3つ当てはまったらきっと、あなたは「恋に恋している」だけ。

恋人ができると、いつも通りの日常が、色づいたように見えたりするのではないでしょうか。バレンタインや、クリスマスを、大好きな人と一緒に過ごせるというのはたまらないですよね。

少しくらい浮き足立ってしまうのも、仕方がないと思うのです。

けれどそんな乙女の状態を、「Elite Daily」のAlexa Mellardさんは「ちょっと危険なんじゃない?」と忠告しているのです。たくさんの国へ旅行し、バリバリ働くチャレンジ精神旺盛に満ちた彼女は、物事の良し悪しをはっきり伝えるコラムが人気。自立心の高い彼女の言葉に、ハッとさせられてしまうかもしれません。

恋に恋をしていませんか?

恋愛ドラマや、少女漫画の読みすぎは、時に人を傷つけてしまう。
夢の見すぎて、理想を彼氏に押し付けてしまう……なんてことも。ドラマのような情熱的な展開が、必ずしもあなたの恋愛に起こるとは限らない。
けれど本当に彼のことが好きなのであれば、ふたりのペースで、恋愛を楽しむことができるはず。さあ、一度心に問いかけてみて。

01.
安定が退屈に思える

248c59ddd941f5a4955c2ffee265514336730705

「安定こそが良いものだ」とは言わないけれど、大きな問題が起きていない関係を、つまらないと感じてしまうのは、イエローカードかも。

02.
プラン通りにいかない展開が
もどかしく感じる

まるで映画のシナリオを描くかのように、1から10までひとりで妄想していない?恋愛は、ふたりで進めるものよ。

03.
構ってくれないのが不満

「もう、もっと私を見てよ!」って気持ちばかり、ぶつけてはダメ。そう思った時は、見て欲しいのと同じくらい、彼のことを見てあげてね。

04.
SNSで自慢したくて仕方ない

Fd40211e4ade25de369a3c050abf7b6978330e94

やたら幸せそうな写真ばかり、ネットにUP。写真を撮るのは、ふたりの思い出を増やしていくためのはず。ここが大切で、人に見せびらかすためなら、「恋人がいる自分」を自慢したいだけ。

05.
本当は薄々気づいている

ドラマのような恋愛ばかり求めてしまうのは、自分が未熟だからだって、本当に少しも思ってない?それでもやめられないのが、問題なの。

06.
「恋人がいる自分」が好き

それは、恋人をアクセサリーみたいに飾りたいだけ。自分の価値のためだってことに、気がついて。

07.
不満があっても、
別れる気はない

恋人という存在を失ったら、もう生きていけない。なんて執着してない?

08.
ふたりの時間より、
注目が欲しい

7c5da2d9f041fa6d05ae3eac289d0f75ee320ac9

ソファーでごろごろ昼寝したり、ゆっくり映画を見るよりも、「あのカップル良いね!」って言ってくれる誰かがいる場所の方が好き。なんて思い始めたら、もうレッドカード。

09.
八つ当たりのような
ケンカをする

明らかに彼が間違っていないとわかっているのに、ふっかけてしまうケンカは、ドラマチックなことが何もない日常に不満なだけじゃない?

10.
とにかく何でも友人に報告する

ケンカの話も、何も起こらない暇な日常の不満も、とりあえず友人に連絡するのは、自分を正当化させたいから。

11.
ついにリアルを放棄して
妄想の世界に帰る

彼氏という存在は失いたくない。でもあなたは気づいてしまった、妄想してる方が楽しいって。けれどそれは、目の前の恋人関係を放棄する理由にはならないはず。

12.
刺激を求めて
浮気に走ろうとする

73595be4c25e905eb553c0887f6ab0f06f0b45e5

まさにドラマの見過ぎ。浮気をしたところで、幸せな展開は起こらないし、人を傷つけるだけ。

13.
人より優位に立とうとする

心の中の嫉妬心が強いあなたは、誰かと比べた時に、自分の方が優れていたいと思ってしまう。そのために恋人が不可欠だと思ってしまうのは、恋に恋をしてる証拠。

たとえ、思い描いていた刺激的な毎日が広がっているわけではなくても、好きな人と一緒にいられるなら、それだけで幸せな気持ちになれるものです。妄想からは卒業して、本当はリアルな恋愛のほうが、ずっと素敵だってことに気がついて。

Licensed material used with permission by Elite Daily
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
インドドラマ「Pehredaar Piya Ki」は王家の血を引く9歳男子が18歳少女に一目惚れし、結婚前提・親公認の真剣恋愛をする物語。しかし批判殺到で...
恋をする、人を愛する感覚は、男女に差があるものなのでしょうか。多くの人が考えてしまう、答えのない問いのようなもの。その疑問を、様々な視点から解明するEli...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
「揚げる」という工程をなくしただけでも、春巻きはヘルシーになる。
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?カップルの相性は、あなたにとって今の恋人がどういう存在かでわかります。6つのポイントでチェックして...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
お互いに好きであっても、相手の心を傷つけてしまうことはあるもの。時々であるならまだしも、一緒にいると不幸になるんじゃないかと。見ているコチラが心配になるよ...
精神科医師の水島広子さんが書いた書籍『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)では、そのタイトル通り、女性の人間関係について困っている人の悩みに真摯に答えて...
焼きたてハンバーグをカットして上から押すと、断面から肉汁がジュワ〜。あれ、自宅でも再現可能です。
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
資生堂発のブランド「インテグレート」の新アイシャドウPRは、なんとweb少女マンガ形式。しかもユーザーによるセリフやコマの選択で結末が変化していく恋愛シミ...
当たり前なんだけれど、意外とできていないこと。
「LOVE」という単語、「恋」という?「愛」という?
恋愛は、人を盲目にします。ひとつの恋が終わって初めて、大切なことを学ぶこともあるでしょう。「Elite Daily」のライターPaulaさんが寄稿している...
好き同士が一緒になれれば、きっと幸せになれる。本来はそのはずだけれど、それほど単純じゃないからこそ恋愛は難しい。そう、実は「好きの対象」が重要なんです。「...
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
こういう彼とは、未来なんて考えられません。
「どうすれば周りに頼らずに生きていける?」という質問に、神経科学者のNicole Gravagnaさんは「周りに頼らなければいい」と返答。彼の「周りとうま...
大きな喜びをもたらすことがあれば、その逆も然り。それが恋愛というもの。作家兼英語教育研究家である晴山陽一さんの著書『こころ涌き立つ 英語の名言』から、著名...
男性をきゅんとさせるポイントは、あなたのどこに隠れているのか。それを見つけるだけでも、大きな進歩になるはず。「Elite Daily」の記事をもとに、恋愛...
外国人の住居者が年々増えている日本。違う文化やバックグラウンドから来た人と出会って恋に落ちることもあるはず。だからこそ紹介したい、日本人が外国人に対して勘...
「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...