病みつきになる、マレーシアの「ある魅力」

マレーシアの観光と聞くと、何を思い浮かべますか?

今回スポンサーのエアアジアはマレーシアの航空会社ということで、担当者のマレーシア人にオススメを尋ねてみました。

どんなスポットを教えてくれるのかと思いきや、返ってきた答えは「グルメ」。マレー系、中華系、インド系と多様な文化が混ざりあうマレーシアでは、地域色豊かなグルメを味わうことができるのだそう。そんなマレーシアグルメを、オススメのスポットとともにご紹介します!

全土で味わえる、定番グルメ

病みつきになる甘さ「カヤトースト」

5318414985854976

マレーシアにはコピティアムと呼ばれるコーヒーハウスがいたる所にあり、おしゃべりを楽しむローカルで賑わっています。ここでオススメなのが朝食です。ココナッツミルク、卵、砂糖でつくるカヤと呼ばれる甘いジャムをはさんだカヤ・トーストは、マレーシアでは定番の朝ごはん

これに、テータリックと呼ばれるアイスミルクティーを一緒に注文するのがローカル風。どちらも比較的甘めですが、これが病みつきになってしまうのだとか。マレーシアを訪れたら、必ずトライしてほしいグルメです。

定番の国民食「ナシレマ」

4660110316011520

マレーシア人が朝も昼も夜も食べる、国民食ナシレマも絶対にトライしてほしいグルメ。ココナッツミルクで炊いたご飯に肉や野菜、卵などのおかずをのせたもので、味は場所によって様々なので、レストランや屋台などいろんなところで試してみてください。

世界遺産のリゾート・ペナン島では……

4700057269960704

ペナン島は、クアラルンプールから飛行機で約1時間のところにあるリゾート。18世紀後半、イギリスの植民地だった島の中心ジョージタウンは、コロニアル調の建物が並び、当時の面影を感じながらも、中華系、マレー系、インド系の文化が根付く、散策するだけで楽しい世界遺産の街です。

魚介の旨味たっぷりの「アッサムラクサ」

4772281440010240

そんなペナン島はグルメの街とも言われ、いたるところに屋台村があります。決められないくらい豊富な種類の料理の中でオススメするのが、アッサムラクサです。

ラクサはマレーシアやシンガポールで広く愛される麺料理ですが、そのフレーバーは日本のラーメンのように地域によって個性があります。ペナン島のアッサムラクサは酸味の強い濃厚な魚介スープが特徴。独特な香りに病みつきになってしまう人も多いのだとか。

エビの香りが広がる「ホッケンミー」

5979655903379456

ペナン島でしか食べられないと言えば、ホッケンミー(福建麺)。一般的なホッケンミーは焼きそば風ですが、ここペナン島のホッケンミーはエビの出汁がしっかり効いたスープ麺。さっぱりしているものの、鼻の奥まで広がるエビの香りは、ここペナン島だけ。

ちなみにクアラルンプールのホッケンミーは、オイスターソースで炒めた、黒い焼うどんみたいなもの。まろやかなコクが人気です。

同じ料理でもここまで違うと、クアラルンプールだけではなく、ペナン島にも行ってみたくなりませんか?

6595975388856320

美しすぎる古都マラッカでは……

5383143464894464

クアラルンプールからバスで南へ約2時間、15〜16世紀に繁栄したマラッカ王国の首都マラッカに到着します。その後400年以上の間、ポルトガル、オランダ、イギリス、日本の支配を受けてきたマラッカは、ヨーロッパの影響を受けた街並みが残る一方で、特有のマレー文化を形成してきました。

鶏肉の旨味が染み込んだ「チキンライスボール」

4676070515146752

マラッカのグルメと言えば、チキンライスボール。注文すると、もちもちとしたピンポン球サイズのライスボールと、にんにくや醤油で味付けした、やわらかくてジューシーな鶏肉が出てきます。ライスボールにも鶏肉の旨味が染み込んでいて、それだけでも、チキンと一緒にタレにつけて食べても美味しい、ここでしか食べれないローカルグルメです。

マレーと中華の融合「ニョニャ料理」

4532652967198720

マレーシアやシンガポール全土で食べられているニョニャ料理は、マレーと中華が融合した料理。最初に紹介したカヤ・トーストもそのひとつ。そのニョニャ料理の発祥がマラッカです。

ニョニャ料理には色々ありますが、米粉でつくったパリパリのカップにキュウリ、もやし、切り干し大根を入れ、チリソースをつけて食べるパイティーとう前菜は定番。マラッカには老舗のニョニャ料理屋さんがたくさんあるので、数種類のおかずを注文してシェアしながら食べてみてください。

4818812578824192

“ネコ”の街クチンでは……

6388907130224640

クアラルンプールから飛行機で1時間45分。クチンはボルネオ島にある人口65万人の街です。クチンはマレーシア語でネコという意味で、街のいたるところにネコのモニュメントがあります。

クチン市内の見どころは、街の中心を流れるサワラク川沿い。昼も夜もさまざまな露店が軒をつらね、観光客や地元の人で賑わっています。

郊外には、バコ国立公園があり、ここではボルネオ島にしか生息しないテングザルに出会うことができます。

店の個性が現れる「コロミー」

5658552874041344

同じマレーシアでも、島が異なれば、食べ物も変わってきます。ボルネオ島は、南シナ海から採れる美味しいシーフードも有名ですが、ここでぜひ食べていただきたいのがコロミーという麺料理。お店によって味もスタイルも異なり、特製のタレに絡めた卵麺に、チャーシューやエビをトッピングしたスタイルや、スープと一緒に出すお店など本当に様々です。

地元では朝ご飯にも、夜ご飯にも食べられます。クチンに来たらぜひ試してみてください!

6533422142980096

エアアジアなら
2回までフライト変更が可能!

エアアジアでは、頻繁にセールをやっています。今のうち予約しとかなくちゃ!と思ってとりあえず予約したのはいいものの、後々仕事が入ってしまったり、予定が合わなくなってしまったり。急いで予約したときってそんなこと、ありがちですよね。

そんな時、LCCだとフライトが変更できないと思っている人も多いと思います。しかし、エアアジアなら予約時に『プレミアムフレックス』というプランで予約することで、フライトを2回まで変更することができるのです*。

またプレミアムフレックスには、受託手荷物や機内食も含まれています。マレーシアはビーチでもシティでも遊ぶことができるので、なにかと荷物は増えますし、日本からだと7時間はかかるので機内食もあった方が快適。

マレーシアに行きたくなった今、プレミアムフレックスで予約してみては?

*差額は別途発生いたします。

4771388623683584
世界で現在、爆発的な感染流行をみせているエボラ出血熱。その致死率も話題となっているが、既に悪名高いマラリアも、実はそれに劣らない危険な疫病だ。マラリアは主...
マレーシアのクアラルンプールにあるレストラン「Charlie's Cafe」では、食事をする人が5リンギット寄付すると、食事の引換券となり、恵まれない人た...
サントリーニ島といえば、白と青のコントラストであまりにも有名なギリシャの人気観光地。エーゲ海に囲まれた美しい島を「一度は訪れてみたい!」と思っている人も、...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
ハワイ・オアフ島には、地元のロコしか知らないビーチがまだまだたくさん。そのひとつがここ。金曜日のお昼から週末限定でオープンする、隠れ家的スポット。ため息が...
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...
沖縄の西表島は、第二次世界大戦の頃までマラリアが蔓延する島であった。1961年に根絶してマラリア問題が解決したあとも、口にすれば死を招く植物はいまだに多い...
日本人の私たちからすれば、お米は水で炊くのが常識。ですが、赤道付近の南洋諸島では、だいぶ勝手が違うようです。水の量を減らしてそこに加えるのは、なんとココナ...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
沖縄県宮古島を拠点にドローン空撮を提供する「Cine Aerial」が、空からしか分からない宮古島の魅力を動画にしました。美しいサンゴ礁、どこまでも続く白...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
この島では1929年から1944年、あるいは1945年の終戦まで、日本人によって化学兵器「毒ガス」が製造されていた。国際法で禁止されため、製造を隠すために...
生まれつき全身にホクロがあるEvita Delmundo(20)さんは、見た目が原因でいじめを受けていました。これまでずっと自分に自信がなかったということ...
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
マレーシアのクアラルンプールにある、スターバックス。コーヒーの豊かな香り、一杯ずつバリスタが淹れる光景、一見普通の店舗と同じように見えるかもしれませんが、...
沖縄の西表島は、試される島だと思う。今回は、なかでも秘境のルートと呼ばれる「ナーラの滝」へ出かけよう。もっとも有名な「ピナイサーラの滝」へのルートもオスス...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
普段から、何気なく口にしている食べ物たちの声なき声が聞こえてきそう。キッチュなイラストを描いたのは、マレーシア在住のイラストレーターChow Hon La...
亜熱帯に属する西表島は、自然が猛威を振るい続けたがために、結果として美しい自然を現代に残している。島を巡るための道路は半周しかなく、自然がありのままの姿で...
「観光」「グルメ」「ショッピング」。少し強引かもしれませんが、数年前まで旅の目的といえば、この3要素しかなかったと言っていいでしょう。しかし近年は、人々が...