2018年のベストディスティネーションに選ばれた「意外な都市」

音楽やファッションは世代の差を感じますが、こと旅行先のセレクトに関して言えば、僕の両親はとてもセンスがいい。彼らが「○○はすごくいいところだったよ」と教えてくれる街は、たいてい1年後ぐらいにメディアで取り上げられて注目の観光地となります。

そんな両親が昨年絶賛していたのがポーランド西部にあるヴロツワフです。日本のみなさんは聞き慣れない街かもしれませんが、ヨーロッパではとても人気のある旅のオンラインコミュニティ「European Best Destinations(ヨーロピアン・ベスト・ディスティネーション)」は、2018年のディスティネーション・オブ・ザ・イヤーにヴロツワフを選出しました。

やはり僕の両親は先見の明があるようです。今回はこの東ヨーロッパの素晴らしい街を紹介したいと思います。

ボヘミアン、ゴシック、バロック、ドイツのモダニズム……さまざまな様式な建築物があります

©iStock.com/KavalenkavaVolha

ヴロツワフは、ヨーロッパのなかでも特殊な歴史を持つ都市のひとつです。ポーランド王国、オーストリア帝国、ドイツ、ハンガリー、プロイセン、ボヘミアといった国家の一部だった過去があり、ワイマール共和国とナチスの支配下ではブレズラウという名前で呼ばれていました。現在のポーランド領になったのは、1945年のこと。

1000年以上にわたるその複雑な歴史は、市内の建築物に大きな影響を与えています。ヴロツワフには、ボヘミアン、ゴシック、バロック、ドイツのモダニズムなどさまざまな様式の建築物があります。

つまり、街を歩くだけでも楽しめるというわけです。

街の風景は、ヴェネチアとも並び称されるほどです

©Pablo77/Shutterstock.com
©iStock.com/KavalenkavaVolha

さらに、ヴロツワフは「ポーランドのヴェネツィア」とも呼ばれる景観を持つ都市でもあります。市街地を流れるオーデル川は、12もの島(洲)を生み出し、市内には130もの橋がかかっています。

もっとも有名な島であるOstrów Tumski(オストロフ・トゥムスキ)は、ヴロツワフ最古の地区です。1500年代はコペルニクス、1766年にはカサノヴァの拠点だったことでも知られています。ここには、15世紀のバロック建築が美しい「洗礼者聖ヨハネ大聖堂(Archikatedra św. Jana Chrzciciela)」をはじめ、修道院や教会などの美しい建物物がたくさんあります。

夜になるとオドラ川のほとりからライトアップもされた大聖堂を眺めることもできるんです。

ヨーロッパの都市を訪れた日本人の多くが「石畳の街並みが美しい」と言います。ヴロツワフは、石畳の街並みを見慣れたヨーロッパ人が「美しい」と言うほどなのです。

ヨーロッパの街を楽しむなら広場は欠かせません

©Sergey Dzyuba/Shutterstock.com

石畳と同じく、ヨーロッパの街と言えば広場です。ヴロツワフにも素晴らしい広場があります。街の中心部に位置する、3.8ヘクタールもある広大な「旧市街広場(Rynek)」です。

2018 FIFAワールドカップ ロシア開催時にはパブリックビューイングも行われたここでは、クリスマスマーケットや新年の花火大会などシーズン毎にイベントが開催されています。

そして、やはり見どころは建築物でしょう。この広場は、カラフルで美しいテナントハウスに囲まれています。さらに、2棟の市庁舎があり、ひとつはゴシック後期の建築、もうひとつは1930年代のドイツの近代高層ビルとなっています。

そして、この街はエナジェスティックです!

ヴロツワフは反ソビエト運動の中心地だった街です。

その精神は今でも引き継がれています。大規模な学生集団があり、エナジェティックな人々が多い。そういう土地柄なんです。

もしもあなたが若者で、この街を訪れる機会があれば、ぜひパブやクラブに足を運んで欲しいと思います。ヴロツワフの若者はパブやクラブで仲間たちと、かつての若者の反抗精神に敬意を表しています。そのエネルギーを感じることができるはずです。

©iStock.com/srrdvd

最後に、ヴロツワフの街を歩くと、いたるところに上の写真のような小人の置き物を見つけることができます。これは、かつての反ソ運動のデモがきっかけで設置され始めたもの。

この街の気質を表す象徴のような存在ですね。

TOP PHOTO:©︎The Official Travel Guide of Wrocław

ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
日本古来からめでたいもの・縁起のいいものとされている、1年で1番最初の日の出。2018年の初日の出は何時に見れるのだろう?『国立天文台』の情報をもとにご紹介。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
僕がこの記事の中で「Love Symbol #2」を使っていることをお許しいただけるといいのですが……。
「その年の色」が、あるんです。JAFCAが選定した2018年の色は、時代を象徴する3つの理由から選ばれた「ビジョナリーミント」。
2017年の「fake news(フェイクニュース)」につづき、イギリスのコリンズ英語辞典が選んだ2018年のワード・オブ・ザ・イヤーは「single-u...
東西ヨーロッパの懸け橋となった、ポーランドの朝ごはんをどうぞ。
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
一見何の変哲もない、普通に家具や家電がレイアウトされた部屋です。だけど、利用者は宿泊目的でこの部屋を借りるわけじゃない。
絵画のような一枚一枚に、ミステリアスを感じざるを得ない。
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
都市機能もあり、のどかなイメージの「ファームステイ」からは一見縁遠い街のように見える静岡・浜松市は、都市と田舎を行き交う体験ができる街であることを伝えるべ...
昨年からアメリカのメディアを中心に、この何もない砂漠が話題となっています。それはこの土地になんと8兆円もの投資を行う者が現れたから。
過酷な状況でもユーザーが最高のパフォーマンスを発揮できるように様々な機能が盛り込まれたアウトドアのギア&グッズは「旅行」でも多くの快適さをもたらしてくれま...
様々な国で「ミニマリズム」を語り、その概念を広める活動をしている「Becoming Minimalist」のJoshua Beckerさん。これまでに多く...
ポーランドの「Śnieżny Labirynt」は、世界最大の雪の迷路だと言われています。壁の高さは2m以上もあるようなので、ゴールにたどり着くまでに時間...
ポーランド・カトヴィツェを流れる「Rawa川」に、ある家が建設されました。誰もが出入りのできる公共施設として機能させたアーティストには、訪れた人にある1つ...
いろいろ発売されているトラベルポーチですが、実際購入するとなると、これが難しい。どのサイズをどれだけ購入すればいいのか、旅慣れた人でも最適な答えを出すのは...
廃墟となった病院は、ホラー映画の撮影舞台を彷彿とさせる。でも、こちらはリアルな病院跡地なのだ。数年に渡って、放棄された複数の病院を撮影したのは、ポーランド...