朝食抜きvs朝食2回。さて、太りやすいのはどっち?

「朝食を抜くと太りやすくなる」というのはダイエットハウツーでもよく聞く話ですが、mental_flossにオドロキの記事が掲載されていました。

アメリカの中学生を対象にした調査で「朝食は食べない、もしくは不定期」という生徒よりも、「自宅と学校で2回食べる」生徒のほうが太りにくい、ということが明らかになったそうです。

「朝食抜き」の
肥満率は2倍以上

3cee268d76ea6929047fb03d9d3ce1f876ef93e9

そもそも「朝ごはんを学校で」というのがあまりピンときませんが、アメリカの学校給食法(National School Lunch Program)では、お昼の給食のように「朝食」が支給されるケースがあり、これは子供の健康維持や救貧措置の意図があるそう。

そして、イェール大学とコネチカット大学が行った研究によれば、一番肥満のケースが多いのは「朝食抜き」のパターンで、なんとその可能性は2倍にも上るとか。

また「朝食1回」と「朝食2回」には、それほど大きな差はない、とも言います。

C9656b52db8e8c0ac55c7bf1d62cf5b58d495fb6

一部で「学校で食べる朝食は肥満の原因に繋がるのでは?」という声もあったそうですが、この研究で示されたのは、その逆。

特に子供の場合は「朝食を抜く」くらいなら「2回食べたほうがベター」ということだとか。もちろん、食べ過ぎや脂質の摂りすぎには要注意ですが…。

さて、大人の場合はどうなんでしょう?さらなる研究に期待したいですね。

頑張って運動しているけど、なかなか痩せない。痩せるために食事制限もしてみたけど、イライラする。それはもしかしたら、運動をする「時間帯」が間違っているのかも...
ここで紹介するのは、見た目も華やかでおいしい朝食たち。でもじつは、すべて電子レンジであっという間に作れるものなんです。こんなメニューが食卓に並んだら、朝か...
心も体も健康でいるためには、食生活を改善し「血糖値スパイク」にならないことが重要と説くのは、栄養療法を行う医師の溝口徹さん。その著書『「血糖値スパイク」が...
アーティストのSarah Rosadoは、世界中で人気のミュージシャンや歌手の似顔絵をコンフレークで作ります。一人ひとりの顔を眺めていると、それぞれの名曲...
このメイクをしていたら、間違いなく熱い視線を集めることになると思う。女性たちの憧れの的、映画『ティファニーで朝食を』のオードリー・ヘプバーンと目が合って、...
イギリスの大学が長く寝た方がウエストのサイズが細くなるという研究結果を発表しました。これまでも睡眠の重要性は語られてきたことですが、さらに注目したいところです。
Joy Bauerさんは、アメリカで活躍するカリスマ管理栄養士。NBCのTODAY's SHOWでは「栄養と健康」のコーナーを担当、ダイエット・食生活につ...
学歴社会では「社会が頭の良い大学に行くと、人生が上手くいく」というイメージを植えつけますが、実際にどれくらいの弊害が生まれているのでしょうか。この疑問を人...
世界にはふしぎな食べ物があふれています。日本人にとっては「え?そんなの食べるの?」とびっくりするものもありますが、外国人から見た日本食はどんなふうに見える...
どこかへ旅行に行くと、朝食はホテルで食べる人が多いはず。でも、星野リゾート リゾナーレ小浜島が企画した「人生初漂流 絶景Sunrise Breakfast...
世界的ブームのグリーンティから派生して、いまじゃMatcha(抹茶)が当然のようにメニューにも登場。「これは低カロリーでしょ…」、となんとなくのイメージで...
ダイエット中の残念なチョイスを避けるテクニックを、手島奈緒さん著『外食女子のための太らない選択』(サンクチュアリ出版)でチェック。外食時に役立つ知識が盛り...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ロサンゼルス発「エッグスラット」は、ポテトと生卵を使った、今年セレブが最も注目した朝食。パンケーキ、エッグベネディクトに次ぐ、“第三の朝めし”として日本で...
「1週間分のゴミを撮っている写真家がいるんだよ」と言われてもにわかには信じがたいですが、フォトグラファーのGregg Segalは、文字通り、人々の1週間...
2015年ミス・アイスランドに選ばれたArnaさんは、2016年、ラスベガスで開催されるミス・グランド・インターナショナルに、国の代表として参加していまし...
冬場は栄養をため込みやすいのと同時に、年末年始はクリスマスに正月とが重なり、特に太りやすい時期。普段以上に生活や食事に気を遣うことが大切です。年明けてぶく...
今アメリカで静かなブームとなっているのが、カンパーニュ(をはじめとする丸パン)に野菜や半熟卵、チーズ、フルーツを乗せたオープンタイプのトースト。こう聞いて...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
シンガポール国立大学の研究によって開発された「Vocktail」は、視覚と嗅覚、味覚を操ることで、ただの水でもカクテルを味わったような感覚にさせるのだとか。