ラグジュアリーな週末を過ごすための「大人のレシピ4選」

もう、すっかり定着した感があるグランピング。大自然の中にいながら、スタッフに用意してもらった食事を優雅にいただく。それも、悪くないのですが、オススメなのが自らがシェフとなり、料理を作るプロセスまで楽しんでしまおうというスタイル。

しかしながら、アウトドアだからといって食材や作り方に手は抜きません。ここが通常とは違うところ。肉でも、野菜でも、素材にひとひねりを入れてみる。定番を外して、意外な組み合わせにトライしてみる。調理器具にこだわってみる……。むしろ、アウトドアだからこそ、もっと自由な発想で粋な一品を心がけたいものです。

 さあ、どれを作ってみようか?
今すぐ、チェック!

ここで紹介した4種類は、ラグジュアリーな「大人のレシピ」。でも、言うまでもなく、何よりもミックスしてもらいたいのは、遊び心というスパイスですよ。

HAVE A NICE WEEKEND ! 

617171cb5e6c888fd6c67e314171267cd83e7e28
Sponsored by LEXUS
写真の中の料理をデータに取り込むことで、100万種以上のデータベースより近似値を見つけ出し、原材料とレシピを割り出してくれるという、画期的なシステムをMI...
シャンパンとマシュマロを使った大人スイーツです。春色がとってもステキですよ。
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
#yoloなライフスタイルを体現するSkellieさんのインスタです。Skellieさんはガイコツって設定です。
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
一つのキットから、メインディッシュとサイドディッシュが作れます。
好き嫌いがハッキリ別れるスパイスのひとつに五香粉があります。中国語では(ウーシャンフェン)。これ、中国料理や台湾料理にだけ使われるイメージですが、実際のと...
平日の朝食はいつも10分で用意したコーヒーとパンだけ。そんな人も、週末はもう少しパンとコーヒーをグレードアップさせてみない?
やっぱり子どもに包丁を持たせるのは怖いし、大人でも料理初心者の包丁使いにはハラハラ。でも、何事も挑戦しなきゃ上達なんてできないから。
ゴハンにかけて食べるスタイルなのですが、アメリカのジャンキーなイメージからは想像もつかないヘルシーな一品。著書『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』...
7月12日(木)から3夜連続で、360°体験型の即興セッションを開催。
子どものころ、クッキングトイと呼ばれる、料理が作れるおもちゃがあった。キッチンのガス台がそのまま小さくなって、ホットケーキやドーナツが作れるものである。子...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
若い頃は、最初のドキドキでなんとなく関係を続けられていたものの、大人になると、そればかりに頼ってられない…と気付くでしょう。「大人な関係」を「幼稚な関係」...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
やりたくても元手がないから…と諦めていた「大人の趣味」を、お金がかけられるようになった今だからこそ楽しんでみませんか?ここでは20代後半から始めたいコトを...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
まずはこちらの写真をご覧ください!いかがでしょう?一見普通のキャンプ風景ですが、何だか妙に豪華にみえませんか?実は「グランピング」とは、アウトドアのスキル...
雪の気配を背に感じつつ、テント内でお酒に舌鼓。
パーティー料理はどれも手が込んだものでなければいけない、こう誤解している人にこそ試してほしい料理があります。ポルトガルのソウルフード「ポルヴォ・アサーダス...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?