これぞFUN RUNの極み。人気の「那覇マラソン」をレポート!

沖縄で走ってきました!

僕はTABI LABOのライターである以前に、サブ3(42.195kmを3時間以内で完走すること)を目指すランナーです。自己ベストは3時間9分と、記録達成までもう少しといったところ。今月は「那覇マラソン」と3年連続となる「青島太平洋マラソン」に出場しました。

初めての経験だったのですが、わざわざ2週連続でフルマラソンを走ったのにはワケがあります。

今年で34回目を迎えた「那覇マラソン」は、アップダウンの激しいコースと20度を超えるという気候条件から、完走率は70%ほどと他よりも完走者の少ない大会として知られています。それにもかかわらず、日本国内外から約3万人のランナーが集まる西日本で最大規模の市民マラソン大会なんです。

マラソン愛好者を自称する僕としては、それだけの人気を誇る大会に出場しないワケにはいかないし、過酷なレース条件なのに多くのランナーたちが惹かれるその魅力を探りたい。マラソン日和を期待して、いざ那覇へ!

12月2日、最高気温27度超

©2018 TABI LABO

当日、晴れました。

12月初旬とはいえ、朝9時の時点で気温は例年通り20度を超えています。この気温の変化が完走率を左右するポイントで、最高気温28度超の2016年の完走率は53%だったとか。

「夏物」が必要ということで、シューズに合わせてアンダーアーマーのウェアを新調しました。アンダーアーマーといえば、今大会のメインスポンサー。前日には、ランニングアプリと連動する新作シューズ「HOVR INFINITE」を紹介するブースがランナーの間で話題に。初マラソンの時からシューズを使っているので、これを機にウェアも揃えてみました。

©2018 TABI LABO

スタート地点のEブロックではランナー同士の会話も盛んで、すでにお祭り状態。僕の隣には、タンクトップ姿の”フレディ”をはじめとする仮装ランナー集団が。地元テレビ局もそれに目をつけ、知らないランナーたちと肩を組んでフレディを囲むところをしっかりと生中継されました。

ランナー2万5千人が
「FUN RUN」を求めて沖縄へ

©2018 TABI LABO

こういったRUNイベントのあり方は、2007年に始まった東京マラソンをきっかけに、従来のストイックなスポーツという側面だけでなく、走ることを楽しむ「FUN RUN」としても市民権を得ています。

言うまでもなく、この大会においても「FUN RUN」が魅力のひとつ。アップが前半20km続くコースでも暑さがきつくても、沖縄を走るということ自体にFUN RUN要素が強く、それに惹かれて多くのランナーが集まってくるんだと思います。

©2018 TABI LABO

今回のエントリーは約2万5千人。なかには、ハードなレースでも記録更新を狙うランナーたちも。参加者が多いこともあり、出走40分前にはゼッケン番号のブロックに整列しなければいけません。この大会は時間に厳しいので、時間内に整列していないと最後尾からのスタートになってしまうので注意が必要です。

そして、もうひとつ大事なことを言っておくと、お手洗いはスタート90分前には済ませておいてください。想像以上に並んでいて、60分前では諦めなくちゃいけませんでした。

「国際通り」から始まる市民サービス
全部、食べ放題!

©2018 TABI LABO

9時、スタートです。

マラソン大会でよくフィーチャーされるのが、開催地ならではの「エイド」ですよね。この大会では、市民が自主的に設置している「私設エイド」がどれも太っ腹な内容。それに、現地の人がサポートしてくれるから市民とランナーの間に「一体感」が生まれるんです。

それは、スタートして4km地点の「国際通り」から始まります。

沖縄ではステーキでシメるという話もありますが、ここではフルマラソンの手始めに「肉」が用意されています。営業そっちのけで配っているお兄さんを中心に、早くも立ち止まるランナーが目立ちます。

これを皮切りに、ここからゴールまで私設エイドは途切れることなく続きます。定番の飴やチョコレートから、沖縄ならではのサトウキビジュースやサータアンダギー、パイナップルが配られていました。沿道の人曰く、牛丼やソーメンは「速い人たちは食べないから」ということで、後半になるにつれて配膳準備を始める人も多いのだとか。

僕が初体験だったのは、エネルギーゼリーやハンディパックのスポーツドリンクまでもらうことができたこと。後半のバテた時に「もう少し!」の言葉と共に手渡してくれたので、気持ち的にも体力的にも心強い味方になってくれました。

子供達にまで励まされながら走ったのですが、こういった市民とランナーの距離の近さが「頑張って走ろう」と勇気づけてくれるエネルギーにもなるんですね。

©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO

那覇マラソンの醍醐味は
FUN RUN×沖縄観光

©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO

中間ポイントの平和記念公園を過ぎると、登り坂が少なくなって走りやすい道のりに。制限時間さえ守れば自由に走ることができるので、25km地点手前では一時的にコースを離れて「ひめゆりの塔」に献花をするランナーもいました。

ラン仲間曰く、観光したいエリアを決めてから大会を探す旅行目的のランコミュニティも多いのだとか。その点でいうと、沖縄県南部5市町をぐるっと巡るコースだったり、走り終えてから沖縄を観光できるというのは那覇マラソンの魅力ですよね。

ここだけの話、最後の登り坂に差し掛かった残り5km地点からちょっとだけ歩いちゃいました。暑さにバテたからだと思うんですが、前半に集中していた登り坂で下半身に疲労が溜まって重くなってしまったんです。

それでも走りきれたのは、完走したら思いきり食べようと決めていた沖縄グルメが待っていたから。結果、4時間11分で完走しました!

©2018 TABI LABO
©2018 TABI LABO

最後にサラッと言ったのですが、「目標はサブ3!」なのにサブ4すら達成できませんでした。結果は出せなかったんですけど、課題はスタミナということが分かったので次に繋げます。なんせ「ライターである以前にランナー」ですから。

※翌週の大会は3時間12分で完走。サブ3の壁は厚い。2019年こそは!

アンダーアーマーは様々なRUNのスタイルや楽しみ方、実用的で普段使いもできるギアなど、あなたの快適なランニングを全面的にサポートしてくれます。走った人にしかわからない「RUNの向こう側」に待っているものを、あなたも体感してみませんか?

「RUNの向こう側」についての記事をもっと読む

Top image: © 2018 TABI LABO
他の記事を見る
沖縄・那覇市にある「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの...
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
ここで紹介するのは、完走したらスコッチウイスキーが飲めるマラソン大会「The Dramathon」です。
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.49
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
汗を流した後にミシュランガイドに登録されているレストランで食事ができます。
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
沖縄県・那覇市の国際通りから少し入ったところ。県庁前駅の近くにある「焼肉バカ一代」。どんな気分のときに行くべきか? もちろん、バカになりたいときだと思うん...
沖縄県那覇市のパラソル通りにある、「みんなのほんだな」を知っていますか?本棚と聞いたら、自分のお気に入りを揃えていくイメージかもしれませんが、コレはひと味...
沖縄・那覇市にある「泡盛倉庫」は、その店名からも分かるように、泡盛を専門にしている会員制のBAR。なかなかお目にかかれないヴィンテージの古酒も含め、750...
オーストラリアのマラソン大会で、Troy Austinさんは空のベビーカーを押しながら42.195kmを完走しました。彼は走っている途中に多くの人からかけ...
悩みのタネになっていた「理想的な沖縄みやげ」に、ひとつの答えが出た気がします。それは那覇市の「謝花きっぱん店」にある冬瓜漬という琉球の伝統的なスイーツ。絶...
沖縄・那覇市にある「ゆうなんぎい」のお母さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
インドに暮らす自称119歳のマラソンランナーDharampal Singhさん。フォレスト・ガンプのように走り続ける彼を追ったドキュメンタリーを紹介します。
昔ながらの沖縄の風景が残る南部で、暮らすように1週間くらい泊まりたい宿をエアビーで見つけました。場所は、斎場御嶽などの聖地が有名な南城市にある奥武島のつけ...
サハラ砂漠の約250kmを6ステージ7日間にわたって走る「サハラマラソン」や野生動物の生息する危険なアマゾンのジャングルを舞台にした「ジャングルマラソン」...
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
沖縄・那覇市の平和通りにある民謡ライブの店「まさかやぁ〜」のマスター、ケン坊さん。本名は安里賢次。波乱万丈な人生経験から語られる説法と、家族で演奏されるラ...
それは、フランスのATLANTIDE ORGANISATION Internationale社が主催する、地球上で最も過酷なマラソン。毎年3月下旬から4月...