色紙の10倍泣ける贈り物

別れはいつも突然にやってきます。お世話になった上司の異動や定年退職、ずっと一緒だった同期の転職——。

色紙の寄せ書き用意しないと。でも、もっとグッとくるものは無いかな、と探している方に、ぜひオススメしたいのがWALL DECOR。思い出の写真をパネルにして、飾れる贈り物にしてくれます。

しまわれてしまう色紙より、
飾れる『WALL DECOR』。

色紙に寄せ書きって、別れのシーンの定番ですよね。
でも、贈ってもらったことがある人ならわかるはず。嬉しいけど、ずっと飾るにはちょっと…という感じで、しまってしまうことが意外に多かったりして。

『WALL DECOR』なら、撮った写真を、キャンバス地で絵画のように見せたり、ギャラリーで展示するようなパネルにだってできます。今までとは一味ちがう、素敵な贈り物にきっとなりますよ。

もちろん色紙と『WALL DECOR』の合わせ技なんていうのもアリ。色紙だけ贈るより、10倍くらいグッとくるはずだから、部やチームのみんなで、大切なあの人に贈ってみませんか?

上司や同期に、
忘れられない仲間の思い出を。

異動してしまうお世話になった上司や、転職してしまう同期に、部やチームのみんなから写真を集めて、その中からとっておきの一枚をセレクトして贈りましょう。写真は何でもいいんです。例えば、大変だったプロジェクトの最中に撮ったみんなの真面目な表情。社内旅行のときの、チームの仲の良さが伝わる思わずクスッと笑える一枚。ブレてたって変顔してたって大丈夫。むしろ、その時の状況を思い出せるくらいライブ感のある写真がいちばん喜ばれるはずですよ。

『WALL DECOR』はサイズも様々。飾りやすい小さいサイズで贈ってもいいし、大きな一枚を贈るのもいいかも。みんなで相談して、あの人を泣かせちゃいましょう。

スマホからでも、あっという間に注文できる。

写真をパネルに、なんて聞くとすごい手間がかかりそうですが、『WALL DECOR』は注文の手軽さもオススメできるポイント。注文の手順は、注文用サイトでサイズとパネルのバリエーション、フレーム素材を選択。PCなら贈りたい写真をドラッグ&ドロップ。スマホなら、カメラロールから選ぶだけ。しかもその場でカメラを起動して、新たに撮影した写真でも注文ができるのです。忙しい仕事の合間にサッと注文できて、サイズも種類も豊富。喜ばれる一枚を、今すぐつくってみませんか?

『WALL DECOR』は、親孝行にも使える。

『WALL DECOR』は贈り物として、様々なシーンで使えます。
例えば、両親へ。

親って、子供が生まれたりすると、自分たち以上に喜んでくれます。でも、子供の成長ってとても早くて、久しぶりに会うと顔が全然変わっているなんてことも。ちょっと離れたところに住んでたりすると、なかなか子供と会わせることができなくて、寂しがらせてしまいますよね…。スマホで写真を送るのもいいですが、親世代だと小さい画面で見るより、手に取れる大きな写真が好きな方もけっこう多いみたい。
だから、あまり会えない代わりに、『WALL DECOR』で、子供の成長定期便をしてみませんか?サイズも選べて手軽につくれるし、実家が遠方の人にとっては会いに行く新幹線代を考えると、リーズナブル。「いちばん可愛い」を贈るたびに更新して、両親を喜ばせましょう。

どんな写真だって、
思い出があれば贈り物になる。

『WALL DECOR』は、1,058円(税込)からつくることができて、バリエーションも豊富。今回ご紹介したようなシーン以外でも、あなたなりの一枚を、つくってみませんか?

写真展でも人気が高い「ミュージアム」タイプ

絵画のような「キャンバス」タイプ
(上記2点)

豊富なサイズで気軽につくれる「カジュアル」タイプ

TABI LABO限定クーポン 20%OFF

今なら、『WALL DECOR』20%OFFクーポンもご用意しています。限定クーポンを利用すると、Shacollaスターターキットなら882円(税込・ゆうメールで送料無料)よりお試しいただけます。大切なあの人に贈りたいと思ったら、ぜひ『WALL DECOR』を試してみてください。

茶葉1枚1枚をそのまま乾燥させた、押し花のような見た目の「Have a Herbal Harvest」。母の日の贈り物にいかが?
バレンタインのギフト候補に、「CRAFT CHOCOLATE WORKS」のスイーツをリストイン!
贈り物の中身にも負けず劣らず大事なのが、ラッピング。丁寧に、しかもセンス良く包まれたプレゼントを開けるのはワクワクするものですし、その中に入っているものも...
「え、そんなとこにも?」という国のワインをご紹介。チュニジアのロゼワイン「シディ・ブライム」は地中海性気候の恩恵を受けた1本。何か御礼の贈り物にするのに歴...
何時間使ってもサラサラで「臭くない・蒸れにくい・すぐ乾く」を標榜する「藍染めガーゼ」のマスクが新たに登場。今年で創業101年目を迎える久留米絣(かすり)の...
世界一濃厚なごまアイス、オーガニックの豆乳ジェラート……個性的なアイスクリームをご紹介。
今週末は『母の日』。今年はお母さんだけじゃなくって、仕事やプライベートでお世話になっている年上女性にギフトを贈ってみませんか?だって、『母の日』ギフトには...
しばらく旅に出る直前、知人と食事をとっていたら、飛行機の中は冷えるからとストールを受け取ったことがあり、なんて気が利いているのだろうと驚いたことがあります...
Elite Daily」のライターJasmine Vaughn-Hallによれば、この地球上にいるほぼ誰にでも贈ることのできる最高のプレゼントというのは、...
オンラインギフトチケットサービス「giftee」で「Uber Eats」のギフトチケットの発行がスタートした。
福井市のアイウェアブランド「FACTORY900」が新型コロナウイルス感染症対策として開発したメガネ。ウイルスと最前線で闘う医療従事者に向けて開発されたもの。
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
東京ミッドタウンのフジフイルム スクエアにて開催されている「BACK-GROUND」は、2010年からドイツを拠点に撮影を続けてきたフォトグラファー・千葉...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
物質的な「モノ」を買うことよりも、「経験」にお金を使うことの方がしあわせ。社会全体の価値観が、次第に体験、知識、思い出を積み重ねていくことの方へとシフトし...
10月26日、LA発のセレクトショップ「I’M OK(アイムオーケー)」が代官山・八幡通沿いにオープン。世界中の200以上のブランドから集められたアイテム...
イギリス・ロンドンの学生たちによって結成されたチーム「The Tyre Collective」がタイヤ片を集められるガジェットを開発した。
「Samsung」のインキュベーションプログラムで生まれた窓型照明「SunnyFive」。朝日から夕日まで、太陽の全スペクトルが再現可能だとか。
「見知らぬ人から贈られた、10万円」アナタならどうする?見知らぬ誰かから贈られた「無償の親切」。海外の掲示版サイトに投稿された驚きの内容が話題を呼んでいる...
Appleが、iPhoneで撮影された写真から10点の優秀作品を決めるコンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催しています。
今日(6月21日)から発売される富士フイルムの「instax mini LiPlay」。巷ではチェキの愛称で知られるインスタントカメラの新しいモデルです。
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
〈無印良品〉にはいくつか腕時計がラインナップされていて、どれもシンプルな時計に当てはまると思うんですが、なかでも食指が動いたのがこの「Wall Clock...
タバスコ®ブランドから7年ぶりの新作。シリーズ一辛い「スコーピオンソース」