でんと構える、ヴェネチアの美しき「病院」

イタリア・ヴェネチア市にある建物「Ospedale dell'Angelo」。多くの人がヴィネチアと聞いて思い描く「水の都」のエリアから本土側に橋で渡ったところ、メストレという地域に建てられています。これ、病院なんです。

写真を見ると、どーんと構えていて、病院というよりは研究所のような印象。整然とした姿はどことなく美しさも感じさせます。屋内には南国の植物が植えられた庭が、建物の幅に渡って続いています。

建物だけでなく、隣にある池や芝生も含まれる病院の敷地面積は東京ドーム約5個分。ここまで緑があると、患者さんの精神にもポジティブな効果がありそう。見た目が特長、というだけではない病院なのです。

©Enrico Ganz
©Enrico Cano
©Enrico Cano
Top image: © Enrico Cano
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
廃墟となった病院は、ホラー映画の撮影舞台を彷彿とさせる。でも、こちらはリアルな病院跡地なのだ。数年に渡って、放棄された複数の病院を撮影したのは、ポーランド...
イタリア本土と水の都ベネチアを結ぶ街メストレに、博物館「M9(Museo 900)」がオープン。展示内容は20世紀のイタリア。テクノロジーを駆使した館内の...
一見すれば、まるでホテルや集合住宅のよう。コペンハーゲンにいかにも北欧らしい、シンプルでモダンな印象の病院があります。病院なのにとっても居心地がいい。矛盾...
今日のエンターテインメント分野に、浸透した感のあるバーチャルリアリティ(VR)。その革新的な技術を活かし、小児病院の子どもたちに“リアル”を体験させた動画...
Silver and Goldのオリジナルブランド「SGGM」のStrap Mocです。