世界一辛い唐辛子「Pepper X」。ハラペーニョの300倍。

辛党のみなさんはご存知でしょうが、ここ4年間、名実ともに最も辛い唐辛子として王座に君臨していたのは「Carolina Reaper」という種類。もちろん、ギネス認定されているコイツ、「Reaper」とは(刈り取るもの)の意で、命を刈り取る死神の鎌をイメージしてつけられた名前だとか。 ハラペーニョの数倍辛いハバネロやアカハチ(沖縄の唐辛子)よりもはるかに辛い。

この「Carolina Reaper」でさえ、死神の名を配するほどのキケンな辛さ。ところが、これをさらに上回るブツが誕生したというのです。ギネス認定の辛さを上回る唐辛子って、一体どんなもの?

その辛さ、ハラペーニョの300倍!

Cd54b7fb575742884f86fba4441761b5365d38f4

もう、見た目から限界を振り切っちゃってますよね。これがハラペーニョの300倍辛いと言われている「Pepper X」。

具体的にどれくらい辛いのかというと、生食すると命の危険にさらされるレベルだそうで。皮膚に触れるだけで炎症が起こり、脳はそれを火傷だと勘違いするほどの威力を持っているといいます。

そもそも唐辛子には、スコヴィル値という辛さを表す単位があり、この数値が大きくなればなるほどより辛い唐辛子と認定されます。例えば耳馴染みのあるハラペーニョは、最も辛いもので1万~2万スコヴィルほど。

Carolina Reaper」でさえ数値は平均で160万スコヴィル。ところが「Pepper X」はなんと318万スゴウィルと、「Carolina Reaper」の約2倍、ハラペーニョの約150〜300倍の辛さなのです。

マッドサイエンティストが
10年かけて開発

Afac856e57ea31977488b5070a5f7e3f07dc53cb

この恐ろしい唐辛子を生み出したのは、Smokin’ Ed Currie氏。サウスカロライナ州にあるPuckerButt Pepper Companyのチーフであり、シェフであり、マッドサイエンティストであると紹介されています。ちなみに彼、「Carolina Reaper」の生みの親。つまり自分で作った「世界一の辛さ」を、自分で塗り替えたということ。

Currie氏は、10年ほど前から様々な品種の唐辛子を交配させ、徐々にスゴウィル値を上げてきました。そして長い月日を経てようやく辿り着いたのが、スゴウィル値300万を超えるこの「Pepper X」だったということ。

5697e951be47084acfe0f83b6b14b172056b042c

「Pepper X」を生食すると死ぬ危険があるので、さすがに死ぬ危険を冒してまで生食する人なんていないはず。ソースとして加工した「The Last Dab」で死の淵を彷徨ってみてはいかがでしょう。ビネガー、ジンジャールート、ウコン、コリアンダー、クミン、乾燥マスタードが加えられていて、暴力的な辛さの中にも豊かな風味が効いた仕上がりだそうですよ。

オンラインで販売開始後、わずか2分で1000本が完売したというこの人気商品。現在は予約注文のみで入手可能です。

F322f6c238d772fc3f533ec988db359d37771f03Def10f2d9b308878391dc6d774c01aa338b972b5

そうそう、「Pepper X」も現在ギネス記録に申請中。死神の鎌に刈り取られる2倍の苦しみ、想像すらできませんね。

Licensed material used with permission by PuckerButt Pepper Company
「The Toe of Satan」は、hellfireと呼ばれるチリを使用。その辛さは、じつにハラペーニョの900倍なんだとか。ここまで辛いとなると、も...
徳島県、美馬地方で万能の薬味として親しまれている「みまから」。これが実は、とんでもなく辛い食べ物なんです。「みまから」の原料は、古くからこの美馬地方で栽培...
『The BEACH BURGER HOUSE』で食べたハンバーガーは、これまで自分が食べた中で一番美味しいと思った。ビールを飲みながら3つも食べた。世界...
スイスのマッターホルンに世界一長い吊り橋が架けられた。全長494m、高さは85m。まさに天空に架ける橋だ。橋を渡る人の姿は、空中散歩をしているよう。高所恐...
彼女に振られたら辛いのは、誰もが同じ。だからと言っていつまでも落ち込んでいるわけにはいきません。一刻も早く明るく立ち上がるために、捨てるべき7つのものをお...
かつて、脳卒中の割合が全国1位にもなった長野県。塩辛い食生活がその原因らしい、ということで官民一体となって行なったキャンペーンのひとつが「塩の代わりにスパ...
これが、2018年度『Guinness World Records』で認定されたアフロ。彼はBenny Harlemさん。アメリカを拠点にモデル・歌手とし...
食べた人があまりの辛さに「ヒィー」と鳴くところがほととぎすの鳴き声に似ているということで、この名がつけられた「ほととぎす巻」。落花生、水飴、辛子粉をベース...
「どうしたの?」写真を観た瞬間に心の中で呟いてしまった。こちらの猫の名前は、ルフくん。世界一さびしげな顔の猫として知られているようだ。この物憂げな表情が、...
地域の特性を活かしたコンセプトストアを各地に展開するスターバックス。そのひとつ富山環水公園店は、「世界一美しい」と賞賛されるスタバなんだそう。どれどれ、I...
食卓にすっかり浸透した「ゆず胡椒」。そんなゆず胡椒愛好家の間で、話題になっているのが「かんずり」という調味料。その「かんずり」の魅力や料理がグンとおいしく...
エスニック料理といえば、やっぱりパクチー。どんな料理に入れても楽しめるので、トッピング用にたくさん購入する人も多いですよね。そんなマニアも唸らせる「万能パ...
女性の方で、大好きな彼のことを思い続けていると、次第に「辛い」、「苦しい」と感じるときが来るかもしれません。自分が誰かを思い続けることで何かをする上での原...
「日本の公共交通機関は、世界一時間に正確」これは一般的によく言われていることですよね。特に鉄道。1分のズレをも決して良しとしないその姿勢は、多くの訪日外国...
 タイ料理というとすぐに思い出すのは、超辛いトムヤンクンやピリっとした肉のサテ。でもこういうガツンと刺激のある料理だけじゃなく、酸っぱ甘くてさわやかなサラ...
7月22日から24日にわたって、ロンドンで開催された「Just Eat Food Festival」。ここに現れたスイーツ「Zebra Cro」が、ありえ...
『全196ヵ国 おうちで作れる世界のレシピ』(ライツ社)では、著者の本山尚義さんが、直接現地の人に教えてもらったからこそわかる料理を、家庭でもかんたんに作...
ギネス世界記録のなかには、ちょっと首をかしげたくなるような、常人では理解するのが難しい“珍記録”も多々ある。が、それを行う当事者からすれば、この一瞬のため...
これは、「Food52」でライターHana Asbrinkが紹介した記事ですが、なんでも2018年のトレンドとなるかもしれないとか。途切れることがないアメ...
ここで紹介するのは「Expanded Consciousness」に掲載された、記事。タイトルの通り、ちょっと落ち込んでいる…という人に読んでもらいたい記...