【クイズに挑戦!】クリエイターじゃなくても知っておきたい著作権

著作権、肖像権…よく聞く言葉だけれど、実はあんまり理解していないという人も多いのでは?

プレゼン資料など、クローズドな場で使用する画像も勝手に使用すれば著作権侵害にあたることを考えると、実はクリエイターじゃなくても直面することの多い著作権の問題。

ここでは実例に近いクイズに答えながら、著作権についての理解を深めていきましょう。

Q1.
新聞広告で使うビジュアル、
どちらが安心?

コンプライアンスを重視するある企業が新聞広告を出すことになりました。ヨーロッパの町並みを使った写真をストックフォトサービスの『iStock』で購入して使うことになったのですが、どちらの方がより安心して使うことができるでしょうか?

Q2.
そういえば、「建物」の著作権って
どうなってるんだっけ?

自社の広告にニューヨークの風景を使うことになりました。 どちらも有名な建築物ですが、より安心して利用できるのはどちらでしょうか?

Q3.
ストックフォトで見つけた写真、
構図をマネして自分たちで撮影した。
これってアリ?

気に入ったストックフォトを参考に、撮影をすることにしました。モデルや製品は別のものを使って類似した構図をそのままを再現する場合、完全に新しい著作物として認められるでしょうか?

Q4.
ストックフォトで購入した画像、
勝手に加工しちゃダメだよね?

ストックフォトサービス「iStock」で購入した画像を広告やプロモーションのために加工したり編集してもいいのでしょうか?

Q5.
イベントで流すビデオ、
お気に入りのヒット曲をBGMにしたい。
ブースで流すだけなら大丈夫だよね?

ある展示会に出展することになり、ブースで放映するための販促用ビデオを制作することにしました。 その際に、市販されているCDから選んだ曲をBGMとして利用してもよいでしょうか?

商業利用する場合は、
信頼できるストックフォトサービスで!

上記のクイズは、誰もが直面する著作権問題のごく一例。複雑な問題である上に、仮に侵害してしまうと会社を巻き込んだ大事になる可能性もあるだけに、画像を商業利用する場合は信頼できるストックフォトサービスを選びたいですね。

ここまで見てきたように、その点『iStock』なら安心ですし、何より画像や映像、音源のクオリティも高いので、ぜひチェックしてみてください。登録すれば、週替わりで提供される無料の画像もDLできますよ!

知らないとコワい「著作権」の基礎は
ゲッティ イメージズの
「著作権セミナー」で学ぼう

ゲッティ イメージズ』が定期的に開催している無料セミナーでは、著作権に関する基礎知識から最新の事例・判例まで幅広く学ぶことができます。クリエイターはもちろん、プレゼンなどで画像、映像、音楽に関わる人なら一度は聞いておきたい内容ですので、ぜひチェックしてみてくださいね!

「銀座 蔦屋書店」は、アーティストやクリエイターが製作したマスクを販売し、その収益を医療現場へ寄付する応援するプロジェクト「GINZA ART MASK ...
「水を知る旅に出よ」。そんな使命を受けて集った、東京で活躍するクリエイター5人。向かうは東京からはるか遠く離れた、九州・熊本だ。熊本・阿蘇に広がる世界有数...
TEDプレゼンターと働くというのは、挑戦も多くやりがいのある仕事です。そして同時に、人前で話すうえで重要なことを学びました。最高のプレゼンがキャリアに直結...
イギリスを拠点に活動するクリエイターStefania EspositoさんとRenato Tataさんが「新型コロナウイルス(COVID-19)をスマホの...
「あなたがいちばん感動した本を、ください」。そんな呼びかけをして関東地方のとある森のなかに「青空図書館」を作ろうというプロジェクトが始動した。本の寄贈は、...
アラサー・独身・彼氏なしの三重苦を背負った広告クリエイター・坂田ミギーさんが世界一周のひとり旅で学んだ「自分らしく生きる方法」とは? 『旅がなければ死んで...
カメラメーカー「キヤノン」と北欧を拠点にするPR会社「Uncle Grey Copenhagen」が不正な写真の使用や誤用を防ぐことを目的とした写真データ...
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
仕事をサボりたいと考えていた、Papa Boardslide(Twitterのアカウント名)さんはフォトショップを使って、自分のクルマのタイヤを“パンク”...
毎年増えつづける、大阪に訪れる外国人観光客。その中心でもある難波の一角にある、文化住宅をリノベした「道草アパートメント」という建物。 なかでも通行人の目を...
世界的なテキスタルデザイナーのThomas Paul氏が手掛けた、高級感あふれるステンレス食器セット「Siren Song」。腐食性に優れて味を損なわず、...
アメリカ、オークランドの黒人女性フォトグラファーCheryl Fauxさんは、イタリアを生き生きと旅行する自分の姿を写真に収め、旅行用宣材写真の有色人種、...
たった10秒の間に、画像の中で起こった変化を見抜けますか?ここで紹介するのは、クリエイターに大人気のwebメディア「CREM」とTABI LABOが共同制...
非常食は買って備えるだけでなく、日常から消費し、常に一定量を自宅に備えていくという方法を意味する「ローリングストック」。この記事では企業のローリングストッ...
スピーチやプレゼンをしたときに、おもしろみがない、心に響かないという評価を受けてしまう…と、お悩みのあなた。では、どうしたら聞き手におもしろいと思われ、心...
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
アウターウェアブランド「OROS」から、細かすぎるほど多くの改良を加えた最新作が発表された。
「Apple」とシンガポール政府が提携し共同開発した健康増進アプリ「Lumi Health」の利用者拡大キャンペーンがかなり太っ腹!
イギリス人写真家のLloyd Evans。彼の作品が注目される最大の理由は、劇場の照明デザイナーという専門スキルをもつフォトグラファーだからと言えるでしょう。
ヨーグルトドレッシングがかかった赤玉ねぎとビーツは、太陽の光が当たると宝石のようにキラキラ光るから、公園でのピクニックにぴったり。
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
7月の初め、本屋From My ShelfのWEBサイトに「エッセイを書いて、本屋をもらおう」というコンテストが発表されました。優勝したら本屋の営業権をK...
職場にいる時間が長い人なら共感できるオフィスワーカーたちの写真。長時間労働をする理由はそれぞれ違うと思うけれど、「働き方」と「モチベーション」は仕事をする...