2018年のベストディスティネーションに選ばれた「意外な都市」

音楽やファッションは世代の差を感じますが、こと旅行先のセレクトに関して言えば、僕の両親はとてもセンスがいい。彼らが「○○はすごくいいところだったよ」と教えてくれる街は、たいてい1年後ぐらいにメディアで取り上げられて注目の観光地となります。

そんな両親が昨年絶賛していたのがポーランド西部にあるヴロツワフです。日本のみなさんは聞き慣れない街かもしれませんが、ヨーロッパではとても人気のある旅のオンラインコミュニティ「European Best Destinations(ヨーロピアン・ベスト・ディスティネーション)」は、2018年のディスティネーション・オブ・ザ・イヤーにヴロツワフを選出しました。

やはり僕の両親は先見の明があるようです。今回はこの東ヨーロッパの素晴らしい街を紹介したいと思います。

ボヘミアン、ゴシック、バロック、ドイツのモダニズム……さまざまな様式な建築物があります

©iStock.com/KavalenkavaVolha

ヴロツワフは、ヨーロッパのなかでも特殊な歴史を持つ都市のひとつです。ポーランド王国、オーストリア帝国、ドイツ、ハンガリー、プロイセン、ボヘミアといった国家の一部だった過去があり、ワイマール共和国とナチスの支配下ではブレズラウという名前で呼ばれていました。現在のポーランド領になったのは、1945年のこと。

1000年以上にわたるその複雑な歴史は、市内の建築物に大きな影響を与えています。ヴロツワフには、ボヘミアン、ゴシック、バロック、ドイツのモダニズムなどさまざまな様式の建築物があります。

つまり、街を歩くだけでも楽しめるというわけです。

街の風景は、ヴェネチアとも並び称されるほどです

©Pablo77/Shutterstock.com
©iStock.com/KavalenkavaVolha

さらに、ヴロツワフは「ポーランドのヴェネツィア」とも呼ばれる景観を持つ都市でもあります。市街地を流れるオーデル川は、12もの島(洲)を生み出し、市内には130もの橋がかかっています。

もっとも有名な島であるOstrów Tumski(オストロフ・トゥムスキ)は、ヴロツワフ最古の地区です。1500年代はコペルニクス、1766年にはカサノヴァの拠点だったことでも知られています。ここには、15世紀のバロック建築が美しい「洗礼者聖ヨハネ大聖堂(Archikatedra św. Jana Chrzciciela)」をはじめ、修道院や教会などの美しい建物物がたくさんあります。

夜になるとオドラ川のほとりからライトアップもされた大聖堂を眺めることもできるんです。

ヨーロッパの都市を訪れた日本人の多くが「石畳の街並みが美しい」と言います。ヴロツワフは、石畳の街並みを見慣れたヨーロッパ人が「美しい」と言うほどなのです。

ヨーロッパの街を楽しむなら広場は欠かせません

©Sergey Dzyuba/Shutterstock.com

石畳と同じく、ヨーロッパの街と言えば広場です。ヴロツワフにも素晴らしい広場があります。街の中心部に位置する、3.8ヘクタールもある広大な「旧市街広場(Rynek)」です。

2018 FIFAワールドカップ ロシア開催時にはパブリックビューイングも行われたここでは、クリスマスマーケットや新年の花火大会などシーズン毎にイベントが開催されています。

そして、やはり見どころは建築物でしょう。この広場は、カラフルで美しいテナントハウスに囲まれています。さらに、2棟の市庁舎があり、ひとつはゴシック後期の建築、もうひとつは1930年代のドイツの近代高層ビルとなっています。

そして、この街はエナジェスティックです!

ヴロツワフは反ソビエト運動の中心地だった街です。

その精神は今でも引き継がれています。大規模な学生集団があり、エナジェティックな人々が多い。そういう土地柄なんです。

もしもあなたが若者で、この街を訪れる機会があれば、ぜひパブやクラブに足を運んで欲しいと思います。ヴロツワフの若者はパブやクラブで仲間たちと、かつての若者の反抗精神に敬意を表しています。そのエネルギーを感じることができるはずです。

©iStock.com/srrdvd

最後に、ヴロツワフの街を歩くと、いたるところに上の写真のような小人の置き物を見つけることができます。これは、かつての反ソ運動のデモがきっかけで設置され始めたもの。

この街の気質を表す象徴のような存在ですね。

TOP PHOTO:©︎The Official Travel Guide of Wrocław

ベンが書いた、ほかの記事はコチラ

関連する記事

みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい!もう2019年は過去のことですが、「ベスト・デスティネーション」に関しては終わっていないんですね。今回はヨーロ...
旅行市場に大きな影響力を持つとされる米国の老舗旅行雑誌『トラベル・アンド・レジャー』が恒例の読者ランキング2020年版の結果を発表。1位に選ばれたのは、映...
コラムニストのベンです。今回はアメリカのコメディ・ローストについて紹介します。
11月はノーベンバーではなくて、ヒゲを伸ばす月「モーベンバー」としても知られているんです。
「浦霞醸造元 株式会社佐浦」より蔵出しされた「オーク樽貯蔵 本格焼酎 浦霞」。「被災地支援への感謝」と「希望に満ちあふれる未来への祈り」をこめて、数量限定...
コラムニストのベンです!今回は「アンフルエンサー」ということについて紹介します。
2019年のフェスティバル・シーズンのピークになってますよね!今週、ベンはサマーソニックに行ってきます。で、 今回のトピックはベンが何回も行ったことあるし...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「コロナ禍で苦慮する“祭り”を応援したい」、そんな想いから企画され、3月3日に発売されるのが、祭り主催者に売り上げの10パーセントを寄付する祭り応援ビール...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...