暮らしに「余白」を生みだす、クラウド収納「minikura MONO」って!?

アルバムや卒業文集、子どもが育ったあとのベビー用品、趣味で集めた本やCD、フィギュア、シーズンオフの洋服や靴……今すぐ使うワケではないものや、どうしても捨てられないものって、けっこうあると思いませんか?また、自宅のクローゼットはキャパシティオーバー、整理しないとこれ以上は収納できないという状況に悩んでいる人も多いのではないかと思います。自宅にスペースがないと、暮らしに余裕が生まれません。それは分かっているけれど、思い切って断捨離することもできず現状に目をつぶっている……。

そんな人にぜひ利用を考えてもらいたいのが、寺田倉庫が提供しているクラウド収納『minikura MONO』というサービス。そのユニークなサービスが最近注目を集めています。一体どのようなサービスなのか、どのように利用するのか、これから詳しく見て行きましょう。

段ボールに詰めて送るだけ
1箱250円/月

『minikura MONO』の大きな特徴は、荷物を段ボール箱に詰めて預けるというスタイルです。サービスの利用をはじめるのに、面倒な下見や見学をする必要は一切ありません。まず、『minikura』の公式サイトで会員登録を済ませたら専用の段ボール箱を購入しましょう。段ボールは1箱250円、用途に合わせていくつかのサイズの中から選べます。例えば、ぬいぐるみやクリスマスのオーナメントなら「レギュラーボックス」、衣替えには「アパレルボックス」、本には「ブックボックス」といった具合。早ければ翌日に段ボール箱が届くので、あとは詰めたいものを詰め込んで(1箱30点まで)、WEBで集荷を申し込み、荷物を引き取ってもらうだけ。以上、はじめ方はとっても簡単なんです。しかも送料が無料なのも嬉しいポイント。

倉庫のプロによる
パーフェクトな保管環境

『minikura MONO』を運営しているのは、倉庫業60年以上のプロフェッショナル、寺田倉庫です。会社として美術品や貴重品の保管事業や音楽、映像など記録メディアの保管事業も手がけていますから、荷物の保管環境についてはまさにパーフェクトの一言。温度・湿度のコントロールを24時間365日(1日2回チェック)実施し、カビが発生しにくい環境を保ってくれるのです。これなら、思い出が詰まったアルバムや卒業文集といったプライスレスな大切なモノも安心して預けられますね。ちなみに、サービスの利用を開始した月は保管料無料です。

預けた荷物は
スマホでいつでも取り出せる
1年以上預けると……

160223_minikura_lp_005 『minikura MONO』は預けた後の利便性が高いのも好評を博している理由です。預けた荷物はWEBのマイページ上から必要になったときにいつでも自由に取り出せます。もちろん、スマホからも操作可能なので、思い立ったらいつでも荷物の取り出しを指定できます。また、箱ごと荷物を取り出した時の送料について、保管期間が1年未満だと全国一律800円の送料がかかりますが、1年以上預けている場合はなんと無料。つまり、1年以上預ければランニングコストは月額の保管料だけとなるのです。

アイテム1点ごとに出し入れ、
メンテナンスができる!

160223_minikura_lp_009『minikura MONO』の一番ユニークなところが、預けた荷物を1点1点撮影してリスト化してくれるところ。そして、PCやスマホの画面上で預けた物が「ビジュアル」で確認できるのです。これなら何を預けたのかが一目瞭然、忘れることもないですよね。 それだけではありません。『minikura MONO』は、荷物の取り出しが箱ごとではなく「アイテム1点ごと」に可能なんです。 さらに、洋服ならクリーニング、アルバムやフィルムならデータ化など、別途料金はかかるものの、オプションサービスが充実しており、「預けて管理する」という行為そのものを楽しめてしまいそう。自宅以外に保管場所を求めているコレクターにはピッタリかも知れませんね。

アイテムに一度も触れずに
ヤフオク!で取引完了できる!

160223_minikura_lp_007 極めつけは、『minikura MONO』に預けている荷物はそのままヤフオク!に出品できるということ。いったん手元に引き取る必要はありません。預けたアイテムの中から出品したいものをマイページで指定するだけ、ものの数分で出品が完了してしまうのです。発送先をマイページで指定すれば『minikura』から直接落札者の元へ届けてくれます。つまり、出品から発送まで、あなたは指一本アイテムに触れずに取引を完了させることができます。 オプションの『minikura MONO VIEW』を利用すれば「アイテムの360°撮影」や「アイテムの採寸」で出品のクオリティを高めてくれる徹底ぶり。『minikura MONO』が出品者としての評価も高めてくれそうです。ちなみにヤフープレミアム会員なら出品手数料は無料。これは利用しない手はありませんね。

暮らしに「余白」を作れば
心にもスペースができる

「預ける」という行為をまったく新しい体験として提供している『minikura MONO』で、暮らしに「余白」を作ってみる。すると心にも広いスペースが生まれ、新しい発想や、新しい考え方、新しい出会いなど、さまざまな「新しいこと」があなたの中に入ってくるかも知れません。まずは1箱から、試してみる価値はありそうですよ!

Sponsored by 寺田倉庫株式会社

新型コロナウイルスの影響で苦しむレストランを救うべく、シェフと参加者が双方向でコミュニケーションしながら料理を作るサービス「いえつなキッチン」が始動。
2020年8月29日から12月6日にかけて、東京・品川の寺田倉庫G1ビルで「BANKSY展(仮称)」が開催。
クラウドファンディングサイトで話題となったペン型マルチツールの「mininch」。ペンに加えてプラス、マイナス、スクエアといったドライバービットを収納。男...
ピンときたのはSFファンだけでしょうか?これは結構衝撃的なニュースです!Googleが2012年に申請したある特許が、今年3月31日に受理されたようですが...
イタリアのデザイナーによる指輪「Teti」が「kickstarter」に登場。指輪のうえに、NY、ロンドン、ローマの街並みが再現されており、お気に入りの街...
巷ではコストコのアンモボックス(弾丸箱)も収納グッズとして人気のようですが、シャビーでミリタリーな雰囲気を部屋にプラスするならこっちでしょう。
タクシーサービスを運営している「三和交通」が、クラウドファンディングサイト『Makuake』にて資金調達をしている、オモシロいプロジェクトの紹介です。
芸術作品に没入できる日本初のミュージアム「immersive Museum」が登場。映像と音響効果で空間全体を彩り、鑑賞者を作品世界に誘う、新体験のアート施設。
棚に隙間なく収納しようとすると、他人に見せられないくらい汚くなるし、かといってキレイに並べても隙間ができてたくさん収納できない。でも、もし中身の量に合わせ...
クラウドファンディングサービス「GREEN FUNDING」にて、ペーパースツール&カフェテーブル「十八紙(とわがみ)」の先行販売がスタート。
5月28日、「Airbnb(エアビーアンドビー)」が4月9日から提供している「オンライン体験」に「一流の料理人に学ぶオンラインクッキング体験」を追加するこ...
折りたためるのは便利だけど、友人を自宅に招いた時に、折りたたまれたベッドが部屋の片隅に鎮座していたら、なんだか恥ずかしい。たたんだ状態でも別の家具として役...
クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で約3000万円の支援金を集めたコーヒーテーブル、それが「Coosno」。冷蔵庫としても使えるのが最大の...
「このキャビネットには、ある『仕掛け』が隠されています。それは一体なんでしょうか?」
「今の生活に満足できない」「いつも気持ちがもやもやしている」という方、モノにあふれた生活を送っていませんか?ミニマリズム(モノを極力持たない暮らし方)を紹...
最初に断っておくと、このハンガーは収納用として考えられていて、そっちで使っても優秀だ。僕が勝手に洗濯用に使っているだけ。だけど、本当にいい。
プロテインブランド「マッスルフィット」シリーズに「森永ラムネ」とコラボした粉末プロテイン「マッスルフィットプロテイン森永ラムネ味」が登場。
天然由来成分100%のホワイトニングハミガキ「Davids」より新フレーバーが登場。優しい清涼感の「スペアミント」と、すっきりとした甘さを実現した「ハーバ...
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
4月23日までクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をおこなっていて、世界各国に5月から順次発送予定のアイテム「Hygiene...
クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」で資金調達をしていた「GoPorTable」。これ、スピーカーとしてもワイヤレス充電器としても使えるテー...
磁気を使ってキレイにクローゼットを整理整頓する、画期的な収納アイテムが「Kickstarter」に登場。クローゼットを整然と保つことが苦手な人には、まさに...
ケーブル類、バッテリー、ポケットWi-Fi、ステーショナリーにケアグッズなどなど。およそ日常で持ち歩きたいものは、すべてこの「THE POWER PACK...
クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金調達にチャレンジしている「Green Disc」は、自転車のチェーンにオイルを注すためのアイテム。