「後悔しない結婚式」のために、知っておきたい5つのこと

あんなドレスが着たい、こんな式にしたいと夢がどんどん膨らむ結婚式。一方で費用や準備の手間が気になるところです。現実的に考えると予算は限られているし、時間だってそんなにかけられません。

でもね、言うまでもなく、結婚式は一生に一度の大切なイベントです。誰だって予算や手間を理由に、やりたいことを諦めたくないはず。

あれもこれもワガママに叶えるために、知っておきたいこと。この5つはおさえておきましょう!

01.
価格が安くなる、シーズン・曜日・時間帯は?

Ce43cbffa2e7cb96310afb3bd0ce08cd39789d09

日取りによって、同じ内容の式でも価格が変わるというのは常識ですよね。縁起がよいとされる大安や友引が高くなるというのは、よく知られています。反対に考えれば、それらの日取りを避ければコストをおさえることができるわけです。

他にもあります。季節と曜日、そして時間だってコストに影響してくるんです。

まずは季節。気候のよい春と秋はやはり人気です。一方で、夏(6月〜9月頃)や冬(12月〜3月頃)は、割引をしている式場もたくさんあるんです。

また、曜日と時間帯で言えば、土曜日の日中というのが一般的。ゆえに、曜日を日曜日にしたり、時間を午前中や夜にしたりするだけでコストダウンすることも。

例えば、最近ではロマンチックな雰囲気を楽しめて、比較的予算をおさえることができるナイトウェディングなんかもポピュラーになってきていますよね。

Ee9b29416830a987a4f08489555533cc535b297a

02.
大人気のリゾートウェディングや神社婚は、セットで考えるのがお得!?

Aedfed2fac5d41c035a7007e0ccdea4adaa5df8b

多様化してきている結婚式のなかでも、リゾートウェディングや神社婚は人気のスタイル。でも、いざ試算してみると予算オーバーで諦めてしまうというケースも多いようです。

たしかに、海外などのリゾートでは渡航費なんかもかかるし、神社婚も挙式と披露宴を完全に別々に行うとなると、お金も手間もかかります。

そこで知っておきたいのが、式と披露宴とセットで考えること。

例えば、リゾートウェディングの場合。挙式は海外で、披露宴は国内で行う場合、それぞれ別の会社に頼んでしまうと、どうしても費用がかさみます。でも、同じ会社に頼めば費用が割引になるし、手配も楽になります。同様に神社婚も、バラバラに手配するよりもセットでお願いできたほうがベターですよ。

1ec877ccea39ca94be6785c5b4681b52b11d3e40

03.
「アットホーム」や「会費制」。形式にこだわらないカップルが増加中!

33f116f9ad8f21d8cca008fc24e2a18504cd41db

最近、注目を集めているのが、親族や本当に親しい友人だけのアットホームな披露宴や合理的な会費制のパーティーといったスタイル。「新郎新婦とゲストの距離が近い」「食事会感覚で気軽に参加してもらえる」といったところに惹かれるカップルが多いようです。

そして、これらのスタイルでは、規模が小さい分、費用がおさえられるというメリットも特筆すべきでしょう。その分、料理や衣装にこだわるもよし、新生活をもっと素敵に過ごすために使ってもよし。

形式にこだわらず、自分たちらしい式を挙げたい! そんなふうに考えているカップルは、選択肢に入れてみては?

05ba68a5b5911564ac60c7f2db69834c1cb1c424

04.
失敗しないために利用したい「ブライダルツアー」

3107c4737a298987488e44e16fcbecec33850179

ウェディングでは、式場の雰囲気だって大事なポイント。当然、事前に下見しておきたいところですが、複数候補がある場合は大変。一箇所ずつ調べて、申し込んで、さらに足を運ぶのは現実的に難しいことも……。

そこで利用したいのが「ブライダルツアー」です。

人気の式場を選び放題で見学できて、移動はタクシーで楽々。見積もりだって、まとめて比較できちゃいます。

ただし、このサービスはどこでもやっているわけじゃありません。興味のある人は、下のボタンをタップ!

6d7aba4cdf3fd892897726248b452b7b7c55f2aa

05.
限られた予算の中でも、ちゃんと希望を叶えてくれる! 
「得ナビウェディング」って?

B4b6fd2e95f4de51e391adec592b79a98b43e8d9

ウェディングドレスにお色直し、お料理のコースにテーブルフラワーなどの装飾と、どんどんオプションを加えていくうちに、予算をオーバーしてしまった……なんていうのはよく聞く話。

結婚式って、いったいどれくらいお金がかかるのか想像できなくて、なんだか不安という人も多いのでは?

「得ナビウェディング」は、予算と希望に合わせて、その中で総合的にプランを提案してくれるサービス。ブライダル業界の大手であるエスクリ株式会社が運営しているため、さまざまなスタイルやアイテムにも対応してくれます。

「予算や手間を理由に、何かを諦めるなんて絶対にイヤ!」

そんな人は、まず「得ナビウェディング」をチェックしてみてください。

C8515816bf02222e12dda5eca7987a56406fa564
Sponsored by エスクリ
60年前に挙げた結婚式、思い出せるような写真が一枚も残っていなかった老夫婦がいました。その後、9人の子ども、16人の孫、そして4人のひ孫に囲まれて幸せな時...
結婚式は一生に一度の素敵な時間……と思いきや、24カ国で、24回も結婚式を挙げることにしたカップルがいました。いったいどうして? そこにはちょっぴり深い理...
「結婚」この言葉。あなたは幸せに感じる?それとも重く感じる?もしも、結婚したあとに「こんなはずじゃなかった……」と、思っちゃたら、一生後悔し続けるかも。「...
青梅ではなく完熟梅を使ってつくる自家製のポン酢。今の時期だけのおたのしみ。
6月中旬から7月上旬にかけて、ゲンジボタルより少し遅れたタイミングで観察の見頃がくる、ヒメボタル。今回は、阪神間からも近い兵庫県・丹波市のヒメボタルをご紹...
ある調査によると、プロポーズから実際に式を挙げるまでに費やした期間を、約半数のカップルが10ヶ月以上かかったと回答したそうです。式場や招待客を決め、ドレス...
結婚することが決まったら、お金についての情報や知識を集めておきたい。結婚式の予算の目安は?ご祝儀ってどのくらいもらえるの?お金が足りない場合は?など。ここ...
結婚式の夢は日々の恋愛を表していることが多いのですが、その意味は見た人の置かれている立場や心理的状況によってがらりと変わります。ひとり身の未婚で結婚願望が...
日本では紙一枚で婚姻関係が結べないゲイのカップルが、家族や友人だけでなく、メディアを読んで「人前式」を行いました。ゲイ同士の結婚が、世の中にどんな意味や影...
男性はどんなときに結婚に踏み切ろうと思うのでしょうか?プロポーズを決めた男性12人の答えを、『Elite Daily』のRachel Shattoさんがま...
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
結婚式のフラワーガールといえば、親戚の小さな女の子が定番。でも去る7月1日、アメリカ某所で行われた結婚式では、92歳のフラワーガールが登場しました。
結婚は、人生でとても大事な節目。すでに結婚しているカップルならば、いくつか誓いごとをしたはずです。そんな「結婚式で本来誓うべきこと」をMichelle H...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
上空10,000メートル!航空機の中で結婚式を行ったカップルが話題に!More ABC US news | ABC Health News2014年11月...
生き方や家族のあり方が多様化している今日このごろ。とはいっても「結婚」は、大きな決断のひとつ。できるだけ隠しごとは最小限に抑えた状態で踏み込みたいものです...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
結婚式といえば、女性が人生で一番輝くとき。そんな最高の日には、一番きれいな自分でいたい、というのが乙女心。Haley Smithさんも、そんな女性のひとり...
2017年9月、アメリカ南部を中心に猛威をふるったハリケーン「イルマ」の被害に遭い、大切な結婚式を中止にせざるを得なかったカップルがいます。けれど二人はそ...
ごく普通のカップルの結婚式が、メディアで話題となり、「式の動画が涙を誘う」と注目を浴びているのは、いったいなぜ?それは、このカップルが4年半の長きに渡り貫...
「Junebug Weddings」が運営するウェディングフォトコンテスト「Best of the Best Wedding Photo Contest」...
93歳のSylviaさんは、88歳のFrankさんとの結婚を控えていました。「結婚式のパーティーで、どのドレスを着たらいいでしょうか?」彼女は、Faceb...
冠婚葬祭のマナーに不安を感じることってありますよね。ここでは、結婚に関する忘れがちなマナーについていくつか紹介します。当たり前かもしれませんが、もう一度チ...