大人の沖縄旅は、あえて人気スポットに行かない

この土地ならではの太陽と海が写真の力を一層高めてくれるものだから、「人気スポットを巡ってはSNSに投稿」が沖縄の決まりごとになっている気がします。

もちろん、友だちからのイイね!やコメントは嬉しい。ただでさえ高まっている気分をさらに押し上げてくれるのは間違いありません。

しかし、それが本当に旅に求めているものかといえば……。心の充足感とSNSでのリアクションは必ずしも比例するものではないですよね。

そういうわけで、ただ単に「映える」だけの観光地を探しているのなら、この記事は見当違い。ここで紹介したいのは、誰もが訪れる人気スポットには行かずとも沖縄の魅力を存分に体感し、心身ともに満たされるという大人旅です。

早速ですが「那覇市街地」はスルーです

4878553728417792
©ANA InterContinental Manza Beach Resort

那覇空港に到着したら、そのまま車で約1時間。「とりあえず那覇市街地へ」という気持ちは脇において恩納村へと向かいます。だって、都市部に寄らずにいきなり沖縄の自然に飛び込んだほうが、その魅力をより一層体感できるから。

万座毛を意識する頃にはすでに気分はハイでしょうが、止まることなく岬の突端の「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」を目指しましょう。到着直前に現れる、左右に東シナ海を望むまっすぐな一本道が非日常のはじまりを告げてくれます。これはなんともニクいアプローチ。

上の写真、エメラルドグリーンの海に突き出た半島のすべてが同ホテルの敷地。こんなにも贅沢なロケーションは、周囲を海に囲まれた沖縄といえど、そうそう実現できるものではありません。

人気のカフェに行かなくとも
沖縄随一のアフターヌーンティーを

5188509237248000
©ANA InterContinental Manza Beach Resort

貝殻をモチーフにした白亜のホテルに到着。せっかくなら、思い切って5階から9階に位置する「クラブインターコンチネンタルルーム」もしくは「スイートルーム」に泊まるのが断然オススメです。

というのも、沖縄でもっともラグジュアリーなラウンジ「クラブインターコンチネンタルラウンジ」を利用できるから。チェックインした後は「さあ、これからどこへ行こう?」と考えることなく、まずは季節ごとの素材を用いたアフタヌーンティーで旅の疲れを癒しましょう。

このラウンジは、穏やかな東シナ海を270度オーシャンビューで楽しめるプレミアムな空間。海は時間帯によってさまざまな表情を見せてくれるので、イブニングカクテルや朝食も含めて最低でも三度は楽しむべき。

ホテルから出ずとも気分は上がり続ける

6108231789182976
©ANA InterContinental Manza Beach Resort

部屋に戻って窓の外を眺めると、見渡すかぎりの海、海、海。ほとんどの方角で、万座ビーチならではの青が白い砂浜とセットで視界に飛び込んできます。

じつはこのホテル、恩納村の自然豊かな国定公園の中という絶好のロケーションに位置しているんです。まだホテルから一歩も出ていないのに、この満たされよう!

目の前のビーチで
充実のマリンアクティビティ

5127604856160256
©ANA InterContinental Manza Beach Resort
5374781767548928
©ANA InterContinental Manza Beach Resort

このあたりで、ようやく外へ。目の前に広がる万座ビーチは海のリゾートアミューズメントパーク。せっかくなら思い切りエネルギーを発散する時間も必要でしょう?

ここで楽しめるアクティビティは、とにかく「充実」の一言。ジェットスキーやドラゴンボートといった爽快系だけでなく、大自然のエネルギーを身体いっぱいに感じられるスノーケリングやSUPヨガなどの癒し系まで網羅しています。

加えて、フィッシングやボート遊覧といったファミリー向けも。家族構成やそのときの気分にあわせて色々な選択ができるのは嬉しいです。

ディナーのオススメは
最高レベルのコンシェルジュに聞こう

6142410937597952
©ANA InterContinental Manza Beach Resort

事前にチェックしておいたお店でディナーもイイですが、ホテルのコンシェルジュにオススメを聞いてみるなんてこともアリ。これ、意外と盲点だったりしませんか?

確かに、検索すれば欲しい情報はすぐ手に入ります。でもせっかくなら、その土地を知り尽くしたプロに聞いたほうがいい。しかも、相談に乗ってくれるのは「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」というラグジュアリーホテルの専属コンシェルジュですよ。話を聞かないなんて、むしろもったいない!

きめ細やかなホスピタリティで、スマホでは知り得ない情報を教えてくれるはずです。

人気スポットを追いかけなくとも
沖縄旅はこんなに楽しめる

6285928611971072
©ANA InterContinental Manza Beach Resort

本当の意味であなたを満たしてくれるのは、こんな風に心からリラックスして沖縄を感じられる旅。なにも有名なスポットばかりを訪れる必要なんてないんです。

たとえば、万座毛に行かなくとも、「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」の敷地内にだって、知られざる絶景スポットはあります。スマホや雑誌などで見飽きたものではなく、自分だけのお気に入りの景色を探してみる。そんな時間こそが、ずっと心に残り続けるのではないでしょうか。

「映える」だけじゃない、特別な体験。その意味は「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」に行けば、きっとわかるはず。

6043907339059200

究極のホスピタリティは
那覇・石垣でも

6500681674391552
©ANA Crowne Plaza Okinawa Harborview
5088371470761984
©ANA InterContinental Ishigaki Resort

ちなみに、やっぱり那覇は押さえておきたいのなら那覇市内の「ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー」、もっとワイルドな沖縄を楽しむなら「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」という選択肢も。

どこをチョイスしたとしても、プレミアムな時間が待っています。

6496941026312192
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
沖縄旅行をすると決めたとき、きっと頭の中に思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの海と、青い空…。でも実は、沖縄って雨が多いんですよね。梅雨の時期や台風もある...
「キャプテンカンガルー」は、大阪にBARスタイルの本店と、沖縄の名護にハンバーガースタイルの店舗をもつ人気ショップ。2015年にはトリップアドバイザーのエ...
水筒の蓋に唇が触れるとセンサーが働いて、自動で開閉してくれる水筒Lyd。不注意でこぼしてしまうことがないから安心です。
スロバキアのブランド「NOVESTA(ノベスタ)」。その名作「STAR MASTER CLASSIC 10」の紹介です。
ヘルシーもウェルネスも、訳すとどちらも「健康」という意味なんですが、ヘルシーが身体的な健康に対して、ウェルネスはもう少し意味が広く、クオリティオブライフだ...
昔ながらの沖縄の風景が残る南部で、暮らすように1週間くらい泊まりたい宿をエアビーで見つけました。場所は、斎場御嶽などの聖地が有名な南城市にある奥武島のつけ...
ここは、極東最大のアメリカ空軍基地・嘉手納飛行場を有する本島の中部エリア。大型施設が立ち並ぶ海岸線とは対照的に、58号線を挟んだ陸側は、緑が豊かな落ち着い...
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
マンダリン・オリエンタルホテルグループは、XOJETというプライベートジェットのチャーターを専門にする企業とタッグを組んで、リッチなサービスを展開。
沖縄・南城市の小高い山の上にあるレストラン「BE NATURAL」。佐敷城跡近くにひっそりと佇んでいます。とはいえランチもディナーも、地元の人やウワサを聞...
沖縄・那覇市にある「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの...
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
やんばるのオアシスとも言われる、沖縄県大宜味村の「ター滝」。亜熱帯のジャングルを探検しているような気分になれます。海遊びとはひと味ちがうリバートレッキング...
「あたし、今どう見えてる?くすんでない?」東京に出てきたのは、「東京にいる自分」になりたかったから?地元に帰らないのは、「地元に帰った自分」になりたくないから?
誰も踏み入れていない地をあえて散策することに、意味があると思うんです。だから春休みにどこに行こうか迷っているのなら、みんなが選ばない都会や文化をあえて探っ...
今年は、世界各地で記録的な寒波が来襲しているようです。こんな時には、暖かいビーチリゾートへと逃げ出したい!それは、どうやら世界共通の願いのようです。
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
「1日、ここでまったり仕事をするのもいいなぁ」。そんな風に思ってしまった癒しの場所があります。沖縄県北中城の外国人住宅が集まっている丘を上っていくと、たど...
沖縄県・南城市にある「くんなとぅ」は、自家製「もずくそば」の専門店。文字通り、もずくを練りこんだヘルシーな麺が人気で、すべてのメニューに生もずく・もずく酢...
琉球の女神アマミキヨが降り立ったと伝わる、沖縄県南城市の百名ビーチのほど近く。森の奥に少し入っていくと、隠れ家のような「カフェビーンズ」が見えてきます。敷...
沖縄でおにぎりの具といえば、あぶら味噌「みそのこ」が定番。「みそのこ」とは、豚肉の脂と味噌を炒めたなめ味噌のことで、冷蔵庫で保存すれば半月は保つ保存食です...
「子連れで楽しめる」を特徴として押し出す宿泊施設がある一方、「子ども禁制」をウリにするところも世の中にはありまして。もちろん、差別だなんだという話でないこ...