都会なのに大自然。羽田から直航便アリ。そんな国、行かずにはいられないでしょ!

「どこかへ旅に出たい」。忙しい日々が少し落ち着いたときや、大きな仕事に区切りがついたとき、自分へのご褒美として海外旅行に出かけたくなります。

ただ、貴重な休みだから時間を無駄にしたくないし、事前に特別な準備をするのは面倒だし、とはいえせっかくだから非日常的な気分は味わいたいし……と思いめぐらせていると、なかなか行き先が決まらないんです……。

でも、そんな欲張りな女性でも満足できる旅先を見つけました! それが、ニュージーランド。実は、2017年7月21日より羽田からニュージーランド・オークランドまでの直行便が就航されて、これまでより断然身近な旅先になるんです。

仕事帰りに
「ちょっとニュージーランドまで」

「羽田 - オークランド」の直行便の出発時刻は25時台。仕事帰りに「ちょっとニュージーランドまで」なんてことができるから、忙しく働く女性にとってはかなりありがたいところ。だから自分へのご褒美旅をめいっぱい堪能できます!

都市部だから安心。でも非日常な雰囲気たっぷりのオークランドとクイーンズタウン

ニュージーランドのなかで、とくに訪れてほしいのが二大都市のオークランドクイーンズタウン。都市部だからインフラがしっかり整っていて、不便な思いをすることはありません。

そしてこのふたつの都市の最大の魅力は、インスタジェニックな風景がたくさんあること! 非日常な感覚を味わいながら、好きな服を着て街歩きをしたり、おいしいレストランをめぐったり、美しい景色を堪能したり……。そんな特別な一瞬をときめくような写真のなかに収められるなんて、想像しただけでワクワクしてきます。

ここで、オークランドとクイーンズタウンそれぞれの、インスタジェニックな場所ベスト3をおさえておきましょう。少し足を伸ばして訪れることができるオススメスポットも併せて紹介しちゃいます。

オークランド BEST3

01. ポンソンビー

Photo by Miles Holden

ポンソンビーはローカルイチオシのオシャレなエリア。セレクトショップや雑貨店、行列のできるレストランまで見所満載!歩き疲れたら、雰囲気のいいカフェがたくさんあるので、コーヒー片手にインスタジェニックな写真が撮れること間違いなし!

02.ワイヘキ島

Photo by Air Newzealand

オークランドからフェリーで約40分と気軽に訪れることのできるワイヘキ島。評価の高いワイナリーが数多くあり、ワイン好きなら絶対に訪れておきたいスポット。週末にはオークランド近郊の人たちがリゾート気分で訪れます。ニュージーランドワイン片手に、美しい景色を堪能しましょう。

03. ホビット村

Photo by 株式会社JTBワールドバケーションズ

オークランドから車で約2時間の場所にあるホビット村。ハリウッド映画『ロード・オブ・ザ・リング』の撮影地で、ホビットたちの暮らす村のセットがそのまま残されているんです。まるで映画のワンシーンのような写真が撮れるはず。

クイーンズタウンBEST3

01. ボブズヒル

ボブズヒルは標高800メートルに及ぶ丘。頂上の展望台からは眼下に広がる街並みを一望できます。ボブズヒルにある展望レストランは「世界一景色の美しいレストラン」に選ばれたことがあるほど。絵葉書と見まごうくらい美麗な写真が撮れそうです!

02. ワカティプ湖

Photo by 株式会社JTBワールドバケーションズ

クイーンズタウンに面したワカティプ湖は、細いS字型をした独特な形の湖。湖の両側は高い山々に囲まれていて、都市にいながら自然の雄大さを感じることができます。「湖上の貴婦人」と呼ばれる蒸気船アーンスロー号で遊覧すれば、街の全景をバックに写真を撮ることができます。

03.カワラウ橋

Photo by 株式会社JTBワールドバケーションズ

カワラウ橋は、世界で初めてバンジージャンプが行われた場所。切り立った崖に囲まれた橋から眺める景色は、ゾクゾクするほどの美しさ! もちろん景色だけでなく、バンジージャンプに挑戦して一生忘れられないスリリングな体験をしてみるのもあり。

「行ってみたい」と思ったら、
今すぐ決めよう!

欲張りな働く女性の願望を満たしてくれる旅先、ニュージーランドのオークランドとクイーンズタウン。少しでも「行ってみたい……!」と思ったら、今がご褒美旅に出かけるチャンスかも。

ルックJTB「羽田発 羽田〜オークランド直航便就航記念ニュージーランド」商品の「羽田発着 オークランド」「羽田発着 クイーンズタウン+オークランド」コースなら、4月27日(木)までの予約完了で基本旅行代金が20,000円引きに、それ以降でも出発90日前までの予約完了なら、10,000円引きになるんです!

ルックJTBなら追加料金なしで楽しめる!

さらにルックJTBなら、現地在住の日本語ガイドがそれぞれの街の見どころを案内してくれるツアー「ようこそオークランド」「ようこそクイーンズタウン」、さらにクイーンズタウン発着で、ニュージーランド最高峰の世界遺産マウントクックや、湖畔に教会が佇み神秘的な雰囲気漂うテカポ湖といった南島の見どころをご案内する「ルックJTBマウントクック号」などの観光プランが追加料金なしで楽しめますよ。

これからもずっと頑張り続けるために、たまには特別なご褒美を楽しんだっていいはず。この機会に、ニュージーランドへインスタジェニックな旅に出かけましょう。

あのb-monsterが羽田空港にオープン日本初、空港内にあるフィットネスジムb-monster HANEDA studio〒144-0041 東京都大田...
海外から帰ってくると、多かれ少なかれ手元に外貨が残るはず。それを、毎度律儀に両替し直すのは、思いの外ハードルが高い。そもそも硬貨に関しては、両替所でも銀行...
空の旅も乗り継ぎ時間をどう過ごすかは永遠の課題。そんなとき空港内のグルメな情報があれば、きっとただの待ち時間から、美味しい時間になるはず。
このこだわりをトラベルシーンに限定するなんてもったいなさすぎ!「コンサイスのトラベルスリッパ」の紹介です。
「Go Travel Dress」は、リップやパスポートを入れられるポケットがある、多機能なトラベル用ドレス。スマホはもちろん、防犯性に優れたお金をしまっ...
誰も踏み入れていない地をあえて散策することに、意味があると思うんです。だから春休みにどこに行こうか迷っているのなら、みんなが選ばない都会や文化をあえて探っ...
羽田空港国内線第1旅客ターミナルの出発ロビーで、アート展示「旅する日本語」が開催されています。放送作家の小山薫堂氏による「旅」と「日本語」をテーマにしたエ...
いろいろ発売されているトラベルポーチですが、実際購入するとなると、これが難しい。どのサイズをどれだけ購入すればいいのか、旅慣れた人でも最適な答えを出すのは...
今まで訪れた中で、一番心に残っている国はどこですか?3年半に渡って世界中を旅してきたJacob Laukaitisさんにとって、それはニュージーランドでし...
どうしても仕事に行きたくない朝。あなただったらどうしますか?重い足を引きずって泣く泣く会社に行く人もいれば、ウソも方便と1日だけ休んで家でゴロゴロしちゃう...
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
使い方はカンタン。あなたが今まで訪れたことのある国や都市をピンするだけ。実際にやってみて思ったのは、世界地図を見ながらやると旅の記憶が鮮明に蘇ってくるとい...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
すべての旅人が陥る「病」があるといいます。旅とは、異文化に飛び込み、そこにある「決定的な違い」を目の当たりにする体験だと言えます。そんな非日常から帰ってき...
せっかくの休みなんだから、アジアを飛び越えて、オセアニアまで行っちゃいましょう!
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
この約5分間の映像は、特に都会暮らしの人に見てほしいもの。ハッキリ言って、現実逃避したくなること必至です。次々と映し出されるニュージーランドの自然を生かし...
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
気の向くまま、足の向くまま、思うがまま、好きな行動が出来る「1人旅」が最近ブームになっている。1人で異国の地に行くのは少し怖い気もするが、良い経験になるこ...