もしもあなたがF*CKな気分なら、この「部屋」がオススメです

はじめまして、ベンです。

TABI LABOで連載を持つことになった、ロンドン生まれ、いろんな場所育ちのイギリス人です。僕のプロフィールについては、上のアイコンをタップしてください。

早速ですが、今回は昨年からアメリカの主要都市で増加中のユニークな部屋のお話です。

その名も“怒りの部屋”

部屋の名前は「Anger Room(怒りの部屋)」。

一見何の変哲もない、普通に家具や家電がレイアウトされた部屋です。だけど、利用者は宿泊目的でこの部屋を借りるわけじゃない。壊すために借りるんです。

指定の料金を支払った後はやりたい放題。バットやバールを駆使して、思う存分テレビやテーブルなどをぶっ壊すことができます。

目的?

ストレスの発散に決まってるでしょう!

ブームの火付け役は、トランプとクリントン

このビジネスは、2008年にテキサス州ダラスのドナ・アレキサンダーがガレージで実験的にはじめました。意外と歴史があるんですね。

モノを破壊するという原始的なストレス発散方法が一気に注目を集めたのは、2016年アメリカ合衆国大統領選挙です。何百もの人が大統領候補のポートレートをめちゃくちゃにするという目的で「Anger Room」をレンタルしました。

つまり、ブームの火付け役は、トランプとクリントンというわけです。

© Anger Room/YouTube

オジー・オズボーン親子も体験済み!

ストレス発散の手法として瞑想、ヨガ、ピラティスなどに取り組む人もいるでしょう。誰もが日常生活のなかで、普通にストレスがたまらないようにしています。

でも、例えばパソコンがフリーズした瞬間、「叩き壊したい!」という衝動に駆られることって誰でもあるんじゃないかな?「Anger Room」は、そんな衝動を実現してくれる部屋というわけです。

もしも日本に「Anger Room」ができたら……EU残留派のイギリス人としては、メイ首相のポートレートを叩くために部屋を借りるかもしれません。

Top image: © 2018 TABI LABO
他の記事を見る
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
ニューヨークのブロンクスに新しい博物館がオープンします。読者のみなさんは「どうしてベンは、東京から1万kmも離れた場所にできる建物を紹介するのか?」と思う...
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
日本でも80'sカルチャーが見直されていますが、それはヨーロッパでも同じ。エリオ・フィオルッチによって1967年に設立されたブランド「FIORUCCI(フ...
日本人にはドナルド・トランプの魅力が理解しがたいという話を何人かの友人から聞きました(信じてほしいのですが、イギリス人だって同じです)。彼の派手で荒々しい...
「シークレット・シネマ(Secret Cinema)」は、ファビアン・リガルがロンドンで始めた映画上映アトラクションです。2007年にスタートしてから、観...
「F-94WA-8」という海外モデルです。数あるチープカシオのなかでもド定番のデジタルウォッチ「F-91W」がベースになっていますが……。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
ハロウィンが終わると、ほとんど日を置かずにクリスマスの気配が漂い始めます。お店にはクリスマスのための新商品が並び、食品陳列棚もクリスマスの食べ物、至るとこ...
日本でも話題となった「#MeToo」のムーブメント。ショッキングな事例が次々と明らかになりましたが、問題はもっと根本的なところにあると考える女性たちも多い。
アメリカンダイナー風のポップなインテリアにパステルカラーを組み合わせた室内がかわいい部屋。「The McFly」と呼ばれていて、アメリカ・テキサス州ダラス...
アウトドア好きやキャンパーは、気にも掛けないようなテントが開発されました。じゃあ、いったい何の需要があるのか?その機能を知れば、その答えが分かるばかりか「...
昨年からアメリカのメディアを中心に、この何もない砂漠が話題となっています。それはこの土地になんと8兆円もの投資を行う者が現れたから。
世界各国のミレニアル世代の部屋を、のぞき見るようにとらえたJohn Thackwrayの写真。同じ世代であっても、当たり前のことだけど国も文化も違う。でも...
その名も「The Break Room」。2016年4月、メルボルンにオープン予定のこの部屋は、安全にモノを破壊するために用意された場所だ。一体、なんのた...
目の前で焼きあがるフレーバーは10種類乃木坂にオープンした食パン専門ベーカリーViking Bakery F〒107-0062 東京都港区南青山1丁目23...
僕が生まれた国のイメージを日本人に聞いてみると「英国紳士」「エリザベス女王」といった回答のほかに、しばしば「ご飯がまずい」と返ってきます。正直、これには毎...
「オペア」留学は海外の子どものいる家庭に家族の一員としてホームステイし、ベビーシッターとして働く留学制度。海外での生活費がかからず、ビザの心配もなく、合法...