5万円で沖縄旅行を思いっきり満喫する方法

国内の旅行先ランキングで常に上位をキープする「沖縄」。青い海や美味しい食べ物で溢れていて、行けるものならすぐにでも行きたいですよね。ただ、フライトやホテルの予約が面倒だし、何かと出費がかさむのも目に見えています。

そこで、JALダイナミックパッケージです。

行き先と日程を入力すれば、空きがあるフライトとホテルをすぐに確認できるのでとってもラク。レンタカーや旅先で楽しむオプショナルプランも一緒に予約ができるから、わざわざ個別に調べる必要はありません。手間が省けるうえに、目的地が沖縄の場合、値段は39,100円。

土曜日の午前中に羽田から那覇へ移動したとして、週末の1日半をパッケージ料金含め5万円以下で思う存分楽しむことができるんです。実際に実現できる旅のプランを以下に紹介します!

【合計39,100

※2018年11月10日(土)羽田出発1泊2日
往路JAL903便・復路JAL920便利用
パシフィックホテル沖縄 2名1室利用/朝食付
レンタカーSクラス1泊2日利用
2018年7月27日現在の1名様あたりの旅行代金一例

ご当地グルメで旅のスタート
しむじょうでソーキそば
950円

© 2018 TABI LABO

フライト後、まずはご当地グルメでお腹を満たしましょう。登録有形文化財に指定されている古民家を使っている「しむじょう」がオススメです。沖縄そばやてびち定食を食べることができますよ。古民家での食事は、家でご飯を食べているようなホッとした気分になり、旅の疲れを癒してくれるはず。

【合計 40,050円】

景色を楽しみつつ離島へドライブ
0円

©2018 TABI LABO

本島から屋我地島を経由して古宇利大橋を渡ると、両サイドに真っ青な海が広がります。そして前方には古宇利島が。ドライブがてら最高のオーシャンビューを堪能することができるでしょう。

島にはいくつかビーチがあるので、車窓から眺めるだけじゃ物足りないという人は、車を停めてクリスタルブルーの海にダイブしてみては?

【合計 40,050円】

絶景カフェで休憩
500円

古宇利大橋を渡った後、反時計回りに島を半周ほど行ったあたりにあるカフェ「ガジュマルロック」。ここでも美しい海を眺望できます。

せっかく行くのであれば、テラスにあるハンモックで横になり、ドリンクを飲みながらユラユラ揺られてみるのはどうでしょう?テラスにはもちろん屋根があるので、日差しを避けて風を感じながら休憩することができます。

【合計 40,550円】

旅の思い出をカタチに残す
2,050円

©2018 TABI LABO

旅の思い出を目に見えるカタチで残したいという人は、シーサーを手づくりできる体験なんてどうでしょう?お土産屋さんへ行けばいくらでも売っているけれど、自分だけのシーサーをつくった方が思い出はビビッドに残るはず。「シーサーパーク」では、予約せずに体験することができます。所要時間は約60分です。

【合計 42,600円】

とっておきのデザートで休憩
2,500円

© 2018 TABI LABO

オススメのデザートを挙げたらきりがないけれど、恩納村にある「パニラニ 田中果実店」はどうでしょう?沖縄のフルーツをスイーツやジャムで味わえるお店なんです。

たくさんあるメニューの中でも、贅沢マンゴーパフェ(980円)ならお手頃価格でマンゴー味のソルベや生クリームと一緒に果実をたっぷりいただけます。

ちなみにマンゴーをまるごと一個と周りにマンゴー味のプリン、ソルベ、アイスなどが添えられた名物マウンテンマンゴーパフェ(2,500円)もありますよ。マンゴーが大好きな人のために情報まで。

【合計 45,100円】

踊ってこそ沖縄の夜!
2,500

©2018 TABI LABO

沖縄には生演奏がある民謡居酒屋が多数あるのをご存知ですか?1日の終わりに舌鼓するような郷土料理を食べてお酒を飲み、音楽が聞こえてきたらきっとあなたも自然にカラダを揺らしていることでしょう。

まさしくそんな夜を体験できるのが『民謡居酒屋 島唄ライブ鳩間島』。那覇市のメインストリートである国際通りに位置しているので、アクセスはとっても簡単。8時に始まるライブでは、他の観光客や地元客と混じって心ゆくまで踊っちゃいましょう♪

【合計 47,600円】

2日目
朝から絶景ビーチでとことん癒される

1,000円(びっくりオプション*)

© 2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO

2日目は朝からナガンヌ島へ行って、忘れられない旅の思い出づくりを。

ナガンヌ島は那覇市の泊港からフェリーで20分ほどで行ける無人島です。沖縄の離島と言えば、石垣島や宮古島などフライトの乗り換えが必要な島をイメージする人は多いと思います。でも実はこんなにも身近にあるんです。

JALPAKびっくりオプションなら、通常9月おとな5,300円/10~11月おとな4,200円のところがなんと1,000円です。

【合計 48,600円】

*期間限定販売のオプションとなり、設定については予告なく変更となる場合があります。

遅めのランチはガッツリ!
500円(びっくりオプション*)

©2018 TABI LABO

離島から戻ってきた後はお腹が空くでしょう。ということで、『JUMBO STEAK HAN'S』でランチ。さらに食後に『CLIMAX COFFEE』でパンケーキセットも!びっくりオプションの、2施設で使えるしかますクーポンを利用すればたったの500円でステーキとパンケーキが食べられるんです。お得すぎる……!

【合計 49,100円】

*期間限定販売のオプションとなり、設定については予告なく変更となる場合があります。

国際通りやその周辺を散策
0

食事を終えたら、そのまま国際通りをお散歩です。ヤシの木が両サイドに植えられた通りにはトロピカルな雰囲気が漂っていて、これまで見てきた自然とは違う活気ある沖縄を感じることができます。飲食店やお土産屋さんが軒を連ねているので、ここなら探していた食品や雑貨がきっと見つかるはずです。

さて、買い物が一通り終わった頃にはもう夕方。5万円以下の沖縄の旅はこれでお終いです。

【合計 49,100円】
※ガソリン代や高速代、駐車場代などは含まれていません。

沖縄旅行を
すぐにでも実現したい人へ

なかなかお金が貯まらないという人でも、予算が5万円の旅行であれば、すぐにでも実現可能なはず。フライトとホテルは、JALダイナミックパッケージでおさえてしまえば後は荷物をまとめるだけです。

思い立ったらすぐ行動!ですよ。

©2018 TABI LABO
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
沖縄旅行をすると決めたとき、きっと頭の中に思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの海と、青い空…。でも実は、沖縄って雨が多いんですよね。梅雨の時期や台風もある...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
沖縄県の「国立公園」は、ただ見て周るだけではなく、山や海に飛びこんで “体験する” のがオススメです。ここでは「やんばる国立公園」「慶良間諸島国立公園」「...
薪木でグリルしたステーキ、スモア、フォンデュが楽しめる。 日本初!キャンプファイヤー料理店Campfired Grill & Cafe THE BANFF...
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
「キャプテンカンガルー」は、大阪にBARスタイルの本店と、沖縄の名護にハンバーガースタイルの店舗をもつ人気ショップ。2015年にはトリップアドバイザーのエ...
沖縄・南城市の小高い山の上にあるレストラン「BE NATURAL」。佐敷城跡近くにひっそりと佇んでいます。とはいえランチもディナーも、地元の人やウワサを聞...
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
沖縄・那覇市にある「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...
やんばるのオアシスとも言われる、沖縄県大宜味村の「ター滝」。亜熱帯のジャングルを探検しているような気分になれます。海遊びとはひと味ちがうリバートレッキング...
昔ながらの沖縄の風景が残る南部で、暮らすように1週間くらい泊まりたい宿をエアビーで見つけました。場所は、斎場御嶽などの聖地が有名な南城市にある奥武島のつけ...
「1日、ここでまったり仕事をするのもいいなぁ」。そんな風に思ってしまった癒しの場所があります。沖縄県北中城の外国人住宅が集まっている丘を上っていくと、たど...
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
沖縄でおにぎりの具といえば、あぶら味噌「みそのこ」が定番。「みそのこ」とは、豚肉の脂と味噌を炒めたなめ味噌のことで、冷蔵庫で保存すれば半月は保つ保存食です...
沖縄の南城市にある「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、世界遺産(文化遺産)であるにもかかわらず正しく読むことすらできず……。さいじょうおんたけ? 琉球王国に...
悩みのタネになっていた「理想的な沖縄みやげ」に、ひとつの答えが出た気がします。それは那覇市の「謝花きっぱん店」にある冬瓜漬という琉球の伝統的なスイーツ。絶...
沖縄県・南城市にある「くんなとぅ」は、自家製「もずくそば」の専門店。文字通り、もずくを練りこんだヘルシーな麺が人気で、すべてのメニューに生もずく・もずく酢...
沖縄県 > 南城市沖縄の南城市にある、野草を知り尽くした会社「長生薬草(ちょうせいやくそう)」直営のビュッフェに行ってきました。沖縄の「野草」は、栄養素と...
琉球の女神アマミキヨが降り立ったと伝わる、沖縄県南城市の百名ビーチのほど近く。森の奥に少し入っていくと、隠れ家のような「カフェビーンズ」が見えてきます。敷...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...