「今日は、死ぬにはいい日だ。」

 

日々、この「TABI LABO」のなかでわたしは、いろんな人の価値観や言葉をみなさんに伝えています。ちょっと矛盾があるかもれませんが、そんなことをしておきながらも、本当は「ぜんぶ、なんでもいい」って思っているんです。

「なんでもいい」ってすこしネガティブな感じがしますが、「どうでもいい」っていうのとは違います。語弊をおそれずに言うと、「ぜんぶ、真にうけないでほしい」っていうことでしょうか。

こんな大人になりたいからこれを実践しよう、こんな恋愛をしたいからこういうコミュニケーションに気をつけよう、っていっぱい考えちゃいがちですが、単純に、自分が「きれいな気持ち」でいられそうだと思うものだけを、吸収してほしいって思うんです。

 

「単純でいる」こと

 

複雑さの中でつぶれてしまいそうになったことがあるから、いま、わたしは自分が「単純になっていく」ことを実感できているのかもしれません。

いい空気を吸うこと、いい気持ちになること、いい景色を見ること。自分が、無理せず好きでいられるもの、好きでいられるひと。たったひとりの自分の「単純な」気持ちに耳をすますと、好きなものやひとへの嘘がなくなります。

きれいな気持ちで見る景色は、絶景でもなんでもなくても、きっと「いい景色」。すぐとなりいる、好きなだれかの横顔だってそうでしょう。

 

瞬間の気持ちに目をむけて

 

「明日、死んでも後悔しない?」っていう質問、よくあるけれど、そんなのもちろん想像の上での話でしかない。でも、たとえば今日死んでしまっても大丈夫なくらい、毎日を、瞬間を、あたらしく「きれいな気持ち」で過ごしていたいって思うんです。

大人になればなるほど、いろんなことを覚えて知っていきます。それが足枷になるような気さえしていたけれど、いろんなことを知るからわたしたちは、自分のなかに残すべきものを選ぶことができるのかもしれません。

 

今日は、
もう一度生まれるにはいい日だ

 

上に書いたことは、『今日は、死ぬにはいい日だ。』という本を読んで、わたしがあらためて思ったこと。読了したいま、ここからもっと自分が「単純になっていける」ような気がしています。ひとつひとつの瞬間に目をむけて、大切なものや、大切なひとにふれていたいな。

この記事のアイキャッチ(一番上の画像のことです)、何にするかとても悩みました。さわやかなイメージは、なんだか違うような気がして。いまわたしたちが生きている混沌とした時代や生活のなかで、ひとりでも多くのひとに、この本を読んでもらえたらと感じています。

 

最後に。

作者はこのタイトルを、こんな言葉にも言いかえられるといいます。

 

「今日は、もう一度生まれるにはいい日だ。」

 

 

この本ができあがるまでを綴った記事はこちら

いつもよりちょっと「健康的な食事」を、心がけませんか?
朝起きて、カーテンを開けたら、一面の銀世界…。あぁ、今日は会社、行きたくないなぁ。今日ほど、切実に、確実に会社を休みたいと思っている人はいないのでは。そん...
今年もこの日がやって来た。ニャンニャンニャンの語呂合わせから、日本では2月22日を「猫の日」と呼んでいる。いつ誰が制定した?世界猫の日との違いは?などの意...
NPO法人「True Animal Protein Price(TAPP)」が今月5日に発表したレポートによると、肉製品は環境や健康維持にかかるコストを反...
「畑にパンツを埋めてください」。フランスの農業会議所が農家に指示した内容は、とっても興味を引きます。今日(5月27日)から6月2日までにパンツを埋めて、8...
踏んだり蹴ったり、このまま終わるのはさすがにちょっと。
ここ最近、けだるそうで死んだ目をもつ「死んだ目」をした男子が人気です。次から次に新しい「○○系男子」が出現しますが、「死んだ目男子」とは、とても褒め言葉と...
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
2月17日、セックスと性的嗜好にまつわる悩みを解消してくれる「Lover」というアプリがローンチされた。音声ガイドやビデオ講座によって、具体的に指導をして...
働く女子はいかなるときもストレスフル。ふと気づいたら、心も体もヘトヘトになっていませんか?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する...
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
昼に外を歩いても出会えない景色が「夜の街」にはたくさん溢れています。仕事帰りに飲みにきたサラリーマンや、学校帰りの学生——。繁華街は、とても賑わっています...
フォトグラファーのAgus Nonot Supriyantoさんは、水たまりに映る世界をモノクロで撮影しています。そこに広がるのは、晴れの日には決して見る...
もしかしたら、日本でもごく一部の人しか知らないネタかもしれませんが……、毎年6月10日は「アイスティーの日(National Iced Tea Day)」...
スーパーマーケットの「西友」は「プランツラボラトリー」と共同で、上福岡店の店内に植物工場を開設。生産元が明確で、天候に左右されず、鮮度の高い野菜が提供でき...
2月14日、NBAとバスケットボール練習用アプリ「HomeCourt」が協力して、NBAスカウトへのアピールを可能にする「NBA Global Scoun...
「いいね!」をお金やモノ、サービスに変えることができるSNS「Poplle(ポップル)。6月には、セブンイレブンで使える無料商品引換券と「いいね!」を交換...
学生時代、「生きづらさ」を感じていたという大阪在住のAjuさん。自身が「発達障がい」であると、彼女が知ったのは大学生の頃。周囲と自分の違いに、死ぬことまで...
ビジュアルアーティストのJason Allen Lee氏が制作したWindowという作品。開いている窓からひたすらに他人の日常を撮影し続けています。「プラ...
無邪気な「発散力」が大事らしいです。
スカイダイビングをする。バルセロナに一度は住んでみる。イルカと一緒に泳ぐ。こういった死ぬまでにしたいことを明確にすることで、人生が充実しはじめる。そう指摘...
持っているから「思い出」なのか? 失ってしまうから「思い出」なのか?