【参加家族を募集中】来たれ冒険家!沖縄の大自然からの挑戦状

“日本まるごと家族で遊ぼう” をコンセプトにした「ASOBO JAPAN」。

数々の企業とコラボレーションし、日本中から「こんなのはじめて!」な特別ツアーを提供していくこのプロジェクト。2019年の一発目となる第11弾の舞台は……。

あなたの知らない沖縄が待っている!
秘境を探検するアドベンチャー

沖縄と言えば青い海と白い砂浜……だけじゃないんです。島の内側に目を向けてみると、やんばるの森をはじめとした豊かな緑や澄みきった水が広がっています。

今回はそんな沖縄の大自然をふんだんに味わう「アドベンチャー」に参加できます。行き先は森や川から洞窟まで!

まだ知らない沖縄を探しに、家族みんなで2泊3日の冒険に飛び立ちましょう。

【応募概要】
「ASOBO JAPAN#11 ADVENTURE CAVING
〜秘境の洞窟で、宝探し。〜」
(開催地までの移動交通/宿泊費はすべて無料)

日程:2019年3月22日(金)〜24日(日)
開催地:沖縄県南城市
当選者:5組20名程度

応募期間:2019年2月8日(金)14:00〜3月1日(金)17:00

ジャングルを抜け、
秘密のパーティ会場にたどり着け!

冒険初日には特別な場所でのウェルカムパーティがスタンバイ。

しかし会場には沖縄の自然が生い茂るジャングルを抜けなければたどり着けません。行き先は「ガンガラーの谷」。約14500坪もの広大な土地には亜熱帯の植物達がふんだんに生い茂っています。

無事にこのジャングルを抜けきる事が出来るのか?専属ガイドと共に探検に出発です。

ウェルカムパーティの
舞台は洞窟!?

※画像はイメージです

ジャングルを抜けた先に現れるのは鍾乳洞をそのまま利用してつくられたケイブカフェ。この洞窟は約2万年前に生存していた「港川人」の居住区ではないかと知られているエリアで、太古の息吹が感じられそうです。

当日はこの空間でASOBO流のウェルカムパーティを開催。非日常な空間がこれから始まる冒険への意欲をかき立ててくれます。

沖縄の鍾乳洞を
ケイビング

じつは沖縄には、600ヶ所以上もの鍾乳洞があるそうです。そのなかでも最大規模を誇るのが、次の行き先である「玉泉洞(ぎょくせんどう)」。その内部を洞窟探検スポーツ「ケイビング」で冒険しましょう。

全長5000mとも言われる大空間は夏に予約限定でコースが提供されていますが、今回はそれをASOBO JAPAN向けの特別アレンジで開放。探検した者だけが目にできる未知の世界が冒険者たちを待ち受けています。

(※ケイビングには6歳以上から参加可能)

カヌーで
やんばるの森を進め!

沖縄の大自然を冒険するなら、マングローブ林は欠かせません。マングローブは国内でもごく一部の地域でしか生息できないこともあり、ここだけで見られる生態系が育まれています。
今回訪問する東村(ひがしそん)の「慶佐次湾(げさしわん)ヒルギ林」は天然記念物に指定された沖縄本島最大級のマングローブ林。見どころの豊富さにも期待が持てます。

そこにいる小さな生き物たちを観察するには、カヌーですぐ側まで近づくのが一番!
ガイドさんと一緒に巡る体験は、きっと宝探しのように熱中してしまう時間を生むでしょう。

でも、せっかく沖縄に
来たんだから

「沖縄に来たんだから◯◯したい!」

そんなご家族のために、2泊3日の最終日には、自由時間も確保しました。沖縄でのグルメやショッピングは、この時間に思いっきり楽しんでください。

沖縄旅行はクルマの移動時間も
充実させたいから

沖縄のキレイな景色を眺めながらする「家族ドライブ」は、きっと最高の思い出になります。

この旅では、1家族に1台ずつ「セレナ e-POWER」が用意されます。

ケイビングやカヌーなど、思いきりカラダを動かす旅だからこそ快適な車で移動できることはとても大事なこと。頼もしい相棒「セレナ e-POWER」が、沖縄での移動を充実させてくれます。

交通費や宿泊費はすべて無料
(決定的な瞬間は一眼レフカメラで)

「ASOBO JAPAN」の提供する旅は、移動の交通費・宿泊費は家族全員無料。また、日本全国どこにお住いの方でも気軽に応募できるのも人気の秘密です。

さらに参加家族には、一眼レフカメラ「Canon EOS Kiss」の貸し出しも。ツアーの最初に使い方講習があるので、一眼レフに慣れ親しんでいる方から初めて手にする方まで、誰でも簡単に最高の思い出を記録することができますよ。

JTB旅行券5万円分が
当たるチャンスも

行きたいけれど日程が合わなくて応募できない……という人には、JTB旅行券5万円分が当たるコースもあります(5名様)。

また、レジャー・遊び・体験 スポットを検索・予約できる、日本最大級のレジャー総合情報サイト「asoview!」の体験ギフトセット(3000円分)も5名様に当たるチャンスあり。

まずは下の応募ボタンから詳細をチェックしてみてください。

「ASOBO JAPAN」プロジェクト協力一覧

南城市ガンガラーの谷

他の記事を見る
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
沖縄・那覇からクルマで約40分。南城市にある「天然温泉さしきの 猿人の湯」は、源泉かけ流しでみんなに愛されている天然温泉です。ユインチホテル南城の敷地内に...
昔ながらの沖縄の風景が残る南部で、暮らすように1週間くらい泊まりたい宿をエアビーで見つけました。場所は、斎場御嶽などの聖地が有名な南城市にある奥武島のつけ...
沖縄県の「国立公園」は、ただ見て周るだけではなく、山や海に飛びこんで “体験する” のがオススメです。ここでは「やんばる国立公園」「慶良間諸島国立公園」「...
世界最高と言われたコーヒーが浅草でノルウェー発の「フグレン」日本2号店Fuglen Asakusa〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目6-15htt...
ビーサンの代わりに履きたい「雲駄-unda-」。これ、雪駄とスニーカーのマッシュアップです。今日からクラウドファンディングサイト「makuake」にて資金...
沖縄県・南城市にある「くんなとぅ」は、自家製「もずくそば」の専門店。文字通り、もずくを練りこんだヘルシーな麺が人気で、すべてのメニューに生もずく・もずく酢...
沖縄旅行をすると決めたとき、きっと頭の中に思い浮かぶのは、エメラルドグリーンの海と、青い空…。でも実は、沖縄って雨が多いんですよね。梅雨の時期や台風もある...
沖縄・南城市の小高い山の上にあるレストラン「BE NATURAL」。佐敷城跡近くにひっそりと佇んでいます。とはいえランチもディナーも、地元の人やウワサを聞...
琉球の女神アマミキヨが降り立ったと伝わる、沖縄県南城市の百名ビーチのほど近く。森の奥に少し入っていくと、隠れ家のような「カフェビーンズ」が見えてきます。敷...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
沖縄の南城市にある、野草を知り尽くした会社「長生薬草(ちょうせいやくそう)」直営のビュッフェに行ってきました。沖縄の「野草」は、栄養素となる太陽やサンゴ礁...
ヘルシーもウェルネスも、訳すとどちらも「健康」という意味なんですが、ヘルシーが身体的な健康に対して、ウェルネスはもう少し意味が広く、クオリティオブライフだ...
沖縄の南城市にある「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は、世界遺産(文化遺産)であるにもかかわらず正しく読むことすらできず……。さいじょうおんたけ? 琉球王国に...
実は那覇からも近い南城市。沖縄県の南東に位置していて、世界遺産の「斎場御嶽(せーふぁうたき)」や「久高島」など、琉球の起源となる神話や遺跡がたくさんある街...
沖縄・那覇市にある「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの...
ポートランドに「Portland Chinatown Museum(ポートランド・チャイナタウン・ミュージアム)」がオープン。この博物館では、文字通りチャ...
沖縄県那覇市、県庁前駅の近く。国際通りから少し入ったところに、知る人ぞ知る名店があるんです。一見BARのようにも見えますし、実際泡盛の種類も豊富ですが、味...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
沖縄でおにぎりの具といえば、あぶら味噌「みそのこ」が定番。「みそのこ」とは、豚肉の脂と味噌を炒めたなめ味噌のことで、冷蔵庫で保存すれば半月は保つ保存食です...
「キャプテンカンガルー」は、大阪にBARスタイルの本店と、沖縄の名護にハンバーガースタイルの店舗をもつ人気ショップ。2015年にはトリップアドバイザーのエ...
悩みのタネになっていた「理想的な沖縄みやげ」に、ひとつの答えが出た気がします。それは那覇市の「謝花きっぱん店」にある冬瓜漬という琉球の伝統的なスイーツ。絶...
沖縄とかハワイでやるものだとばかり思っていた「パラセーリング」が、静岡県浜松市の浜名湖でも体験できるらしいんです。パラシュートに体を固定してボートで引っ張...
読谷、恩納、那覇に店舗を構える「金月そば」。それぞれに異なった楽しみ方ができますが、ここで紹介する恩納店には「沖縄つけそば」があります。そもそもお店自体が...