トランスフォーーーム!

つい最近ソーラーパネルが車体に埋め込まれている自動車を紹介しましたが、「iEV X」も機能のユニークさでは決して負けてません。さすが自動車大国、こちらもドイツ企業による開発です。

「iEV X」は幅78cmに長さ160cmという超コンパクトな1人乗りですが、なんと車体が伸びる仕様になっています。ギュイーンとトランスフォームした後は2人乗りに。伸びたスペースは、荷物の収納スペースとしても使ってもよさそうです。

未来の自動車はこんな感じになるんじゃない?という発想から生まれたという「iEV X」。唯一の弱点を挙げるとすれば、伸びた後は一部がルーフトップになってしまうこと!?

Reference: iEV1 GmbH
Top image: © 2018 iEV1 GmbH
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
米自動車メーカー「SONDORS」の電気三輪自動車「Model SONDORS」。クールなフォルムなど特長はいくらでもありますが、何より特筆すべきはその値...
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
VRゴーグルをつけただけでしょ、なんて個人的に考えていたけど、その予想を超えたテクノロジーが採用されているようす。
一般人ではテントを設置できない場所で眠りにつけるという“特別な夜”を提供しているんです。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
ドイツを拠点にする「Circus Roncalli」は、世界一動物に優しいサーカス団です。
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
紹介するのは「Über den Tellerrand」という団体。移民や難民の人たちの母国料理や文化を近隣コミュニティの人に体験してもらうプロジェクトを多...
1919年、ドイツに設立された美術学校「バウハウス」。あれから100周年を迎える今年、同校を記念して造られたバスが登場。中ではワークショップやエキシビショ...
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
北極圏にあるスヴァールバル世界種子貯蔵庫が、完成したのは2008年。農作物が絶滅したときに備えて、現在は約98万の種子サンプルが保存されているんです。
スニーカーを株のように取引できるWEBサイト「StockX」にも注目されるほどの存在で、欧米ではちょっとした有名人です。
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
つい先日、ドイツ・ザクセン州のオストリッツでネオナチの音楽フェスが開催。市民たちはお酒を飲ませないようにスーパーなどからビールを買い占めました。
今や日本でもお馴染みのオクトーバーフェスト。本場であるミュンヘンでは9月22日から10月7日にかけて開催されています。
近所のスーパーで、おみやげにぴったりな見た目よし味よしのBIO製品を探してきました!
リバーサーフィンからアイデアを得たウェーブプールを開発する「Citywave」は、ドイツのショッピングモールに施設をオープン。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...