真冬でも、めげずに走れる「コールドギア」

アンダーアーマーのRUN特集を始めるにあたって結成したTABI LABO RUN CREW。「継続してRUNするカルチャーを育てる」という目的のもと、様々な社員を巻き込んで少しずつメンバーを増やしつつ、週一でRUNしています。

ここだけの話、近頃は女性メンバーの勢力が強まってきていて、女性だけでRUNする機会が圧倒的に増えてきているのが実情です。

そんなTABI LABO 女子RUN CREWのYに、突撃取材です。いったい何が彼女たちを走らせるのか——?

集まったらサボらないのが女子

©2018 TABI LABO

——最近すごいマジメに走ってるよね?

Y:「女子って団結するとやっぱり強いんですよね。走る理由は人それぞれですけど。RUNの後、近くの銭湯でサウナに入るのと、ご飯食べるのが目的っていう子もいますしね(笑)。言ってみれば『女子会』のノリですけど、ご飯食べに行ってもRUNの後なら罪悪感もないし、みんなで走ったらサボらないし。みんななんとなく『いいことしてる感』があるから」

——Y自身はどうなの?

Y:「個人的には、もともと腹筋を割りたいと思っていて。自分の中で唯一コンプレックスだったのがお腹周りで、特に他にやることもなかったし、一人でちょこちょこ走ったりはしてたんです。別に、誰かに見せたいとかじゃないんですけどね。でも、ボディメイクのためには冬に走るといいらしいって聞いたんで、特に今はモチベーションが高いです」

冬に走るといい理由その1
「基礎代謝が上がりやすい?」

©2018 TABI LABO

——冬がいいんだ?

Y:「はい。普通冬って言ったら、お肌はめちゃくちゃ乾燥しそうだし、汗はかきにくいし、夏に比べたらボディメイクには不向きっぽいイメージがあるじゃないですか。

でも、寒いおかげで、身体が体温を上げるために『脂肪そのもの』を燃やそうとするって聞いたことがあります。基礎代謝が上がれば他にも色々いいことありそうだし」

冬に走るといい理由その2
「意外と長い距離走れる」

©2018 TABI LABO

Y:「あと、走り始めて体があったまれば、夏に比べてマイペースを保って走りやすいですよね。暑くないから長い距離でも苦にならない感じがします。だから『体を作る』っていう観点で見ると、これからがRUNシーズン本番って感じです。ボディメイクは短期間じゃ成果が見えづらいですからね。

他の女子メンバーにそれを伝えたら、みんな俄然ヤル気になってました。どこまで本気かはわからないですけどね!(笑)」

とは言え、寒い!!

Y:「冬に走るべき理由は十分にあるし、それを頭でも理解はできるんですけど、寒すぎて、一度上がりかけたモチベーションが根こそぎ刈り取られる危険性もあるかなと。

特に早朝。どれだけ『朝走るぞ!』って決めていても、布団から抜け出すことの難しさと言ったら……あと、玄関から出た瞬間。気持ちが萎えかけるのをなんとかしたいですよね」

——そしたら、アンダーアーマーさんにいいアイテムないか聞こうか?

Y:「お願いします!」

と、言うことで……

真冬に走るモチベーションを
保てるアイテム、ありますか?

©2018 TABI LABO

もちろん、あります!と、アンダーアーマーのKさんから紹介してもらったのが、『コールドギア』。これ、商品単体ではなく、真冬のランニングをサポートする機能に特化したアイテム全体を指す名前です。

アンダーウェアやタイツだけでなく、手がかじかむ季節にはマストとなるグローブなどのアクセサリーや、「真冬専用」のシューズまで揃っていますよ。

暖かくてドライ、がポイント

©2018 TABI LABO

Y:「これ、めっちゃ薄手で動きやすい!それに、やっぱり統一感があってしっくりくるコーディネートになるから、鏡で全身チェックすると『なんか自分、走れそう』って言う自己暗示がかけられる(笑)

これだけ薄手なのに、安心感のある暖かさを感じますね。首元とか、袖口とか、冷気の侵入を徹底的に防いでくれるからかな」

©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO

コールドギアは、暖かいのと同時に「吸汗速乾性」に優れているところが最大のポイント。どんなに寒くても走ったらそれなりに汗をかくし、その汗で濡れたシャツが一瞬で冷え切った時の寒さと言ったら……

最近はファストファッションブランドからも身体を温めるアンダーウェア的なものはたくさん出ていますが、この「吸汗速乾性」を考えるとやっぱりRUNに特化したものがいいですよね。

©2018 TABI LABO

この春ローンチして以来好評を博しているシューズ「HOVR(ホバー)」からも「ホバーコールドギアリアクター」が出ていますよ(上画像の左と右のランナーが履いているシューズです)。このシューズは、インナーが暖かくドライな状態を保ってくれるだけじゃなくて、凍結した路面でもグリップしてくれるソールをあのミシュランと共同開発した、まさに真冬仕様。

©2018 TABI LABO

個人的には、コールドギアのシャツを走る前夜に着用して寝ると、翌朝ベッドからすぐ抜け出せるのでオススメです。

「真冬でも走りたくなっちゃう」こんなアイテムが、来年の夏に向けたボディメイクの近道かもしれませんね!


アンダーアーマーは今回のコールドギアだけでなく、様々なRUNのスタイルや楽しみ方、実用的で普段使いもできるギアなど、あなたの快適なランニングを全面的にサポートしてくれます。走った人にしかわからない「RUNの向こう側」に待っているものを、あなたも体感してみませんか?

「RUNの向こう側」についての記事をもっと読む

Top image: © 2018 TABI LABO
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
インドに暮らす自称119歳のマラソンランナーDharampal Singhさん。フォレスト・ガンプのように走り続ける彼を追ったドキュメンタリーを紹介します。
どうやったら痩せるかを頭をひねって考えて、ノルマのように自分に課題を課すことも良いかも知れないけど、それよりも友達と楽しんで身体を動かした方が絶対楽しいし...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
汗を流した後にミシュランガイドに登録されているレストランで食事ができます。
どのような食生活が合うかは人それぞれですが、Vlad Ixelさんにとってのそれは「ヴィーガン」だったそう。過去5年怪我なく走り続けている彼のスタイルを、...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.49
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
女性が激しくお尻をフリフリする動き。あれはトゥワーク(Twerk)と言うダンスのひとつ。そして、それに着想を得てつくられたのが、今回紹介する「Twerk ...
サハラ砂漠の約250kmを6ステージ7日間にわたって走る「サハラマラソン」や野生動物の生息する危険なアマゾンのジャングルを舞台にした「ジャングルマラソン」...
AppleとNike。世界でもっとも革新的なブランド2つが、長いあいだ一緒に走り続けてきたからこそ生まれた最新モデルがこの「Apple Watch Nik...
女優・高山都さんがランニングを始めたのは、2011年頃。スポーツサイトの企画で香川丸亀国際ハーフマラソンに出場したことがきっかけだったという。高山さんは、...
なかなか時間がとれず、日課だったジョギングをサボっている…なんて人もいるのではないでしょうか。仕事が忙しいから走らない?いやいや、仕事のレベルを向上するた...
キャビアやトリュフなど、味は全部で12種類銀座で話題の大人のクレープ専門店PÄRLA〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1http://par.la/
オーストラリアのマラソン大会で、Troy Austinさんは空のベビーカーを押しながら42.195kmを完走しました。彼は走っている途中に多くの人からかけ...
それは、フランスのATLANTIDE ORGANISATION Internationale社が主催する、地球上で最も過酷なマラソン。毎年3月下旬から4月...
なんとも海外らしいイベントがある。参加者がほぼ全裸になり走るというチャリティーラン。しかし目的は至って真面目。絶滅してしまうのではと危惧されているトラを守...
ジョギングが趣味だという人は、「健康的な生活をしたいから」「痩せたいから」など様々な目的を持っていることでしょう。理学療法士・重森健太さんの著書『走れば脳...
プロコーチによる指導付きのビデオを見ながら、お手軽ボクササイズが自宅で楽しめるスマートアイテム、「Fight Camp」のご紹介。
トレイルランニングをベースにしている〈Mountain Martial Arts(マウンテンマーシャルアーツ)〉。「MMA Denim Run Pants...
毎年カナダのトロントで開催される有名なマラソン大会「トロント・ウォーターフロント・マラソン」。この大会で、なんと世界記録が更新されました。その主人公はなん...
舗装されていない登山道や林道などを駆け抜けるスポーツ、トレイルランニング。始めている人も増えてきてやってみようかな?と思っているあなたに、その魅力やはじめ...