【karrimor】山への衝動を駆り立てる、アンナプルナ周遊の記録

写真を見て感動した場所へ、実際に足を運ぶ。交通網の発達した現代では、難しいことではない。しかし、雑誌『terminal』に掲載された風景を体験できる人は限られている。

「アンナプルナ」地上で最も高い場所――ヒマラヤ山脈の中央、東西約50kmにわたる山群。サンスクリット語で「豊穣の女神」の意。

ここを歩き、登るには、体力・知力・経験・勇気といった能力に加えて、シリアスな環境に耐えうるウェアや装備も必須となってくる。

『terminal』による写真の裏側には、それらをすべて兼ね備えた二者が介在している。

アルピニズム発祥の国イギリスで生まれ「その精神そのもの」とまで評される「karrimor」。ファンクショナルな部分はもちろん、フィロソフィーまでを登山家と共有する希有なアウトドアブランドだ。

一方の写真家の谷口京氏は、雑誌や広告、CDジャケットを手掛けるだけでなく、アフガン復興支援にも関わるなど、ワールドワイドな活動で知られる。

両者が誘う、嶺の向こう側。

これはただの絶景写真ではなく、壮大な自然のドキュメントである。

karrimor_kiji_32

タルプチュリ(5697m)の北西稜。別名テントピークと呼ばれ、ヒマラヤ登山の登竜門として知られる。

karrimor_kiji_32

アンナプルナ北嶺の難所メソカント峠(5400m)よりダウラギリ(8167m)を望む。サンスクリット語で「白い嶺」と呼ばれるこの山もまた、多くの登山家を拒んできた。

karrimor_kiji_32

タルプチュリ頂上直下。標高こそ高くはないものの(あくまで周囲に比べて、だ)、ダイナミックな登山がこの山の魅力。

karrimor_kiji_32

標高4750m付近の夜明け。冷えた身体に力を与えてくれる太陽の存在感が際立った写真だ。

karrimor_kiji_32

タルプチュリ北稜から足元を写した一枚。嶺を越えた後、山は下りる時のほうがリスクが大きい。

karrimor_kiji_32

アンナプルナ南麓の農村風景。下界からは隔絶された山岳民族が暮らす風景。氷雪の世界を越えてたどり着いた登山家の目には、それが辺境の地ではなく、心を癒す温かな緑豊かな地に写る。

karrimor_kiji_32

アンナプルナ山塊北東のヒマラヤ最深部、チベット国境痴態にあるプーガオン村。長く外国人の立ち入りが制限され「禁断の村」では伝統的な生活が今も続く。写真は村に薪を届ける男性。手にしているのは糸車だ。

karrimor_kiji_32

ナーと呼ばれる村。月の出の瞬間。その日最後の光に嶺を染めているのは、カンガル・ヒマール(6981m)。

karrimor_kiji_32

タルプチュリのベースキャンプにて。背負っているのは「karrimor」のjaguar60+10。縦走登山も想定したバックパックは、身体にフィットするオリジナルシステムを搭載している。

 

k a r r i m o r             2 0 1 4 s p r i n g   &   s u m m e r

嶺 の 向 こ う 側 へ         -          beyond the summit

 

Sponsored by karrimor

8月11日、山の日。これから山へ登りにいく人も多いかと思います。そこで、ラグビー登山家として活動する私ならでは、登山におけるアドバイスをさせてください。ネ...
山に詳しいわけではないけれど、感動した!と話題になった山岳ヒューマン・ドキュメンタリー映画『MERU/メルー』。ここ日本でも、大晦日から全国ロードショーが...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
いまやコーヒースタイルの定番になりつつある「コールドブリュー」。じっくり時間をかけて抽出するわけですが、これをもっと美味しく飲む方法がありました。
ご存知の通り、大自然のなか、とくに山のなかで過ごすことには、たくさんのメリットがあると言われています。寛容さが増し、とても穏やかな気持ちになれるそうです。...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
北海道から沖縄まで47都道府県を写真で繋ぐ日本地図。全国津々浦々にある風景や情緒を海外の人に感じてもらい、よく知ってもらおう。経産省によって公開されたwe...
冒険家でも、登山のエキスパートでもない。フツーの男のエベレスト日記動画。
「筑波山」は、秋葉原からつくばエクスプレスで約45分の茨城県つくば市にあります。ここは年間を通して山登りができる、日本の百名山のひとつ。ケーブルカーやロー...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
NHK大河ドラマ『平清盛』やJR東日本『JR SKISKI』などの広告写真から雑誌撮影まで、幅広く活躍する写真家、鈴木心。彼は、写真の楽しさを多くの人に知...
明日は山の日だからこそ、この「TREK TRACK」というデバイスについて知ってもらいたい。
イタリア人フォトグラファーのRoberto Berteroさんは、自らの足でアルプス山脈を登り続け、絶景写真を撮りつづけている。その高さ、約3,000〜4...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
登山家・栗城史多さんは、自身の登山を生中継することで知られている。その根底にあるのは「冒険の共有」。栗城さんは自分がチャレンジするだけでなく、その姿を見た...
世界中に隠れた美しさを求めScarlett Hooft Graaflandは、旅をしながら絶景を撮影し続けている。彼女の写真は一切加工はしていないのだけど...
お茶は精神世界とつながっている。よくこんな表現がされますが、お茶を飲むことが私たちの創造力に磨きをかけてくれるという研究結果が出たようです。Valerio...
答えは、都会のカラスの巣。新進気鋭のネイチャーフォトグラファーである柏倉陽介氏が撮影したものだ。
時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真...
僕は今、世界でたった1人の「ラグビー登山家」として活動している。しかし、つい数ヶ月前までは「システムエンジニア」という、日本に数十万人いるであろう肩書きを...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
ブリュッセル在住のEric Lafforgueが撮影したのは、何かと謎の多い“北朝鮮の日常”。彼が捉えるのは、日々の何気ない光景のように思います。しかし、...