燃えやすいカラダを手に入れたい人へ。11種類のフルーツエキスが入った「飲めるサラダ」って?

「最近の青汁は飲みやすいらしいよ!」。そんな話は、健康に気を使う人なら1度は聞いたことがあるかもしれません。でも、毎日飲みたくなるほどさわやかでフルーティなんて、あまり想像ができませんよね?

そんな青汁のイメージをくつがえして、リピート率97.8%*を誇るのがめっちゃたっぷり フルーツ青汁』。ユーザーからは、ダイエットじゃないみたいにダイエットできる、という声がたくさん上がっているんだとか。その理由はとてもシンプル。青汁なのにおいしくて飲みやすいから。

*2016年4〜6月 株式会社シエル調べ

11種類のフルーツエキスが
たっぷり

『めっちゃたっぷり フルーツ青汁』には、トマトやにんじんなどの11種類の野菜に加えて、パイナップル、オレンジ、バナナ、イチゴ、りんごなど11種類のフルーツが入っています。

そのおかげで「お水で飲んでも」おいしいんだとか。従来の青汁は、苦味をごまかすために牛乳などで溶かして飲むイメージがあるかもしれません。でもフルーツ青汁は違います。

「甘くて爽やかなパイナップル風味で、まるでフルーツジュースを飲んでいるみたい」と言われたら、毎日続けられそうな気がしませんか?もちろん、まろやかさが増す豆乳やヨーグルトとの組み合わせも人気です。

149種類の酵素を配合!

「飲むサラダ」とも言われるくらい、たっぷり野菜をとれるフルーツ青汁は、ダイエットにも効果的。

野草、フルーツ、野菜、海藻など149種類の酵素を配合していて、便通や新陳代謝の促進を徹底サポートしてくれます。149種類という多さはフルーツ青汁のなかでもトップクラスの配合で、積極的に酵素を体に取り入れたい人にオススメです。朝食の代わりに愛用する人が多いそうですが、とくに野草に含まれるビタミンやミネラルは、燃えやすい体作りをサポート。 さらに乳酸菌は腸内環境を整えて「老廃物」を体の外に押し出してくれるので、とても健康的。内臓脂肪を抑える働きもあるので、ダイエット食としてもよさそうです。

コラーゲン、プラセンタで
美スリムに

『めっちゃたっぷり フルーツ青汁』は、おいしくダイエットできるだけではありません。コラーゲンやプラセンタなど全15種類の美容成分も配合していて、@Beautyの売上、口コミランキングで1位も獲得しています。

健康的な食生活を続けてキレイになりたい、そんな女性の生活をしっかりサポートしてくれるはず。

体の「内側」から
キレイになりたい人へ

さらに健康へのアプローチも見逃せません。1日に必要な5種類・400g以上のフルーツや野菜を理想的に補えるだけでなく、こだわりの野草がその効果をあと押ししてくれます。

アミノ酸、クロロフィル、フラボノイドなどが豊富な北海道産の「クマザサ」はヨーロッパでも人気ですし、ケール以上の栄養価とも言われる八丈島産の「明日葉」や、スーパーフードのひとつ、インド産の「モリンガ」なども配合されています。

つまり健康的に体重を落とし、体の内側からキレイになりたい人にピッタリなんです。

今なら680円から
始められる

そんな『めっちゃたっぷり フルーツ青汁』は、毎月先着300名に限り、通常5,980円の初回購入が680円で申し込み可能。なんと約89%オフなんです。

さらにQUOカードのプレゼントや、返金保障、2回目以降約35%オフ、テーマパークの招待券つきなど、定期コースの特典がとてもお得なんです。

さぁ、夏はすぐそこ。まずは毎日続けたくなるフルーティな青汁で健康的なスリムボディに近づいてみませんか?

Sponsored by 株式会社シエル
夏場に旬を迎える「桃」と「あんず」が主役です。
「StixFresh」を貼っているか、貼っていないか。たったそれだけの違いで、野菜やフルーツの鮮度や食べごろが最大で2週間も変わります。
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
高級チョコレート店「レオニダス」の隠れ人気商品。むっちり食感のフルーツゼリー。
山形の名物「納豆汁」。納豆をそのまま入れるんじゃなくてすりつぶすんです。
料理家・平山 由香さんが仕掛ける魔法のようなお味噌汁のレパートリーは、食材のジャンルを問いません。たとえばフルーツだって、立派なひと椀に。『毎日のお味噌汁...
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
フルーツよりも手軽で、甘い間食が欲しくなったときのお供「ドライフルーツ」。コンビニなどでもよく見かけるようになりましたが、“本当においしいドライフルーツ”...
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
夏にぴったりな爽やかなサラダがタイにあります。柑橘系のサラダの「ヤムソムオー」。「ソムオー」というタイでは大人気のボーリング玉ぐらいの大きさもある果物を使...
今、健康志向の欧米人のあいだで人気爆発の生ゴマペースト「タヒニ」をドレッシングにアレンジしました。
ドレッシングがボウルの下に溜まったり、葉ものが元気なかったり、あの原因すべて解決しちゃいます。
英語では「Forbidden rice(禁じられた米)」と呼ばれる黒米。古来中国では身分の高い人のみが口にできる貴重なものだったそうです。
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
 「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを...
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。
ここ最近、日本でも注目されている穀物のひとつにファッロ(スパルト小麦)があります。これをサラダに入れて食すと、ヘルシーなだけでなくどうやら腹持ちもいいみたい。
冷や汁は地域によって読み方も様々で、宮崎のものは主に「ひやしる」と発音するそうです。宮崎の山師の間では「汁かけめしゃ食うとけがするげなど(ご飯に汁をかけて...