「今日は、死ぬにはいい日だ。」

 

日々、この「TABI LABO」のなかでわたしは、いろんな人の価値観や言葉をみなさんに伝えています。ちょっと矛盾があるかもれませんが、そんなことをしておきながらも、本当は「ぜんぶ、なんでもいい」って思っているんです。

「なんでもいい」ってすこしネガティブな感じがしますが、「どうでもいい」っていうのとは違います。語弊をおそれずに言うと、「ぜんぶ、真にうけないでほしい」っていうことでしょうか。

こんな大人になりたいからこれを実践しよう、こんな恋愛をしたいからこういうコミュニケーションに気をつけよう、っていっぱい考えちゃいがちですが、単純に、自分が「きれいな気持ち」でいられそうだと思うものだけを、吸収してほしいって思うんです。

 

「単純でいる」こと

 

複雑さの中でつぶれてしまいそうになったことがあるから、いま、わたしは自分が「単純になっていく」ことを実感できているのかもしれません。

いい空気を吸うこと、いい気持ちになること、いい景色を見ること。自分が、無理せず好きでいられるもの、好きでいられるひと。たったひとりの自分の「単純な」気持ちに耳をすますと、好きなものやひとへの嘘がなくなります。

きれいな気持ちで見る景色は、絶景でもなんでもなくても、きっと「いい景色」。すぐとなりいる、好きなだれかの横顔だってそうでしょう。

 

瞬間の気持ちに目をむけて

 

「明日、死んでも後悔しない?」っていう質問、よくあるけれど、そんなのもちろん想像の上での話でしかない。でも、たとえば今日死んでしまっても大丈夫なくらい、毎日を、瞬間を、あたらしく「きれいな気持ち」で過ごしていたいって思うんです。

大人になればなるほど、いろんなことを覚えて知っていきます。それが足枷になるような気さえしていたけれど、いろんなことを知るからわたしたちは、自分のなかに残すべきものを選ぶことができるのかもしれません。

 

今日は、
もう一度生まれるにはいい日だ

 

上に書いたことは、『今日は、死ぬにはいい日だ。』という本を読んで、わたしがあらためて思ったこと。読了したいま、ここからもっと自分が「単純になっていける」ような気がしています。ひとつひとつの瞬間に目をむけて、大切なものや、大切なひとにふれていたいな。

この記事のアイキャッチ(一番上の画像のことです)、何にするかとても悩みました。さわやかなイメージは、なんだか違うような気がして。いまわたしたちが生きている混沌とした時代や生活のなかで、ひとりでも多くのひとに、この本を読んでもらえたらと感じています。

 

最後に。

作者はこのタイトルを、こんな言葉にも言いかえられるといいます。

 

「今日は、もう一度生まれるにはいい日だ。」

 

 

この本ができあがるまでを綴った記事はこちら

“Today is a very good day to die.” この言葉は、俺の人生を2度も変えた。1度目は、インディアンネームを授かった時。2度目...
いつもよりちょっと「健康的な食事」を、心がけませんか?
ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.27 「イカ天」イカ天知ってるか?後輩のライター(男性24歳)に聞いたら、イカの天ぷらですかという答が返ってきた。うん...
goro'sのフェザーリングを眺めていると蘇ってくる旅がある。30代前半、過労死寸前になった自分を再生させるためにネイティブ・アメリカンの聖地へ向かった。...
独断と偏見でピックアップしました。
日本と同じく米が主食のタイにも、冷やし茶漬けに近い食べ物がありました。
朝起きて、カーテンを開けたら、一面の銀世界…。あぁ、今日は会社、行きたくないなぁ。今日ほど、切実に、確実に会社を休みたいと思っている人はいないのでは。そん...
踏んだり蹴ったり、このまま終わるのはさすがにちょっと。
ここ最近、けだるそうで死んだ目をもつ「死んだ目」をした男子が人気です。次から次に新しい「○○系男子」が出現しますが、「死んだ目男子」とは、とても褒め言葉と...
焼きたてハンバーグをカットして上から押すと、断面から肉汁がジュワ〜。あれ、自宅でも再現可能です。
もしかしたら、日本でもごく一部の人しか知らないネタかもしれませんが……、毎年6月10日は「アイスティーの日(National Iced Tea Day)」...
スカイダイビングをする。バルセロナに一度は住んでみる。イルカと一緒に泳ぐ。こういった死ぬまでにしたいことを明確にすることで、人生が充実しはじめる。そう指摘...
まだまだ暑い日が続きますね。本日も1日お疲れさまです。今は帰宅されてる途中でしょうか?ぶっちゃけこんな時は、ボーッとするのが1番。こちらの動画をどうぞ〜。
働く女子はいかなるときもストレスフル。ふと気づいたら、心も体もヘトヘトになっていませんか?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する...
3月9日はバービーのお誕生日。レディに年齢を尋ねるなんて失礼なんだけど、一体いくつなんだろう?って思って調べてみたら…なんと59歳!そんなバービーが、見覚...
プーケットにある「Baba Nest」。ラグジュアリーホテルの最上階にあるこのカフェからは、パノラマの絶景を堪能できます。しかも、視界を遮る障害物はなく3...
カウントダウンが2桁になるという現実に、私のように焦りを感じている人へ。まだ大丈夫。3ヶ月続ければ、大体のことが習慣化されるという話もあります。参考になる...
今日は13日の金曜日。不吉なような、ドキドキするような。そんな日だからこそ、今日の夜はお家でホラー映画鑑賞なんていかがでしょう?生まれも育ちもNYのライタ...
今日は、人生最悪の1日。誰だって、そう感じることってありますよね?何もかもがうまくいかない。そんな負の連鎖から抜け出すことは、当然、簡単なことではありませ...
今日も、世界のどこかの「喫茶店」では。
goro’sは、原宿にあるインディアン・ジュエリーショップ。80年代〜90年代、渋谷で遊んでいた奴で、ゴローさんを知らない人はいない。そして、チーマーと呼...
「もしも今日が人生最後の日だったら、どんな1日を過ごしますか?」これ自体は、よく耳にする質問だと思う。でも、本気で自分に置き換えて考えたことはあるだろうか...