TOYOTAの従業員教育から生まれたWEBムービーが、旅情を掻き立てる名作だった

ロードムービー?小説?BGV?ーーそのどれにも当てはまらない、まったく新しい視聴体験を生み出すトラベルノベル「風の惑星」を観たことがあるだろうか。昨年10月ブラジルを出発して数カ国で繋がれてきた壮大な物語がついに最終回を迎えた。

ストーリーがいくつもの国を渡り歩いてきたように、このプロジェクトを紹介するウェブメディアの記事もまたORICON NEWSCINRA.NETとそのステージを移し、そして物語のクライマックスとともに、TABI LABOがアンカーとしてバトンを受け取った。

観ると必ず旅に出たくなる、この不思議なストーリーの魅力を改めて紹介したい。

トラベルノベル「風の惑星」とは?

このトラベルノベル「風の惑星」は、トヨタ自動車の従業員が運転する「5大陸走破プロジェクト」の一貫として生まれた。世界の5つの大陸を走破するという壮大な試みは、2014年のオーストラリア大陸、2015年の北米大陸に続き、昨年の2016年には南米大陸へとつながった。このプロジェクトの最大のミッションは、「もっといいクルマづくり」を考え、それを支える「人づくり」に取り組むということ。南米ならではの熱帯のぬかるみや標高5,000mを超える高地山岳路のほか、ダカール・ラリーのコースにもなっている砂丘などでも走行を実施。

総勢110名、約3ヶ月半にも渡る映像記録。それを元にエンターテイメント作品にしたのが「風の惑星」であり、物語の舞台はブラジル、パラグアイ、チリ…と南米計7ヶ国となった。

3人の豪華キャストが
「意外な手法」で参加している

■浅野忠信「画伯」による印象的なプロローグ

「風の惑星」のプロローグ。そのイラストを担当しているのは、俳優の浅野忠信さん。浅野さんの絵はSNSなどで評価も高く、時にシュールであり、時に味わい深い。今回、メインのモチーフになっているのはもちろんクルマだ。ストーリーのエンディングでは、ある「リレー」が描かれていてトヨタのプロジェクトを連想させてくれる。

■ロックボーカリスト岸田繁によるオーケストラ楽曲

耳に残って離れない。そんな印象的な「風の惑星」の音楽を手掛けたのは、ロックバンド「くるり」のボーカリストである岸田繁さん。くるりとは対照的なオーケストラ楽曲は、岸田さん自身から提案されたものだという。クルマで大陸横断する風景を「バードアイ」の視点から表現した楽曲は、旅の高揚感を思い出させてくれる。

■俳優・佐藤健のモノローグによるストーリー展開

乾いた南米の映像に息を吹き込んだのは、俳優の佐藤健さんだ。「ある理由」から「ま」「ゆ」「み」という3文字を発音できなくなった男、という難しい役どころながら、佐藤さんは情感豊かなモノローグで演じきっている。

旅先の景色を描写する言葉、人々との出会いによって呟かれる言葉には、思わず惹き込まれてしまうに違いない。佐藤さんのモノローグは、観る人を南米へトリップさせる臨場感に溢れている。

「ひとはなぜ、旅をするのか?」
クライマックスでその答が提示される

物語のクライマックスで、舞台は、南米大陸最南端の街から南極大陸へー。「ひとはなぜ、旅をするのか?」誰もが一度は考えを巡らせるに違いない普遍的な疑問。地の果てで、主人公はその答えにたどりつく。

巨大な氷河を目の前に、ラストシーンで描かれる主人公の心情の変化は、大きな見どころの1つである。

テレビのモニターにつないで観たい
圧倒的な映像美

「風の惑星」のアドバンテージは、現地の空気感がダイレクトに伝わってくる映像美にある。南米の街に溢れる鮮やかな色、乾いた風、剥き出しの岩肌、穏やかな人々の表情…。全篇10話を通せば、まるで一本の映画かドキュメンタリーを観たような充実感を味わえるはず。

できればPCをテレビのモニターにつないで、大画面で映像美を堪能するのがオススメ。「ひとはなぜ、旅をするのか?」そんな疑問を、改めて自分に問いかけながら、週末の夜に瞑想するかのように見入るのはどうだろう?あるいは、南米料理やドリンクをつまみながら主人公と旅するような気持ちで鑑賞するのはいかがだろうか?

いずれにしても、観終わったら、きっと旅に出たくなってしまうことだろう。

千里浜なぎさドライブウェイは、車で砂浜を走れる日本で唯一のドライブウェイなのです。写真をご覧ください。
日々、改善されているWEBサイトのデザイン。そんな変遷を閲覧できるWEBサイト「Web Design Museum」の紹介です。
ケンタッキーフライドチキンが「従業員限定」として公開した動画は、ケンタッキーのフライドチキン作りをマスターするまで、外に出られないという驚きの脱出ゲームV...
米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...
〈TO&FRO〉と〈BuddyOptical(バディオプティカル)〉がコラボレーションしたトラベル用サングラス「CARDINAL」です。ギリギリのバランス...
「Go Travel Dress」は、リップやパスポートを入れられるポケットがある、多機能なトラベル用ドレス。スマホはもちろん、防犯性に優れたお金をしまっ...
ポーランドを知るなら映画から入るのもアリでしょう。というのも、同国は古くから映画先進国だったから。そんなポーランドの映画に対する関心度の高さがわかるホテル...
シャフトドライブ式自転車は多く販売されているのですが、Ceramicspeedが手がけた「Driven」は一味違います。
旅から生まれた映画がある。題名は『ブランカとギター弾き』。全編を通してフィリピンを舞台に制作された作品だが、監督は日本人。今年8月に公開されるこの映画がい...
「Collective-Evolution」に人生観を変える名作映画10選が掲載されているのでご紹介。これは、ライター兼ブロガーとして活躍中のJeff R...
経済的な理由で、卒業できずに大学を去ってしまう学生が多いアメリカで、画期的なプログラムが発表された。世界最大の米コーヒー店チェーン・スターバックスが、アリ...
いろいろ発売されているトラベルポーチですが、実際購入するとなると、これが難しい。どのサイズをどれだけ購入すればいいのか、旅慣れた人でも最適な答えを出すのは...
ハロウィンの時期も近づき、ホラー映画で恋人との距離を縮めるためにも、名作ホラー映画を一緒に鑑賞してみてはいかがだろうか。『エクソシスト』、『シャイニング』...
忙しい大人たちに少しでも「読書の時間」をつくってもらおうと、粋なディスペンサーがロンドンに設置されました。ボタンを押すと短編小説が書かれた紙が出てくるとい...
NetflixやAmazonプライムで何千という映画が観られる時代。ずらりと並ぶ映画一覧を前に、何から観ればよいか迷ってしまうこともしばしば。そんなときに...
このこだわりをトラベルシーンに限定するなんてもったいなさすぎ!「コンサイスのトラベルスリッパ」の紹介です。
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
BMWの発表によれば、電気自動車のバッテリーをワイヤレス充電できるそう。つまり、駐車をするだけでバッテリーチャージが可能。充電スタンドに行く必要もなくなる...
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。