さらば満員電車。無料のコーヒーと世界の朝食がついた「優雅な通勤バス」

「毎朝の通勤ラッシュがつらい」

そんな思いから解放されるバスを発見した。その名も「YuGa(ユーガ)」。

このバスは、“ホスピタリティドライビングkm”をモットーとする「ケイエム観光バス」と、コーヒーで朝の至福の時間を提案する「ネスレ」が、日々の満員電車による通勤でお疲れの人々の一日の始まりを応援するため企画したもの。

車内は、ゆったりしたリクライニングシート、フットレストや簡易スリッパ、ブランケット、USB充電コネクタなどを各席に準備し、化粧室やハンガーラックなども完備。挽き立つ香りと深いコクが楽しめるコーヒー「ネスカフェ エクセラ」と、国内ではめったに食べることができない世界各国の朝ごはんを提供する人気カフェレストラン「WORLD BREAKFAST ALLDAY」による朝食メニューを楽しみながら、贅沢で優雅な通勤を満喫できる夢のようなバスなのだ。

近年、企業における「働き方改革」は進んでいるものの、テレワークや時差通勤はまだ導入途上。首都圏の、通勤ラッシュによる朝の混雑は解消されておらず、働く人々にとっての大きなストレスの元となっている。一日限りではあるが、普段抜きがちな朝食をしっかり食べながら(しかも、とびきりおいしいやつ)、足を伸ばしてゆったり出勤なんて、最高に決まっている。しかも、参加費無料!

予約制で、応募者多数の場合は抽選となる。が、無料!

ちなみに予定されている「WORLD BREAKFAST ALLDAY」による朝食のメニューは以下の通り。うん、おいしそう。

©2019 ネスレ日本株式会社

<12月2日> イギリスの朝ごはん (写真・左)

産業革命の頃から食べられているイギリスの定番朝ごはん「フルブレックファスト」。忙しい労働者のためのボリューム満点メニューであったが、現在では多くの人々に親しまれている。

 

<12月9・10日>スイスの朝ごはん (写真・中央)

ハイジが食べていた白パンのゼンメル、干し肉のビュンドナーフライシュ、グリュイエールとエメンタールの2種類のチーズのほか、ジャガイモの細切りをパンケーキのように焼いたレシュティとスイス生まれのシリアルミューズリーがのったワンプレート。

 

<12月17・18日>メキシコの朝ごはん (写真・右)

メキシコの朝の定番メニューの「ウェボス・ランチェロス」。主食のトウモロコシのトルティーヤに目玉焼きと2種類のサルサが乗っている。黒豆を煮込んだフリホーレスとワカモレ付き。

YuGa(ユーガ)×ネスカフェ “優雅な通勤バスで朝食を”

【公式ホームページ】https://nescafe-yuga.com/

Top image: © 2019 ネスレ日本株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
徳川家康をはじめ、歴代将軍たちに愛された城南五山のひとつ「品川・御殿山(ごてんやま)」。御殿山庭園に隣接する「東京マリオットホテル」では、四季折々の自然を...
SOPH ONLINE STOREでみつけた「ファン付きパーカ」。爽快な着用感のために手元のスイッチ操作で、ファンが稼働し外気を取り入れることができます。
ランニングやトレーニングなどのスポーツをするときのために、開発されたスマートヘッドホン「Vinci 2.0」。その特徴を考えると、満員電車の中でも活躍して...
平日の朝食はいつも10分で用意したコーヒーとパンだけ。そんな人も、週末はもう少しパンとコーヒーをグレードアップさせてみない?
「LOWDY」は、革靴とスニーカーの両ステージでキャリアを積んだデザイナーによる2WAY仕様のローファー・スニーカー。
エッグ・イン・ザ・ベーグル!その名のとおりの朝食「目玉焼き in ベーグルの”穴”」です。ものすごく合理的で簡単だから、忙しい朝でもプチ豪華な朝食になりますよ。
Uberが、米デンバーでアプリを介し、バスや電車の時間、乗車料金、さらにはチケットを購入できるサービスを開始。人々の「移動」を最大限快適にしようというもの。
オーストラリアのニューサウスウェールズ州は、州内の500を超える学校を対象に朝食を提供するサービスの開始を決定。オーストラリア最大のフードバンクと提携し、...
12月10日から、ミズーリ州カンザスシティの公共交通機関の利用が「すべて無料」になった。
定期通販サービス「Omame」は、好きな朝食メニューをもとに、好きな味を分析し、理想のコーヒーを提案するサービス。コーヒーへのこだわりも並ではなく、本当に...
9月26日(土)より渋谷区エリア限定の「渋谷区観光協会」公認の”渋谷ご当地クラフトビール“「渋生(しぶなま)」が発売された。
コーヒー好きな身として王道の楽しみ方ももちろん外せないけど……
ヨーロッパの小国「ルクセンブルク」が、2019年の夏までに公共交通機関をすべてタダにすると発表しました。
目覚まし時計とドリップ式コーヒーメーカーが一体となった「The Barisieur」。いよいよ国内販売へ。
緊急事態宣言は解除されたものの、まだまだ安心できないこのご時世。この機会にクロスバイクでの通勤を取り入れてみては?初心者にぴったりな製品もご紹介します。
オーストラリアのByron Bayで、世界で初めて完全にソーラー発電のみで走る電車の運行が開始されている。電車の屋根にはソーラーパネルが取り付けられ、ソー...
司法の場で虐待被害児に寄り添う「コートハウス・ファシリティ・ドッグ(付添犬)」を知っているだろうか?
味とは無関係の理由で、価値が付かずに廃棄されてしまう未利用魚を活用したミールキット「Fishlle!」が登場! 徹底した品質へのこだわりと、環境への配慮が...
パリ市は観光バスの中心部の乗り入れを禁止する方向とのこと。代わりに公共交通機関の利用が推奨されている。パリの地下鉄といえば、すでに満員電車になっている印象...
名称は「ウェボス・ディボルシアードス」。
「朝食を抜くと太りやすくなる」というのはダイエットハウツーでもよく聞く話ですが、mental_flossにオドロキの記事が掲載されていました。アメリカの中...
欧米の朝食の定番「オートミール」。オートミールは栄養価が高く、ヘルシーと健康志向の人を中心に注目されているフード。今回はTABI LABOメンバーが愛用す...
まさか、きのこを「優雅」と形容する時が来るなんて。きのこに、ねえ。
飛行機や電車など長距離移動の交通機関にはいくつか選択肢がありますが、中でも「バス」は、安い代わりに時間がかかって快適さも備えていないイメージ。でもアメリカ...