアートワ...
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
世界自然保護基金<WWF>が打ち出した新しいコレクションは、全面に工事現場や、自然を破壊する情景の写真が使われている。環境を守りたいと思うからこそ、生み出...
地球が誕生し、多くの生命が産声をあげ進化する鍵となった「水」。そもそもが神秘性の塊であるけれど、そこに現代の最先端テクノロジーがかけ合わさることで、地球に...
アニマルプリント柄をおしゃれに取り入れるのって、結構難しいもの。どうしても雰囲気が甘くなりがちだったり、チープな印象がつきまとう。こうしたイメージを払拭す...
壊れてしまったモノに、美しさという付加価値をつけて、新たな命を吹き込む「金継ぎ」。アーティストTatiane Freitasさんが手がけた作品は、日本文化...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
いまや世界中でファッションアイテムとして愛用されているジーンズ。そのルーツが、19世紀後半にアメリカで誕生した労働者向けのワークウェアであったことはよく知...
ファストファッションブランドの台頭により、劇的に変化したファッション業界。一方で、その生産現場の悲惨な労働環境も問題視されている。大量生産・大量消費の裏側...
アーティストLibby Oliverさんは、複数の人に持っているすべての洋服を身にまとってもらい、シャッターを切りました。
車イス生活を送る男性のためのファッションブランド「Rock The Wheel」。彼らの目的は、オシャレができて、機能性も兼ね備えた洋服を届けることです。
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
カラフルなアフリカンプリントをあしらった「RICCI EVERYDAY」のバッグや小物は、Nsubrua(水の波紋)をあしらっていて、街の雑多感の中でも、...