ドキドキ?ガッカリ?『T2 トレインスポッティング』は同窓会ノリで出かけよう

同窓会のノリだった。

レントン、シック・ボーイ、スパッド、ベグビー。愛すべきロクデナシたちと20年ぶりに再会した。本当なら、その年月の長さなんて微塵も感じなかった。と書きたいところだが、ぶっちゃけ、20年前の疾走感はなかった。

テーマ曲とも言えるアンダーワールドの「ボーン・スリッピー」にしても、テンポを落とした「スロー・スリッピー」になっていた。

でも、あたり前だよな。僕だって、20年前に比べれば、確実に体力も落ちたし、肌にはツヤがないし、腹も出た。そう、誰だって歳をとるのはしょうがない。それにしても、皆、フケたよなー。それでも、1人も欠けることなく4人勢揃いしてくれたことは喜ばしい限り。

何よりも嬉しかったのは、オヤジになった全員が自分の生き方を貫いていたこと。見た目は変わったけど、生き方はちっとも変わっていなかったのだ。そんな時の流れを感じつつ、いつまでも大人になれない(言わずもがな、僕もその1人だ)仲間と旅へと出かけた。 

「未来を選べ」
そのコトバの裏側にある意味

90f184f2745aa720e6499adddee001173a428af8

彼らが選んだー20年後の「未来」。

『T2 トレインスポッティング』のキャッチ・フレーズは、1作目のキャッチ・フレーズだった「未来を選べ」に応えたもの。そう、人生は選択の連続。僕たちは、いつも未来を選ばなければならないのだ。ただ、こうも言える。どんな未来も自由に選べるのだ、と。

しかしながら、未来を自由に選ぶことは、往々にして代償を伴うものだ。一方で、代償を必要以上に恐れていては、本当に自分自身にとって意味のある人生を手に入れることはできない。誰もが、その狭間にいると言えるだろう。

さて、レントン、シック・ボーイ、スパッド、ベグビーの4人は、一体、どんな未来を選んだのか?それを目撃するのは本作品のハイライトの1つだ。しかし、彼らの生き様を通しながら、同時に、自分自身の人生を振り返ることもできるに違いない。

あなたは、どんな未来を選んできたのか?

そう尋ねられた際、僕なら、夢中になってやってきたこと心に決めて貫いてきたこと、そして、自分自身が心から誇れることについて答えたい。そのためには、もっと能動的に生きなければならないと感じた。たった一度の人生。年齢を重ねる度に、僕たちは、もっと「生きる」ことにアディクトであるべきじゃないだろうか。

奴らとの再会は、そんなことを僕に気づかせてくれた。

Fc097000b815ffef1b08b10e9817348b71def8a52251167e43d73e5a624a20bb0081c65705f27a6d5eec3d480bf1e223ea5ff9a8b430af56353131638829a5caa360d21e1e7479b0ed42b7b082056017F843f5bc4fea8eebf90d31b5bf3605cac669286f

『T2 トレインスポッティング』
2017年4月8日(土)より、全国ロードショー。公式サイトは、コチラ

Licensed material used with permission by T2 トレインスポッティング
TABI LABOのライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める...
95年のヒット作『スモーク』が、デジタル・リマスター版で蘇った!と話題になっていますよね。でも、知らなかった人も多いはず。80年代後半から90年代に起きた...
せっかく飲み会に誘ってもらったのに、どうしても参加できない。「なんだか、断るの申し訳ないなぁ…」なんて状況はよくあることですよね。でも、これくらいウィット...
ロゴがデカデカとプリントされたショップTは、デイリーユースに少し抵抗があるアイテム。だけどこれは、ぜんぜんイヤじゃない。
アメリカのクリエイティブエージェンシーRedpepperが開発したのは、『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーを最速4.45秒で探せるロボット。
7月31日にイングランドサッカー協会が、2018-19シーズンから監督にもイエローカードとレッドカードを提示すると発表しました。
自宅のクローゼットの中を思い出してみる。1枚、2枚、3枚……プリントTも合わせると、ちゃんと使えるレベルのものが計9枚あった。すでに一週間まるまる過ごせる...
入社や転職、社内異動などで生活がガラリと変わった人が、最初の2週間にやるべき5つのこと。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、...
TABI LABOのライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。
TABI LABOライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める記...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
ある意味、これは“走るイルミネーション”。だけど、単なるクリスマス用のデコレーションを施したお気楽列車な訳ではありません。今年で18年目を迎える、カナダ太...
未来では、性別で人を区別することなく、すべての人をありのまま受け入れる世界が広がっている。そう強く訴えるのは「Wildfang」が制作した動画。今、未来、...
誰もが一度くらいは、路上ライブなどでアコースティックギターを弾きながら歌うミュージシャンを目にしたことがあるのではないでしょうか。右手を上下にジャカジャカ...
ハワイに帰った時の一曲目は、竹内まりやの『夢の続き』だ。この曲に特別な想い入れがあるのは、川島透監督の映画『ハワイアン・ドリーム』の主題歌だったからだ。公...
学校や塾で教えてくれること、本当に正しいと思っていますか?あることを考えるのに、1つの物差しだけでは足りない。そこには、日本的な偏見があるかもしれないし、...
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
独断と偏見でピックアップしました。
映画『ウイスキーと2人の花嫁』は、5万ケースものウイスキーを積んだ貨物船SSポリティシャン号が座礁した事件の実話をベースにした物語。ナチス・ドイツによる空...
日本人女性2人が手がけるアンダーウェアブランド「Pasquet(パケ)」。ランジェリーデザインを学んだ彼女たちは、現在フランスを拠点に活動しています。ミニ...
〈ティファニーT〉 チェーンネックレス。毎日つけてるよ。一度つけたら、基本、外せないんだよね。外すのが大変なんだよ。昔からあるクラシカルなモチーフで、ブラ...
はるか2,400kmの道のり。日本人の感覚からいえば、その距離を歩くだけでも信じられない。しかし、本作品『ラサへの歩き方』では、チベット人たちが「五体投地...
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.8「私をスキーに連れてって」先日、JRで展開されている「私を新幹線でスキーに連れてって」という広告を見た。このネタ元は...
『ドラえもん』で知られる藤子・F・不二雄氏の作品で1番僕が好きなのは『21エモン』かもしれない。宇宙へ旅に出たくて旅をする少年21エモン。そのキャラクター...