3000円以下でパーティーが盛り上がる!CHANDON・夏季限定ボトル「5つの魅力」

週末、友人の家に招かれたり、屋外でBBQが開かれたりと、何かとパーティーに呼ばれる回数も増えるこのシーズン。手土産だったら何がいいかしら…? と悩むところですが、こんなスパークリングワインならハズレなしです。

shutterstock_165808862

味よし、値段よし、見た目よしと三拍子揃ってます!

01.
目にした瞬間、
ボトルのデザインに
クギ付け!

chandon_summer2015_03

この「シャンドン ブリュット サマーボトル」は、夏の海を彷彿とさせる、なんとも爽やかな青と白のストライプのボトルデザインが印象的!
いわゆる普通のワインボトルよりも、スペシャル感がアリアリ。パーティーのお土産として差し出した瞬間、みんなの目もクギ付けに!? テーブルに置いてもすごく様になりますよね。「今だけの夏限定ボトルだよ」って、堂々と自慢しちゃいましょう!

02.
パーティーフードとも好相性!
フルーツ入りの
カクテルにしても◎

iStock_000063015955_Medium

パーティーがスタートしたら、まずはキリッと冷やした「シャンドン ブリュット サマーボトル」で乾杯! フレッシュで繊細な味わいはパーティーフードとの相性も抜群です。
もちろん、ライムやラズベリーなど、フルーツを入れた涼しげなカクテルなんかにも◎。シャンドン自体に果実味があるから、フルーツともよく合うんです。
夏の乾いたノドをすっきりと潤してくれるなんともニクいヤツ。グラスを片手に、気の置けない仲間とはもちろん、知らない人同士が会話を交わすきっかけにもなりそうですよ。

03.
3,000円以下で
この充実感はなかなか
お目にかかれない!?

shutterstock_295707680

スパークリングワインといったら、そのお値段も気になるところ。パーティーに持っていくとはいえ、高級シャンパンは手が出ないし、コンビニワインじゃちょっと味気ない…。
でも、「シャンドン ブリュット サマーボトル」なら、ブドウの品種、製法も正統派でありながら、パーティーの手土産としてちょうどいいラインの2,800円(税抜き)。と、価格もこなれています。750mlとみんなで飲めるサイズ感もいいですね。ちょいと贅沢して家飲みにも使えそうです。
ワイン通も納得の味わいかつキュートなパッケージでこの価格。これほどの安定感ってほかじゃちょっと見当たらない!?

04.
えっ!シャンドンが
オーストラリア産!?

Chandon-15_HR copy

モエ・エ・シャンドンの産地といえば、フランス・シャンパーニュ地方。一方、「シャンドン ブリュット サマーボトル」はmade inオーストラリア。最も冷涼な気候で知られるワインの銘醸地ヴィクトリア州ヤラ・ヴァレーがその故郷です。
「ん?名前が似てるだけ!?」と思ったら大間違い。「シャンドン」ブランドは、モエ・エ・シャンドン社がオーストラリアに設立した直営ワイナリーで作っているワイン。だから、この価格でプレミアムなスパークワインが飲めるんですね。
さあ、その上質で繊細な飲み心地をぜひ体感してみましょう!

05.
見た目もさることながら
味はしっかり本格派

shutterstock_148456220_flutes

ここまで「シャンドン ブリュット サマーボトル」がパーティーシーンにぴったりな理由を挙げてきましたが、ボトルのインパクトに押されて、肝心の味はどうなの?と感じているのでは。
前述の通り、モエ・エ・シャンドンが運営するワイナリーで、熟練した醸造技術をきちんと踏襲してつくられています。だから、味もしっかり本格派。と、このくらいの豆知識があれば、パーティートークで使えそう!?

「シャンドン ブリュット サマーボトル」なら、パーティーやカジュアルなイベントなど、様々なシーンで活躍してくれそうです。恋人や友達へのギフトにもぴったりですね。

さあ、夏が終わらないうちに、この サマーボトルを飲んで、テンションを上げちゃいましょう!

もっと詳しい情報はこちらのFacebookページへ!

moebtn_03
全国の主要小売店にて販売中 。
取り扱いについては、各店舗へ。
MHD モエ ヘネシー ディアジオ お問合せ先/03-5217-9733

Sponsored by MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社

他の記事を見る
ハジける気分で乾杯!だけでなく、いろいろな用途で愉しめるスパークリングワイン「シャンドン パッション」。情熱の国・ブラジル生まれの1本は、実は懐深さもある...
2018年のMLBワールドシリーズも佳境。優勝あとの恒例行事「シャンパンファイト」についてです。
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
「Vaev」という企業は、使用済みティッシュを販売しています。効果があるのかどうかは分かりません。オススメなんて絶対にしません。だけど、真面目にビジネスを...
花粉症の季節のヨーグルト図鑑。60秒で読めるヨーグル・レコメンド付き!
大阪のソウルフード「たこ焼き」に合わせるスパークリングワインがある。それが「たこシャン」だ。たこ焼き+シャンパン。これ、通称ではなく正式な商品名。いかにも...
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
“ホームパーティで気兼ねなく1本スグ空けちゃえ!”系 ワイン。大人数でワイワイと楽しむのが正解。お値段は1,000円台前半。
シャンパンとマシュマロを使った大人スイーツです。春色がとってもステキですよ。
世界最高と言われたコーヒーが浅草でノルウェー発の「フグレン」日本2号店Fuglen Asakusa〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目6-15htt...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
パーティーのちょっとしたサプライズに使える「Pizza Box Socks(ピザ・ボックス・ソックス)」。箱を開けると、ピザの具材がプリントされた靴下が入...
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
メキシコ・オアハカで、12月29日から1月3日にかけて開催される「Restival」の紹介です。
世界的なコンペティションで「世界最高」と評された「キュロ ナプエ フィンランド ジン」。フィンランド・ジンの流行のきっかけにもなったライ麦100%で造られ...
東京・杉並区の天然温泉特集です。ここは西荻窪や高円寺など、中央線沿いのサブカルタウンがあって、まち歩きが楽しいエリア。今回は、「なごみの湯」「高井戸天然温...
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
スパークリングワイン、チリの「サン・ホセ・デ・アパルタ・ブラン・ド・ブラン・ブリュット」。お値段は1,598円〜ですが、シャンパンと同じ製法の瓶内2次発酵...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
「デレデレ」ってくらい甘さが漂う「カリントン・グレース スパークリング シラーズ NV」。1849年創業の老舗ワイナリーが造るハイコスパな1本は1,000...
このLEDネオンライト。80年代のレトロな雰囲気も演出できるし、かわいくて手頃です。送料込みのアンダー1万円で手に入っちゃう。スモールサーズもあるから、プ...
ワインって一度栓を開けると、すぐに酸化してしまいますよね。パーティーの時などに、たくさんのワインを開けたはいいものの、中途半端に余ってしまう…なんて経験を...
知っている人にとっては常識。ですが、知らない人にとっては、まさに「今さら聞けない…」のが、ここで話題にするシャンパン、スパークリングワインの違い。あらため...