「3分間のトレインスポッティング」slowthai、Mura MasaのDoorman

slowthai(スロータイ)は政治的なメッセージの強いラッパー、Mura Masa(ムラ・マサ)はヒップホップやロックのミュージシャンからも支持されるエレクトロニック・ミュージシャンです。

彼らのコラボレーションは常にユニークで注目していますが、映像とのケミストリーという意味では『Doorman』がベストです。

このビデオを一言であらわせば、3分間のトレインスポッティングです(笑)。

雰囲気とか間接的な意味じゃなくて、直接的なリファレンスが散りばめられています。日本にもファンが多い映画なので、ニヤリとするシーンが多いはず。

あと、音楽もすごくセンスがいいと思う。衝動的なパンクとエレクトロニックミュージックのミックスはよくある手法だけど、この曲はとくにうまくいってると思う。

Ben/コラムニスト(TABI LABO)

1992年のロンドン生まれ。最初の音楽の記憶は、お父さんとデヴィッド ボウイとブロンディ、そしてザ・クラッシュが入ったカセットコレクション聴いたこと。だけど、ミュージックビデオは音楽と違う魅力があると思ってます。
いろんなカルチャーについての連載「ベンのトピックス」も読んでみて。