旅上手はこんなふうに今、『冬旅』の計画をたてている。

真夏に【オーロラ特集】のパンフレットを広げて、友達に「今年の冬はオーロラ見に行こう!」と鼻息荒くして提案していた時のこと。

チョイスしたのは王道の、カナダ・ノースウェスト準州『イエローナイフ』。もちろん鑑賞率がすごく高いから、というのもあるけれど、それだけじゃない。アルバータ州でたくさん遊べる、というのも大きな魅力だ。

トランジットで訪れる人も多い、アルバータ州のカルガリー国際空港。私たちも、そのひとりだ。「アルバータ州って何があるんだっけ?」と首をかしげた友達のために、“冬のカナダ満喫プラン”をつくってみた。

START!✈︎
カルガリー国際空港に到着🇨🇦

1日目 / 12:00

成田空港からカルガリー国際空港に着く頃には、ロングフライトで体はクタクタだし眠いはず。学生の頃は到着してすぐ遊びに行っていたけれど、社会人になってからの旅行は、時間もお金も優雅に使いたい。

ひとまずランチを食べたら、予約していたカルガリー市内のホテルにチェックインして、ゆっくり休憩するのがベター。

1日目 / 17:00

重い荷物から解放されて、ホテルで仮眠をとったりシャワーを浴びたら、今度はお腹を満たすために、街へ。

長旅を乗り切ったご褒美に、ここで食べるのはお肉一択しかない!

4950677772042240
©Charcut Restaurant

ダウンタウンにある『チャーカット・レストラン』は、小規模の地元の農家や牧場から食材を調達して、地域に根付いた料理の提供を大切にしている。

名物のステーキはもちろんのこと、チキンや生ハム、お肉づくしのディナーは、長旅を頑張った自分への最初のご褒美に♡

1日目 / 20:00

6008177975885824
©Travel Alberta

仕事のオン・オフの切り替えが、とてもはっきりしているカナダ人は、営業時間をすぎたら残業は滅多にしないポリシー。仕事が終わったら、庭で家族や友達と団欒の時間。その相棒として、欠かせないのがビール。

カルガリーの街でも、ここ2、3年でクラフトビールを売りにするお店が増えて、ビール好きに拍車がかかっているみたい。苦みや、ホップの香りがあまり得意じゃない人でも、100種類の樽生ビールを揃えている『クラフト・ ビール・マーケット』なら、自分好みの1杯に出会えるはず。初日の夜は、このお店で乾杯しよう。

6262000191537152

2日目は、お隣の『バンフ』へ🐕🐾

2日目 / 10:00

5287877600608256
©Travel Alberta / Mike Seehagel

2日目はカルガリーを出て、バンフに行く前にちょっと寄り道。途中にあるキャンモアの街では、犬ぞり体験ができるんだって。せっかく冬のカナダに来たんだから、ハスキー犬と戯れたいし、犬ぞりで「ヒャッホー」って王道のアレ、やりたい!

『シャンパンスノー』と呼ばれるほど、さらっさらの雪質らしい。カナディアンロッキーは、ウィンタースポーツの時期になるとよく耳にする場所。道具もないし、スキーやスノボをするのは難しいけど、犬ぞりなら特別な持ち物なく参加できるしねっ。

2日目 / 13:00

6440034991341568
©Charlene Carr

バンフに着いたらまず、明るいうちに『バンフ・ゴンドラ』へ。サルファー山に架かるこのゴンドラは人気のアトラクションで、雄大な自然に囲まれた街の様子を一望できる。恥ずかしいからやめてって言われるかもしれないけど、頂上に着いたらカナディアンロッキーでのやまびこを体験すると決めている。

2日目 / 15:00

6437102803746816
©Travel Alberta

この山にはさらに、ワンダフルなリラクゼーションが待っている。それが、ゴンドラ山麓駅からすぐの『バンフ・アッパー・ホット・スプリング』。この景色を、温泉から堪能できる……極上だ。控えめにいっても、極上。

『サルファー』は、英語で『硫黄』の意味。この山の麓にある、硫黄泉が名前の由来になっているんだとか。15時間も時差があるなかで早起きした疲れも、ここでゆっくりして洗い流そう。

2日目 / 18:00

5581915289550848
©Fairmont Hotels & Resorts, Banff & Lake Louise Tourism

さぁ、きました。アルバータ州の宿を探したときに、ここだけは泊まる!と意気込んだ、名門ホテル『バンフ・スプリング・ホテル』。すごいでしょ?映画に出て来るお城みたい。外装も内装もゴージャスな上に、スパも気持ちいいって口コミを発見。あぁ……最高。

レストランでは、地元の食材を使った伝統料理をお上品に堪能(ひとときのお嬢様気分も一緒にめしあがれ)。すっごく高そうだけれど、前々から予約していれば、1泊14,000前後!このくらいなら手が届く。レッツ、お嬢様な夜。

2日目 / 22:00

5598544866050048
©Mital Patel @mitalpatelphoto

ディナーを食べて眠くなる前に、お嬢様方は優雅に星を見に行きます。目的地は『ミネワンカ湖』。夜は明かりがなくて本当に真っ暗だから、ガイドさんに案内してもらおう。

途中で、バンフの夜景を一望できるスポットに立ち寄るのも忘れずに。賑やかな街から離れて、澄んだ空気の中で見る星空……そして帰るのはあのお城。休み明けの現実に戻りたくなくなること、間違いなし。

5976814363082752

朝がきたらお城に別れを告げ、
アクティブな3日目を🏃❄

3日目 / 10:00

6636897703034880
©Paul Zizka @paulzizkaphoto

今度は明るい時間の『ミネワンカ湖』へ。夜は星を堪能したけれど、カナディアン・ロッキーの湖で冬に現れる、アイスバブルを見ることが出来る。

湖底の植物から発生するガスが、湖面にたどり着く前に凍り付いてできる現象で、白い無数の気泡が足元に広がっているんだって。

3日目 / 13:00

5329401679970304
©Travel Alberta / Mike Seehagel

次は『ノーケイ山』に移動して、トラックのタイヤチューブで雪山を滑るスノーチュービング体験!頂上から係りの人にキックされて降りてくるらしいんだけど、思ってる以上にスピードが速いって声も多くて、絶叫好きには期待大のアクティビティ。

3日目 / 16:00

山から降りてきたら、今度はバンフの街歩き。メインストリートである、バンフアベニューを中心に、ショッピングモールやお土産さん、カフェがぎゅっと集まっている。

徒歩で充分周れるから、腹ごしらえをしながら、カメラ片手にこの街でショッピングを楽しみたい。あ、でも、イエローナイフも待ってることだし、買いすぎには注意しないと!

カルガリーに戻って、
オーロラを見に『イエローナイフ』へ

たった3日間のプランを考えてみただけで、アルバータ州の楽しみ方って、こんなにある。前乗りの時間を堪能したら、いよいよイエローナイフへ。カルガリーから約2時間半のフライトで到着!

4832509850288128

イエローナイフの前に、
エドモントンに行くのもおすすめ◎

今回はカルガリー+バンフのプランを選んだけれど、アルバータの州都エドモントンに行ってからイエローナイフへ行くのもアリ。

一世紀以上続いているファーマーズマーケット、『オールド・ストラスコナ・ファーマーズ・マーケット』や、アメリカのユタ州、ミネソタ州ニュー・ハンプシャー州で開催されていた『アイス・キャッスル』のイベントが、エドモントンでも楽しめるようになったんだって!

もっとのんびり旅をしたいときには、この2都市に絞って満喫するのもいいよね。

6675143514390528
©Travel Alberta / Cooper O'Hara
5037270084091904
©Hand Luggage Only @handluggageonly

今回は冬のアルバータ州プランだったけれど、夏の時期は世界的に有名な『ロイヤル・ティレル古生物学博物館』で、恐竜の化石を発掘することもできるし、ロッキー山脈に囲まれたエメラルドグリーンの湖を、カヤックで周ることもできる。

どの季節に行っても、飽きることなく遊びつくせるアルバータ州。バンクーバーやトロントにはない体験や景色で、たくさんの驚きと癒しをくれるに違いない。

自分に合ったアルバータ州のツアーを探すなら、こちらから!

5478874863370240

Top photo: ©︎Travel Alberta / Mike Seehagel

誰も踏み入れていない地をあえて散策することに、意味があると思うんです。だから春休みにどこに行こうか迷っているのなら、みんなが選ばない都会や文化をあえて探っ...
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
旅には、人生が凝縮されています。
「世界一クリーンなフェス」として高い指示を受けていたフジロックに、ある異変が......。フットウエアブランド「KEEN」が「FUJI ROCK FEST...
最近見つけたストーブ「Aquaforno Ⅱ」。これ、とっても多機能なんです!肉を焼くのはもちろん、ピザもつくれる焼き窯もあるんですよ。他にも便利な機能が...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
バッグブランド〈LORINZA(ロリンザ)〉によるこのトラベルポーチ。特徴はなんといっても、7つのメッシュポケットです。それぞれのポケットには、SUN〜S...
GWも中盤に差し掛かりましたが、みなさんいかがお過ごしですか?そろそろ旅行の疲れが出てきた頃でしょうか。痺れを切らすほどの渋滞のなかでこの記事を読んでいる...
いろいろ発売されているトラベルポーチですが、実際購入するとなると、これが難しい。どのサイズをどれだけ購入すればいいのか、旅慣れた人でも最適な答えを出すのは...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
ヘルシーもウェルネスも、訳すとどちらも「健康」という意味なんですが、ヘルシーが身体的な健康に対して、ウェルネスはもう少し意味が広く、クオリティオブライフだ...
ケヴァン・チャンドラーさんは脊髄性筋萎縮症という難病を抱えており、普段は車イスで生活しています。自身がバックパックとなって友人に背負ってもらい、世界を旅す...
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
〈TO&FRO〉と〈BuddyOptical(バディオプティカル)〉がコラボレーションしたトラベル用サングラス「CARDINAL」です。ギリギリのバランス...
羽田空港国内線第1旅客ターミナルの出発ロビーで、アート展示「旅する日本語」が開催されています。放送作家の小山薫堂氏による「旅」と「日本語」をテーマにしたエ...
今までに20ヵ国を旅したイラストレーターのJaquelineの旅行の仕方は、まず目で見て感じて思いっきり満喫すること。それから、ノートに“感じた色”をのせ...
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
バックパッカーになることを考えているあなた、行きましょう、姉妹と。あえて姉妹を推奨するのは「Elite Daily」のMarisa Cascianoさん。...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
シルケジ駅からは、今でもオリエント急行が辿った同じルートを、東欧各地に列車が走っています。当時のような豪華列車ではありませんが、日本でも夜行列車がほとんど...