こんな身近なモノが「おみやげ」に?海外へ持っていくと喜ばれるもの10選

外国人への「おみやげ」を選ぶのって、難しいですよね。「なんとか目新しいモノを・・・」と悩んでいるなら、いっそのこと「身近なモノ」に注目してみては?私たちにとっては何の変哲もないモノでも、それらは外国人にとってめちゃくちゃ珍しくて、もらったら最高に嬉しい「おみやげ」になる可能性があるから。

ここでは、海外経験が豊富なNGO「国境なき医師団」に聞いた、日本から海外に持って行って喜ばれた身近なモノを紹介しましょう。

「ビールのおつまみ」と
「ソース味」は鉄板

ビールのお供は、多くの国でやっぱり喜ばれます。例えば「①柿ピー」。ほどよい辛みの柿の種とほんのり甘いピーナッツのハーモニーは、欧米だけなく、アフリカでも絶賛されたという話もあるほど。ちなみに「ピーナッツがでかい!」と大騒ぎだったとか。

他には「②さきいか」「③ラーメン風スナック」なども大人気!さきいかは外国人にとっては珍しい味付けらしく、「日本に帰ったら追加で送ってね」なんてお願いされるケースも。

また、外国人から「なにか日本食を作って!」とリクエストされることもあるかもしれませんね。そんなときの強い味方が「④ソース」。これさえあれば、その国で手に入る食材で「お好み焼き」や「焼きそば」などを作ってあげると喜ばれます。

生魚が手に入りづらい海外でも、「⑤海苔」さえあれば工夫次第でジャパニーズフードの定番「お寿司」の出来上がりです。

例えば、ツナやマヨネーズ、パプリカやバジル、トマト、キュウリなど現地で手に入る食材を「巻き寿司」にすると、とても喜ばれます。なかでも、マンゴーのお寿司は醤油との相性がバツグンで、意外に人気だったなんて話も!

衝撃の日本製ボールペン!

ここからは日用品。なんと言っても、なめらかな書き心地と、3〜4色もある「⑥日本製の多機能ボールペン」。4色+シャーペンなど、日本製のボールペンは海外製のものに比べて、その進化は凄まじくスペシャル感があるんだとか。

定番ですが「⑦和柄の手ぬぐい」も好評です。なかでも人気のデザインは、サムライや忍者、桜など、「これぞニッポン!」というイメージのもの。また、伝統的な「⑧折り紙」も喜ばれます。一緒に作ればコミュニケーションのきっかけにもなりますし、子どもたちがたくさん集まってくることも!

子どもたちは「⑨インスタントカメラ」も盛り上がります。国境なき医師団が活動する地域では、紛争や自然災害から避難してきて、自分の写真を持っていない人が大勢います。子どもだけでなく、大人たちですら持っていないのです。カメラから写真が出てくるのをキラキラした瞳で待つ子どもや、出来上がった自分の写真を誇らしげに見せるおじいさんの姿は、胸を打つものがあります。

「風船」が医療現場で
大活躍!?

ここまで紹介してきた外国人に喜ばれるものは、「国境なき医師団日本」のみなさんの体験談から挙がってきました。彼らの活動する場所は、難民キャンプや紛争地、自然災害の被災地などの医療現場で、中には住居や水道、電気が十分に通っていない場所も。そこでは、あるものが意外な活躍を見せるそうです。

それが「⑩風船」です。子どもたちのほとんどが医療そのものを受けた経験がなく、慣れない光景に緊張してしまいます。そんな時に「風船」が子どもたちをリラックスさせ、笑顔をつくるきっかけになることがあるんです。

「国境なき医師団」と名前を聞いたことはあっても、あまりイメージが湧かない人もいるかもしれません。彼らは民間の国際人道援助団体で、医師だけでなくいろいろな職種のスタッフが日本からも年間100人ほど派遣されています。

そんな世界の現場から届いた、驚きのこぼれ話や思わずジーンときてしまう話を集めたサイトが、「医師団の雑談-Life Without Borders」です。海外のさまざまな国の暮らしを、もっと身近に感じてみませんか?

Sponsored by 国境なき医師団日本
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
北海道の“かわいいおみやげ”の代表格「小熊のプーチャンバター飴」。大正十年(1921年)創業の老舗「千秋庵」の「北海道らしいかわいい熊の飴を作りたい」とい...
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...
「Nice Balls」は、男性の体にぶら下がっているアレをモチーフにしたスクイーズ。要するに、ギューっと握って、ストレス解消ができるグッズです!
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
日本の木工技術に海外が注目しているようです。「継手」とは大工さんが2本の木材を繋ぐ時に使う技術です。直線だけでなく角度を持たせて組み立てる「仕口」という技...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。日本人にとっては当たり...
群馬県で世代を超えて親しまれている上毛かるたがモチーフの「上毛かるたせんべい」。伝統的な絵札を線画イラストでリデザイン。原料も素材も群馬県産にこだわり、郷...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
「ただ教科書に書いてあることを暗記するよりも、肌身を持って経験するほうが心に残る」。とくにそんなことを感じるのが、海外留学ではないでしょうか。歴史の教科書...
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
海外で働きたいと言いながら、こんな言い訳をしているなら大きな間違い。あなたが世界で活躍する日は永遠に来ないと言ってもいいでしょう。本当にやりたいことがある...
日本と海外の恋愛観の違い。今回は、デートを重ねて「やっぱり違うな…」と相手に感じた時の対応について。
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
「いわての10手」は、同県を訪れる外国人観光客にどのように対応すれば喜んでもらえるかがまとめられたHP。飲食店や宿泊事業者などのほか、一般県民にも分かり...
世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人たちがどのように生活しているか…現実は情報も少なく、イメージが湧きにく...
「校則」って何だろう?何のためにあるのだろう?この疑問を解消するため、何度かにわけて違う角度から校則にアプローチしていく企画。第二弾は、海外の校則についてです。
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...