東京から直行便で3時間半、「星が降ってくる」を体験できる島

空一面の星、星、星。

この写真は、東京から直行便でなら約3時間半で訪れることができる島で撮影されたものです。

その島とは、北マリアナ諸島のサイパン島

青い海やリゾートのイメージが強いサイパンですが、星空もスゴイんです。知ってました?

南十字星から流れ星まで!!

おうし座流星群 火球 ©Star Gazing Saipan

恋人同士ならロマンチックに、家族旅行なら子どもたちも大喜び、もちろん友達同士でも感動できるサイパンの星空。そこには、日本ではなかなか見ることのできない南十字星や数え切れないほどの流れ星が!

そう、サイパン島をはじめとする北マリアナ諸島は、マリンアクティビティに加えて夜空に浮かぶ星の美しさで有名なんです。

この星空が目当てでサイパンを訪れる人も少なくないそうですよ。

どうして北マリアナの空は、
星がたくさん見えるのか?

キャピタルヒル ©マリアナ政府観光局/MVA

当たり前ですが、空気が澄んでいて雲がない空では星がキレイに見えます。ただし、これだけなら、多くのビーチリゾートが当てはまるはずです。

サイパンの星空が特別なのは、それらの気象条件に加えて「他の有名リゾートに比べて、光害がとても少ない」というのが大きな理由です。

上の写真はサイパンの中央部のキャピトル・ヒルからの一枚。

これがサイパンだというつもりはありませんが(実際、ホテルやショップが軒を連ねるガラパンでは、ショッピングやフォトジェニックなレストランもありますしね!)、こんなのどかな風景が広がっている島です。

周囲に明かりが少ない分、肉眼でも星がきれいに見えるんですね。

しかも、「スポット」まで行く必要ナシ。

見たことのないような満点の星空に圧倒される ©Star Gazing Saipan

サイパンの星空。

その人気の秘密は手軽さにもあります。

例えば、星空観測ツアーはハワイにもありますが、観光バスで数時間かけて移動するなど、わざわざ観測スポットまで足を運んで楽しむ、というのが一般的です。

先程も軽く触れましたが、サイパン島、テニアン島、ロタ島といった北マリアナ諸島の島々には、それほど大きな街がないので、どこでも肉眼で美しい星空を楽しめます。くわえて島のサイズも小さくアクセスがとても便利。ゆえに観測スポットへ行くといっても車で30分以内という手軽さなんです。

例えば、「Star Gazing Saipan」は、日本人のガイドによるホテルへの送迎付きツアー。サイパン島のなかでも、とくに観測に向いているというグロットの展望台(※)やバードアイランドで星の解説をしてくれるだけでなく、星空写真の撮り方までレクチャーしてくれます。

もうひとつ挙げるなら「Jungle Jim's Adventure Tours」も注目です。こちらは雲の状況を見ながら、その日のベストビーチで寝転がって星を観測するという内容。ガイドのジムさんは日本語も堪能ですよ。

もちろん、ホテルから少し歩いて空を見上げるだけでもOK。

サイパンでは、星は“わざわざ見に行くもの”ではなく、“当たり前に空にあるもの”なんですね。

(※)2018年8月現在、展望台の改修工事のため一時閉鎖中。

直行便でたったの「3時間半」

ジャイアントサイパンサイン ©マリアナ政府観光局/MVA
ウィングビーチ ©マリアナ政府観光局/MVA
マイクロビーチ ©マリアナ政府観光局/MVA

ここまでで、「サイパンの星空を体験してみたい」と思った人へ。

サイパン島へは、ハイシーズンに主要都市発着で運航されるチャーター直行便でなんとたったの3時間半という距離。チャーター直行便がない時期は、仁川(韓国)やグアム経由でアクセス可。
 
星空に加えて、常夏の島なのでダイビングやシュノーケリングなどのマリンアクティビティも年中楽しめるし、週末を海辺でのんびり過ごすなんて贅沢なリゾート体験も可能。

次の旅行先として検討したい人は、下のボタンからドーゾ!

Top photo: 降り注ぐかのような星に圧倒されるマリアナの空 ©Star Gazing Saipan
「星のや竹富島」に泊まってみて、実際に感じたことを書いていく。
2016年7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
アウトドアといえば、どう考えても夏のイメージ。寒さゆえ外で過ごす機会が減ってしまう冬は、はっきり言って不向きでしょう。でも、こんなグランピング体験なら話は...
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
洋画に出てくる大富豪やギャングになりきってみたい……。そんな願望があるあなたにおすすめしたいのが『Make It Rain Money Gun』!
ここで紹介するのは、Airbnbで体験できる島旅の中から3つピックアップしたもの。「のんびり、ゆったり、まったり」。波の音でも聞きながら、ビール片手に、い...
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
三浦半島城ケ島公園で、初の野外映画祭「星降る町の映画祭 with CINEMA CARAVAN」が、9月30日に1日限定で開催されます。映画監督専用のギャ...
乗り継ぎ時間のケアいらずで、三ツ星シェフの味を堪能できるフェウミチーノ空港の『Attimi By Heinz Beck(アッティミ・バイ・ハインツベック)』。
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
小笠原諸島母島の、美しい動画をご覧ください。
山梨の河口湖にある「星のや富士」は、2015年に日本初のグランピングリゾートとしてオープンし、かなり話題になったのを覚えています。そこで今回は、気になって...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
長野県阿智村。そこは環境省認定の「日本でいちばん星が輝いて見える場所」。東京での生活に疲れた同じシェアハウスに暮らす私たち3人は、この星空の下で、自分たち...
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
ニュージーランドのワイヘケ島は、オークランドから40分でいける島。ワイナリーと海が有名で、景色が最高に綺麗なんです。島の人たちも優しくて、疲れた心を癒して...
より多くの人により多くのビーチを楽しんでもらうために考えられたのが「Beach Colors ®」です。
山梨の河口湖にある「星のや富士」は、2015年に日本初のグランピングリゾートとしてオープンし、かなり話題になったのを覚えています。そこで今回は、気になって...
沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...
『流星電波観測プロジェクト』によると、あまり条件は整っていないけれど、5月6日17時に、みずがめ座η流星群が極大を迎えます。
「星のや富士」は山梨県南都留郡富士河口湖町に、2015年10月30日(金)開業予定。日本初のグランピングリゾートとして、注目度を高めています。ちなみに、グ...
どうやら、週末に離島へ行けるツアーがあるようだ。東京近郊、離島、ツアーなどのいくつかの条件で調べてみた結果、僕がたどり着いたのは「プラネタリウムアイランド...
Virgin Holidaysのパッケージツアーを申し込んでいれば、誰でも無料で遊び放題です。