町の読み方って…「マチ」と「チョウ」どっち?

「地名に関する本はあるのに、住所に関する本はない…ならば住所の適切なガイド本を作りたい!」

そう思い立ち「住所の仕組み」についてまとめた本を手がけた、フリーライターの今尾恵介さん。彼は著書『番地の謎』(光文社)で、個性的な住所名にスポットを当てて深く掘り下げています。

今回は、土地の名前でよく使われる「町」の読み方について。「マチ」と「チョウ」のふたつがありますが、どちらがどの地域で多く使われているのか? 歴史や傾向を見てみましょう。

※以下は光文社知恵の森文庫『番地の謎』を再編集したものです。

マチとチョウが隣接する
「東京の地下鉄」

Bb0e004e8174c9562984c0914833a0b58a66f4fc

東京の浅草から地下鉄銀座線に乗ると、次の駅が田原町でその次が稲荷町です。どちらも住居表示の実施(郵便物を配達しやすくするため、住居の表示を分かりやすくした制度)で町名としては消えてしまいましたが(現在は西浅草、東上野など)、駅名は変えられずに現在まで使い続けられています。

ちなみに、このふたつの町は「たわらまち」「いなりちょう」と呼びます。

同じ「町」なのにマチとチョウの駅名が隣り合っているのですが、このような例は珍しくありません。古本屋街の神保町は「チョウ」ですが、その隣の小川町は「マチ」。日本では小学生でも知っている「町」の字なのに、どうして読み方が一致しないのでしょうか? 

まず「町」には、地方自治体としての町と、市町村の中に含まれる町(地方自治法にいう市町村の区域内の町)の2種類があるようです。

自治体名では
東日本がマチで
西日本がチョウ

まず、自治体の「町」をどう読むのか調べてみました。

ただし調査で使った資料は、平成15年度版(2003年)新潮選書版の「住所と地名の大研究」です。(平成の大合併が終わった今では、自治体数も約半減しているため、状況が変わっていることをご了承ください)。

北海道が森町を除いてチョウ、東北は青森、秋田、山形、福島がマチ、岩手と宮城は混在、関東はすべてマチ、中部は福井を除く北陸と長野がマチで山梨が混在、東海、近畿、中国、四国のほぼ全域がチョウ、北九州は混在、南九州と沖縄はチョウとなっています。

大まかな傾向としては、北海道以外の東日本がマチ、西日本がチョウ、ただし九州は混在というのが実情のようです。

市町村内の「町」は
どうか?

156e51bfe0a826491edd4481fb740bd62574aaae

では、市町村内の「町」をどう読むか…ですが、こちらはさらに膨大な数が全国にひしめいているので、傾向を掴むまでには至っていません。ただ、自治体とは異なる歴史があるようです。

近世以降の城下町における居住地といえば、おおむね町人の住む町(町人町)と、武家屋敷の2種類がありました。このうち武家屋敷は正式町名がなく、明治になって通称地名を町名としたり、町人町と合併という形で町名が命名されました。

町人町の中には、いわゆる「職人町」があります。鍛冶町、大工町、紺屋町などが「職人町」にあたりますが、これらをどう読むかといえば、これは洒落でもなく「マチマチ」です。

東京の例でいえば、千代田区神田の鍜治屋町、紺屋町、北乗物町などはチョウですが、新宿区牛込地区の細工町、箪笥町はマチです。武家屋敷があった地域でも、牛込の矢来町、千代田区の一番町、紀尾井町などはチョウですが、御徒町(現在は駅名のみ)、大手町はマチ…と、やはり統一されていません。

地方都市を見ると、仙台や和歌山などでは本来、武家屋敷の「丁」と町人の住む「町」を字で区別していましたが、仙台については以前「丁」であったところが居住表示の実施で「町」とされてしまったため、明快な区別が失われてしまいました。同市には今なお小田原金剛院丁、東七番丁、保春院前丁などが生き残っていますが、今後はどうなるか分かりません。

このように「チョウ」と「マチ」の問題は、それほど簡単なものではなかったのです。

地図や鉄道関連の本に多く携わってきたフリーライターの今尾恵介さん著書『番地の謎』(光文社)では、日本の住所表記について掘り下げ、歴史や傾向について詳しく紹...
歴史的建造物が多く残り、観光地としても人気の「京都」。その地で活躍した人物や歴史的事件は、国内外問わず多くの人が興味を持っています。これまで、地図や鉄道関...
アイスでもなくプリンでもない、あくまで牛乳、な、謎のスイーツが口コミで話題です。「よくわからないけどおいしい!」「GWにお店の前に渋滞ができたらしいよ」と...
東急大井町線、荏原町駅。駅を出るとすぐ「荏原町商店街」があり、少しだけ昭和にタイムスリップした気分になります。そんな荏原町商店街から1本入った住宅街にある...
いっときのサードウェーブ系コーヒーショップのように、いまだに長い行列をつくる台湾茶スタンド。お目当はもちろんタピオカ入りミルクティーなんでしょうけど……。
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」の人気イベント「GIRLS FESTIVAL」でセルフィー&スナップを実施! プライベートに迫るアンケートも公開!
エネルギッシュな街には、うまいラーメン屋が多い。ビジネスと交通の中心地「品川」もそんな街のひとつだと思う。昼も夜も、多くの人が行き交うこの街で、それぞれ五...
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
京都府与謝郡伊根町。丹後半島の北東部に位置し、古代より大陸との交流が盛んなこの町には、どこかノスタルジックな光景が広がっています。「まさか、京都にこんなと...
Pornhubへの流入が、通常時に比べて21%も増えた時間帯があったのだとか。
噂には聞いていたし、気にはなっていたんです。世界有数のオーガニックタウン、小川町(おがわまち)。そんな小川町に、最近新たにオーガニックコーヒーが飲めるカフ...
「Incredible Edible」はイギリスの田舎町トッドモーデンから始まり、今では同国のいたるところで行われているフードプロジェクトです。
2016年7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計...
日南・飫肥で、地域再生や古民家再生プロジェクトなどに関わる人たちが、誰が呼びかけるわけでもなく自然と集まってくるBarがあります。雰囲気は、アメリカの田舎...
港につけた船から朝採りの牡蠣を直接売っているところもありますが、それ以上に新鮮です!
北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。
栃木県益子町の田町地区、そのさらに一部の家庭で夏になると食べられるソウルフードがあります。その名も「ビルマ汁」。誕生したのは1945年。太平洋戦争でビルマ...
僕のなかのワインのイメージと言えばやっぱりまだ、高級で、ハレの日のもの。でも、今回訪れた「東京ワイナリー」は真逆。東京ワイナリーがあるのは、近隣にコインパ...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...
埼玉県・小川町は、おいしさとやさしさが溢れる町だ。オーガニックでおいしい食べ物は、僕たちの心を体を満たしてくれるし、地球にとってやさしい、ということも大切...
徳島県神山町で移住者に「お父さん」と呼ばれて親しまれている岩丸さんです。移住者が多いことで知られるようになった神山町ですが、そこにはきっと何か特別な努力が...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...