ピーナッツアレルギーを回避する方法は、1歳未満のうちに食べさせておくこと(研究結果)

卵、牛乳、そば、大豆、これらの食べ物に共通することといえば、食物アレルギーが出やすいという事実。もちろん、野菜やお肉でアレルギーを発症する人もいるため、一概には言えませんが、ここにもうひとつ、近年子どもの食物アレルギーが増えていると言われているのがピーナッツ(落花生)です。

このピーナッツアレルギーに関する新たな研究が、消費利率が日本より何倍も多いイギリスとアメリカで実施されました。注目の研究結果を紹介します。

アレルギー対策が、
早くから慣れさせること?

日本アレルギー学会の報告によると、現在ピーナッツアレルギーは先進国の1%〜3%の子どもたちに認められ、世界的にも症状を抱える乳幼児が増加傾向にあるそうです。とくにアメリカは2000年代に入り、有症率がおよそ3倍に。ピーナッツバターをはじめ、料理やお菓子として頻繁に用いる同国としては、無視できない問題でのようです。そして、それは日本とて同じこと。

ピーナッツは、そばアレルギーと並びアナフィラキシーショックを引き起こすなど、重篤な症状を引き起こす可能性があることからも、注意が必要な食物として、加工食品中においてアレルギー表示が義務付けられています。

こうしたなか、最新の研究においてアレルギー発症を防ぐ可能性を見出したのがここで紹介する発見。生命を脅かす危険から身を守るには、幼児期に早い段階でピーナッツを摂取させることが大切なのだとか。医学雑誌『The New England Journal of Medicine』に発表された2015年の研究を紹介します。

1歳未満のうちから摂取で
発症リスクが80%減

研究者らは、生後11ヶ月以前の赤ちゃんの離乳食に少量のピーナッツバターを定期的に与えました。すると、5歳時点のアレルギー発症リスクが80%以上も減ったことがわかりました。被験者となった子どもたちへのテストは今も進行中。ただ、すでに彼らはピーナッツを定期摂取していないにも関わらず、アレルギーにかかっていないことも実証されています。

さらに、生後12ヶ月以上経った後に同様の実験を行なった場合においても、まったく摂取していない子どもと比較して、アレルギー発症率が約74%減少しました。

食べさせなければ
耐性が身に備わらない?

小児アレルギーの権威で、キングス・カレッジ・ロンドンの筆頭研究者Gideon Lack教授は、研究結果を受けて「BBC」の取材に対し、以下のようにコメントしています。

「幼児の大部分がアレルギー発症のリスクを免れ、それが長期間持続できることを立証できたと思います。食品アレルギーの恐怖は、リスクを避けようとするあまり、その食物を日常の食卓から遠ざけてしまうことにあるのかもしれません。結果として子どもたちは、特定の食物に対する耐性や抵抗力を身につけられくなる。それも原因のひとつでしょう」。

「乳児のうちに摂取」が
学会のコンセンサス

さて、この研究結果が必ずしもすべてではないでしょうが、この結果を受けて、日本アレルギー学会を含む世界の10の学会によるコンセンサスステートメントでも、早期摂取を推奨。乳児の離乳時期において、“遅く”ではなく、むしろなるべく“早く”ピーナッツをとっておくほうがベター。この認識が徐々に一般化してきているのだそうです。

ただし、今回の研究で早期摂取による予防効果を得られたのは、ピーナッツアレルギーを発症していない乳児に限られていたことだけは、留意しておく必要がありそうです。

渋谷の鍋料理店「ゆるり屋」では、発酵食品を使った人気鍋に皮付きピーナッツを合わせた健康効果が高い鍋を考案。ピーナッツは、オレイン酸や食物繊維が豊富に含まれ...
カリブ海に浮かぶ小国ハイチ。フランス領だったこの土地は、食の影響も多分に受けているようですが、この味だけはローカル(クレオール料理)かも。
イスラエルのスタートアップが開発をすすめる「Allerguard」は、料理にかざすだけでアレルギー源を検知する画期的なデバイス。
「スケートと落花生へのアプローチは一緒」? 九十九里のスケーターたちが始めた『HAPPY NUTS DAY』に迫る。
富士五湖のひとつ山中湖畔の高台にある「ホテルマウント富士」は、毎年恒例の企画「富士山が見えなかったら、無料宿泊券をプレゼント」の実施を発表した。
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
蓋を開けた瞬間に広がる香りは、上質な素材と焙煎したての証拠。「HAPPY NUTS DAY」は、いま話題の千葉県九十九里発ピーナッツブランドです。こちらは...
喘息(ぜんそく)が完治できるかもしれない。「サウサンプトン大学」の最新の研究調査で喘息の根本的な原因とみられる遺伝子が発見されたからだ。これまでの吸入ステ...
犬を飼っている人は長生きをするという結果が、スウェーデンの研究によって明らかになりました。愛犬家であり、ライターでもあるCaralynn Lippoさんが...
がん予防として、効果が期待されるもののひとつに「セックスをする」が加わるかもしれない?これは男性に限った話のようですが、ハーバード大学が研究結果を発表。頻...
スマートフォンを充電しながら99%UV除菌できる「Smart Cleaner」。
九十九里の上質な落花生と甜菜糖と塩、本当にそれだけの材料で作ったピーナッツバター、「HAPPY NUTS DAY」。このサイズなら持ち歩けます。
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
旅行での楽しみの1つといえば食事。しかし、もし食物アレルギーを持っていたらどうだろう。料理に入っている食材をチェックしなきゃいけなかったりして、安心できな...
このキャンディを食べると虫歯予防になるといいます。
イギリスの大学が長く寝た方がウエストのサイズが細くなるという研究結果を発表しました。これまでも睡眠の重要性は語られてきたことですが、さらに注目したいところです。
「University College London」の研究によると、数ヵ月に一度のペースで芸術鑑賞をする人はそうでない人と比べて31%も死亡リスクが低い...
「オーディーエス」は、スマートフォンで再生した好きな音楽に、入眠時の脳波と同じ周波数の信号を加えるRBS技術を搭載した、快適な睡眠をサポートしてくれるデバ...
この時期、居酒屋のお通しで出ることもある「生落花生の塩茹で」。落花生(ピーナッツ)と聞けば乾いているイメージだけれど、新鮮な生のものを殻ごと塩で茹でると、...
2015年10月26日、南米・ウルグアイからフランスへと向かう飛行機の中で、17歳のフランス人少女が重篤なアレルギー発作を起こした。乗り合わせていた2名の...
カレーといえばインドを連想するように、シチューもヨーロッパの国々をイメージするかもしれません。煮込んだソースをパンやお米とともに食べるスタイルが各地にあり...
飲み過ぎると胃に悪い・身体に悪いと言われることも少なくないコーヒーに皮膚ガンを予防できるかも知れない可能性があるという研究結果が明らかになった。アメリカで...
日焼け止めを塗らなくて良いワケではありませんが、夜食を控えることは肌のシミを予防する1つの方法なのかもしれません。ここでは、その実験結果を紹介します。
磁場に入ると「悦び」を感じるーー。そんな実験結果が「Nature」誌に掲載され話題になっています。実験を行なったのは、バージニア大学の研究チーム。磁力を使...