南アフリカのクルーガ国立公園にある「Lion Sands Game Reserve」|いつかは泊まりたい世界の宿 #14

ライターのTERUHAです。
海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツー。武器はゆたかな想像力という名の妄想力。
 
そんなわたしがいつか泊まりたいと心に決めている(つまり、行ったことはない)世界のホテルを紹介するよ!

This is ヌーディストジャングル

©Lion Sands Game Reserve
旅先が決まったら、真っ先にわたしがすること――それは洋服選び。
 
訪れる国や都市の雰囲気に合わせて、どんなものを持っていくかを決める。少しくらい荷物がかさばっても構わない。旅は気分だし、気分を盛り上げるのに洋服は欠かせない。
 
例外がある。
 
いつかは泊まってみたいと憧れている「Lion Sands Game Reserve(ライオン・サンズ・ゲーム)」。ここへ行く時は、洋服なんてどうでもいい。
 
南アフリカのクルーガ国立公園内というシチュエーションでは、ドレスアップする意味がない。まわりにいるのは、ライオンやワニ、カバなどなど。圧倒的な野生の中でサファリの気分を味わうなら、客室スペースでは裸で過ごしたいぐらい。
 
ヌーディストビーチならぬ、ヌーディストジャングル。
 
This is ヌーディストジャングル。
 
それはそれで洒落てるじゃん!
©Lion Sands Game Reserve
©Lion Sands Game Reserve

Lion Sands Game Reserve

住所:Sabi Sand Reserve, Kruger National Park, 1260 南アフリカ
1泊2名あたりの料金:218,120円〜(2019年2月24日現在)

Top image: © Lion Sands Game Reserve, 2019 TABI LABO
妄想トラベラーが選んだ「世界の宿」はコチラ
何時間使ってもサラサラで「臭くない・蒸れにくい・すぐ乾く」を標榜する「藍染めガーゼ」のマスクが新たに登場。今年で創業101年目を迎える久留米絣(かすり)の...
福井市のアイウェアブランド「FACTORY900」が新型コロナウイルス感染症対策として開発したメガネ。ウイルスと最前線で闘う医療従事者に向けて開発されたもの。
イギリス・ロンドンの学生たちによって結成されたチーム「The Tyre Collective」がタイヤ片を集められるガジェットを開発した。
「Samsung」のインキュベーションプログラムで生まれた窓型照明「SunnyFive」。朝日から夕日まで、太陽の全スペクトルが再現可能だとか。
カフェの屋根裏からジャングルまで。妄想力をフル活用して、いつか泊まりたい世界のホテルを紹介します。
沖縄県の「国立公園」は、ただ見て周るだけではなく、山や海に飛びこんで “体験する” のがオススメです。ここでは「やんばる国立公園」「慶良間諸島国立公園」「...