使い終わってからもワクワクできる。SABONの「もう一つの楽しみ方」

イスラエル発のボディケアアイテムブランド『SABON』。そのアイテムの多くは、ガラス瓶に入っています。ガラス瓶が使われているワケは、①「見た目が美しいから」、②「リサイクル可能だから」、③「プラスチックの容器に比べ保存がきくから」。そこには「使う」だけではない、意味とこだわりが詰まっています。

そんな作り手の愛情から生まれた「芸術品」のようなガラス瓶。アイテムを使い終わったら捨ててしまわずに、フラワーベースや小物入れとして生まれ変わらせてみませんか?

それは、香りや使い心地を楽しむだけじゃない、SABONならではの「もう一つの楽しみ方」。使い道はあなたのアイデア次第で無限大に広がりますよ!

 

SABONスタッフもみんな作ってる、「フラワーベース」

いちばんシンプルに空き瓶を活かせるのは、フラワーベース。SABONのスタッフも、みんな作って持っているそうです。

たとえばボディスクラブの空き瓶であれば、土を入れて、ちょっとしたグリーンを植えるのがオススメ。ラベルの手描き文字が主張し過ぎずいいアクセントになるし、いくつあっても統一感が出るので、家の中でグリーンが欲しいポイントに。多肉植物にもよく合いそうですね。

アロマやミネラルパウダーなど背の高い空き瓶であれば、フラワーベースにぴったり。こんな風にドライフラワーを挿してもいい感じに。

実際にトライしてみる?オススメなのは「アボカド」

DIYを楽しむなら、スクラブの空き瓶で「アボカドの水栽培」なんていかがでしょう。

まず、アボカドを食べるときに種を傷つけないように取り出します。育てるならアボカドは冷蔵庫には入れないほうがいいでしょう。それから、爪楊枝を4本用意します。

次に、スクラブ瓶に水を半分ぐらい入れて、アボカドの種の下半分程度が浸かる位置で固定できるように爪楊枝を十字に刺していきます。アボカドの種には上下があり、とがっているほうが上、平らになって丸い輪がついているほうが下なので最初にご確認を。

アボカドの種をセットしたスクラブ瓶を室温20度以上の環境に置いておくと、約1ヶ月程度で発芽しますよ。半年もするとカワイイ緑の葉っぱをつけるので、成長の過程も楽しめます。

植物以外でもペン立てにすればワークスペースにもハマる

背の高い瓶にコーヒー豆を入れて底上げすれば、ワークスペースにもぴったりのペン立てに早変わり。底の浅いアイテムの空き瓶は、そのままクリップなどを入れる小物入れとしても重宝します。

ボディスクラブの瓶はキャンドルホルダーにもぴったりの形。上述したペン立てと同じようにコーヒー豆でキャンドルを固定すると、なかなかいい味が出ます。

こんな風にLEDライトを詰めれば、オリジナリティ溢れるデスクイルミネーションにもなります。

バスソルトの瓶ならキッチングッズにも

バスソルトやミネラルパウダーのパッケージに使われているのは、じつは人気の保存容器ブランド、「WECK」のキャニスターだって、ご存知でしたか?

アイテムを使い終わったあとしっかり洗えば、ショートパスタや雑穀、唐辛子、シリアル、コーヒー豆など、乾物を保存するのにそれこそピッタリなんです。

ワークショップで空き瓶を使った「DIY」が体験できる

今回は空き瓶の再利用のアイデアをご紹介しましたが、SABONが各地で開催しているワークショップでは、空き瓶だけでなく、紙のパッケージを使った「しおり」や「ロゼッタ作り」も楽しめるそうです。

こんな風に、アイテムそのものだけではなくて、容器、さらにはそれらを使って楽しむ「体験」を通じてハッピーな気分にさせてくれるのがSABONというブランド。ここで紹介した写真にインスパイアされて、「自分だったらこう使う」というアイデアが広がってきた人は、ぜひトライしてみてくださいね!

andmore
他の記事を見る
プレゼントやメッセージカードが「何だか物足りないな」というときや、無地のTシャツをちょっと変えたいなんてとき、DIYプリントを試してみませんか?初級編から...
手軽にDIYを楽しみ、自分好みの空間を自らつくり出してしまう“DIYの達人”たちがいます。いつか自分も!と思っても、工具の使い方すらサッパリ……。「あこが...
DIYが人気の昨今では、天井高など部屋の寸法を測る機会も増えたことでしょう。他にも、引越し時や模様替えで窓やドアの測定をすることもありますよね。そうしたシ...
アラスカ在住のAna Whiteさんは、限られたスペースを有効活用する様々なアイデアで人気のDIYブロガー。そんなAnaさんの新作は、どうにも子ども心をく...
香りが生むストーリーを大切にするボディケアブランド、SABON。そのなかでも、キッチンにあるようなジャム瓶やワインボトル、プルトップ缶などのフードパッケー...
♨︎  ♨︎〈その5〉SABONの「Bath Form」(バブルバス)を使ってみたよ♨︎ 大人バブルのメモ ♨︎反省しています。大人バブリーな泡風呂をつく...
カナダ、トロントのアーティストでのDorotaさんが作った新しい名刺は、なんと全くの白紙。実は光に透かす事で文字が浮かび上がるのだ。仕組みは簡単、文字をく...
これまでDIYに“どっぷり”できていなかったのは、どうしても製作しているときがピークに思えて仕方なかったから。満足度のハナシです。自作したものを使う喜び、...
夏休みの過ごし方は色々あるが、家族の力をかりてキャンピングカー全体を大がかりにDIYしちゃった女の子がここに。木材が使用された至ってシンプルな車が、まるで...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
『やらなくてはいけないことリスト』を作っている人は多いでしょう。でも実は『やりたくないこと』が大切。何がやりたくないのか自分自身が知らないから。あなたの夢...
静岡の西伊豆の離島で開催される「MUJINTO cinema CAMP」は、無人島でキャンプをしながら映画を楽しむフェス。その最大の特徴は、参加者も含めて...
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...
「Draw This」は、アーティストやデザイナー、エンジニアとして活躍するDan Macnishさんによって開発されたインスタントカメラです。
2016年のクリスマスプレゼントはどんなラッピングを用意しましたか?中身は覚えているけど、包装までは覚えていないという人も多いのではないでしょうか。アメリ...
なんだかもう、子どもの頃から漠然と抱いていた「家のイメージ」と違いすぎて、拍子抜けしてしまいました。DIYできちゃうという驚異の手軽さ、圧倒的に短いリード...
テクノロジーの進化は私たちをいろんな面から解放してくれます。ひとつは「ライフスタイル」。 固定電話からモバイルになったことでいつでもどこでも連絡が取れるよ...
女の子なら一度は訪れて欲しい、カラフルでキュートな場所。
日本でも名高い伝統工芸の「絞り染め」が、海外でファッションやインテリアに取り入れられているんだとか。オーストラリア、シドニーの絞り染め専門店はDIYキット...
未知の言葉や表現に出会ったとき、まずは知らないことを恥じます。そして、その意味を知ると、「ちゃんと自分のものにして、いつかどこかで使ってやるぞ」って思うん...