持ち運ぶだけじゃない、トートは実用インテリアにもなる!

なんでも気軽に放り込んで持ち運べて、丈夫。気取ってなくて、頼りになるところがトートバッグ最大の魅力…って、そんなことは今更言うまでもないと思いますが、こういうのはどうでしょう?

マチがあるから立つし、キャンバス地の風合いはインテリアとしても映える。そんな特徴を活かして、家の中でも大活躍するツールと考えてみたら、もっとトートの楽しみは広がるし、いくつ持っていてもいいものなんです。

例えば、こんな感じで!

 リビングにトート

リビングって簡単に散らかるんですよね…片付けるのが面倒なら、とりあえずはトートに放りこんでおけば、ほら、あっという間にスッキリ。

他のバッグと違って、トートなら自立してくれるから無造作に床に置いてあってもサマになるし、他の部屋への移動もしやすいから、急な来客の時なんかはとりあえずこれで凌げちゃいますね。

 

 本棚代わりにトート

本を読む場所はそのときの気分で変えたい。リビングのソファでくつろぎながら、スタディルームで集中しながら、ダイニングテーブルで軽く何かをつまみながら…そんなとき、トートを携帯本棚代わりにすれば便利です。読む予定の本を5、6冊、マチが深いから新書が縦にきっちり入ってくれます。

もちろん、たまには外のカフェで読みたくなったときは、読んでる本だけトートに放り込んでそのまま外へ連れ出せます。

 子ども部屋にトート

「片付けなさい!」って怒鳴るより、可愛いスモールトートをプレゼントしてみるのはどう?イニシャルが入るから、兄弟・姉妹がいてもお揃いのもので大丈夫。「自分専用」という喜びが、積極的なお片づけにつながるかも。

 キッチンにトート

例えば常備しておく玉ねぎやジャガイモなんかを買うときは、トートに入れて運んできたらそのままキッチンの床に置いてみてください。白基調のキッチンにはキャンバス地がよくマッチします。バゲットを入れておくのもいいですね。

もちろんお出かけにもぴったり
ランズエンドのイニシャルトート

じつは、ここまで見てきたトートバッグはアメリカン・カジュアルブランド『ランズエンド』のもの。もともとヨット乗りが使う道具を作っていたのがブランドの起源だから、このトートも丈夫さは折り紙付きなんです。

一番負荷がかかる底とハンドルは二重仕立て。マチも深く、自立させたときの安定感も抜群。24オンスの厚手なコットンキャンバスは、使うほどにいい塩梅に馴染んできて、お出かけのお供に手放せなくなりそう。

ランズエンドならではの、書体が選べるイニシャル刺繍も好評です。

 

 使いやすさも抜群

なんでも放り込める一方で、中身がカオスになりがちなトートバッグ。その点ランズエンドのトートはバッグの内側にポケットが4つ。財布、スマホ、カード入れ、筆入れなどをキレイに整頓しておけるから、いちいちバッグの中を引っ掻き回して探す手間もなくなります。キーホルダーまでついているからかなり実用的です。ジップトップタイプのものであれば、人混みの中での持ち運びも安心できます。

 シーズン限定の柄ものが素敵

シーズンごとに変わる限定の柄も見逃せません。価格もお手ごろだから、毎シーズンお気に入りの柄を見つけてコレクションしてみるのもアリですね。

楽しいハロウィントートも

シーズン限定と言えば、今の時期ならではのこんな楽しいトートも。このジャッコランタン、夜光るんです。これなら「トリックorトリート」が俄然盛り上がりますよ!

 

一家にひとつ、いや、一人にひとつ…いや、ひとつと言わず2個、3個と持っていても重宝しそうなランズエンドのトート、要チェックです。皆さんもぜひ、家でも外でも、自分なりの使い方を探してみてくださいね!

「ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング」との
限定コラボモデルが販売開始!

これまではランズエンド オンラインショップでしか手に入らなかったトートバッグ。10月中旬より「ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング」の各店舗で、限定コラボレーションモデルが取り扱いスタート! ぜひ店頭でも手に取って、クオリティーを確かめてみては?

Sponsored by LANDS' END
車のトランク用に、旅行バッグに、近所での買い物に。このルックスなら仕事用、出張用にも使えそう。マザーバッグとして、パートナーと兼用するのもありだ。
〈L.L.Bean〉の「グローサリー・トート」。お値段は税抜1,900円と同ブランドのトートの中でもっとも安価。他のモデルよりも薄手のキャンパス地で自立は...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
〈ateliers PENELOPE(アトリエ ペネロープ)〉の「#9 Boxy」です。ファスナー付きポケット、2分割されたポケット、両脇にペットボトルサ...
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
「BAILER」の新色は、ジャーマンミリタリーを彷彿とさせるカーキ。以前からネイビー&グレーもいい色でしたが、“どうして初めからこの色を出さなかったんだ!...
ユーズドのコットンならではの経年変化の味わいもいいが、思い切ったサイズもいい。後ろの自転車と比べてもらえば大きさがわかるだろうか。
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
〈beruf baggage(ベルーフ バゲージ)〉の「STROLL TOTE BAG」は、バックパックのストラップがそのままトートのハンドルに。持ち替え...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
キャンベルスープのカートンボックスをそのままバッグに落とし込んだ〈ROOTOTE(ルートート)〉のボックスバッグ。ストレージボックスとしてインテリアにも最...
イルカ型のティーバッグを開発したのは、熊本県のとあるお茶屋さん。ペットボトルのお茶慣れしてしまった若い子たちに、もっと「淹れたてのお茶の美味しさを知っても...
カラフルなアフリカンプリントをあしらった「RICCI EVERYDAY」のバッグや小物は、Nsubrua(水の波紋)をあしらっていて、街の雑多感の中でも、...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
〈SUBLiME(サブライム)〉の「POCKETABLE WRAP BAG(ポケッタブル ラップ バッグ)」は斜めがけ、肩掛け、ウエストバッグの3WAYで...
こちらは米郵便局〈US POSTAL SERVICE〉のメールバッグ。実際に郵便物の配達に使われているモノだそうです。用途が用途だけに、かなり頑丈なナイロン製。
その白い壁に、色鮮やかな「刺繍」はいかが?
「ecoBirdy」はゴミになってしまう“プラスチックおもちゃ”を回収して、新しいキッズ用インテリアを製造しています。
本場アメリカだけでなく日本でも人気のブルーボトルコーヒー。11月12日から、彼らがホリデーギフトコレクションとして売り出す「ラッピング バッグ」の紹介です。
気候もよくなってきて、気分はお出かけモードの人も多いのでは?そんな時、荷物がゆったりたっぷり入る大きめのバッグがあれば、ガイドブックや羽織モノに飲み物……...
自分は結構荷物が多いようですが、「Clipa2」の耐荷重はナント15kg。これなら安心です。